つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルにひっかかれた○○

私が幼稚園の年中さんだった6月ごろ、私たち一家は北海道から栃木に引っ越してきた
父の転勤である。なんとも中途半端な時期ではあったが、決まってしまったものは仕方がない。
わけもわからず連れてこられた見知らぬ土地。
そして、新しい幼稚園に通うことになった私。。。

小さいうちは適応能力があるから、どこへ行ってもすぐに馴染める!!
というのは、大間違いである。
少なくとも私にはその説は通用しなかった。

新しい幼稚園に馴染めず、園に行っても誰とも一言も喋らず、自分からは何かで遊ぶこともせず。お絵かきや折り紙や工作など、ひどい時は給食すら放棄してた毎日だったのよね
とにかくある意味問題児であった。。。
それでも先生は辛抱強くやさしく、決して怒ることはなかったし、周りのお友達もとっても親切で、よく私を連れて一緒に遊んでくれたりした。だから、私が一人でポツンといることはほんどなかったのよ

さて、話は変わるが、その幼稚園には何故かサルがいた。
しかも、そのサルは檻に入っているわけでもなく、園庭の木だかなんだかに紐で縛り付けてあるだけだった。いっとくけど体をじゃないよ!!(爆)犬のように首輪のようなものをつけて、そこにある程度動けるぐらいのロープをつけ、そのロープを木か何かに縛り付けてあったのだ。
あまり記憶がないのだが、多分ニホンザルかなにかのまだ子供だったような気がする。

ある日、たまたま一人で遊んでいた私。遊んでいたというより庭に突っ立ってうろうろしてただけだが・・・。もともと誰かが遊んでいるものには絶対に一緒に遊ぼうともしなかったもんで、幼稚園の遊具で遊ぶことはほとんど皆無に等しかったのよ。

なのに、その日に限って私はある一つの遊具に手を伸ばした。半円形をしたはしごのようになっている遊具である。下からぶら下がるとウンテイもできるような感じのもの(←なんとなく想像できるかしら?)
私は一人でそこを上り始めたのだが、2~3段登ったときである、突然後ろから何かにがっしりと掴まれた

そう、私にしがみついてきたのは繋がれてたサルであった!!
サルは私の顔から首にかけてがっしりとしがみついていた。
驚いた私は慌ててその手を振りほどこうとしたが、サルは爪を立ててしっかりとしがみついている。
とにかくもがく私。遊具から飛び降り、無我夢中でサルが届かない場所まで無理矢理移動してなんとかサルを振りほどいた!!

そして、驚きと恐怖でわんわん泣いた。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
私の周りを遠巻きに何人もの園児たちが見ているのが、涙でぼやけながらも見えた。

私の尋常じゃない泣き声を聞き、先生がようやくやってきたのだが・・・。
多分相当驚いたでしょうね~。
私を医務室につれていくと、とりあえず手当てをしてくれた。

さて、私はそのまま園バスに乗って家に帰ったのだが・・・・
その日たまたま家に帰っても誰もいなかった。多分母は買い物か何かに出かけていたのだろう。当時は鍵を閉めずに外出することは珍しくなかったのよね。
誰もいない家に戻り、鏡を見て初めて自分の顔がどうなってるのか知ったわけで・・・(゚o゚)ゲッ!!
なんと、顔半分、サルにひっかかれた傷、反対側の半分もほっぺの下から首にかけて傷

しばらくして帰ってきた母は私の顔を見てびっくりして「どうしたの?」って聞いてきた。
しかし、私は何故か正直に答えることができなくて黙り込んだままだったのだ。
母は何度も私に尋ねたが私はどう答えていいかわからず、とっさに「友達にひっかかれた」という嘘をついた。もちろん、そんな傷ではないことは母がみればわかりきってることである。

どうやって真実を知ったのか実は記憶にないのだが、たまたま遊びにきた友達から聞いたのか、それとも幼稚園に電話をかけて聞いたのか・・・。
真実を知ると母は「バイキンが入ったら困るから!」と、急いで近くの病院に私を連れて行った。
病院の先生に「もしかしたら傷跡が残るかもしれないね~」と言われたのだけは覚えている。そして、しっかり消毒してもらい赤チンを塗られて家に帰ってきた。私の顔・・・赤チンで真っ赤!!
まるでサル_| ̄|○ ガクッ しばらくの間、真っ赤な顔で幼稚園に通う羽目になってしまった

おそらく幼稚園からは謝罪があっただろう。
そもそも園児が遊ぶ遊具類に届く位置にサルをくくりつけて置いたのは幼稚園側の最大のミスである。治療代がでたかどうかは不明だが・・。
それからしばらくして、サルは幼稚園から消えた・・・。

も。もしかして・・・私のせい???

そして、それからしばらくの間、私は姉に「サルにひっかかれた○○」と呼ばれることとなった

だって、私の干支が○○なんだもん...(←年がバレバレ)
スポンサーサイト

コメント

>独裸絵悶さん
これは私の長所と言うべきか短所というべきか・・・
やたら記憶力がいいんですよ(昔のことをしつこく覚えてる)。
っていうか、この引越しで私の人生変わってしまった感があるもんで、
この引越し後のことって結構色々覚えてるんですよね。
馴染めなかったのは私の性格でしょうね。高校卒業するまでは結構人見知りが激しかったもんで・・・(^^;;


>ゆっちさん
あのサルはほんと謎です。一時的に預かってたものなのか、園で飼ってたのか。。。ただ、私の怪我以後いなくなったのは確かです(爆)
赤チン・・・懐かしいよね~。今は怪我しても赤チン塗る子いないよね(笑)
でも、薬局には売ってるみたいだよ(笑)


>ゆるりさん
私の人生の中では一番大きな怪我だったのではないかと思われます(笑)
でもほんと、どうしてもっと園児にとって安全な場所に・・・って思いますよね~。
お子さんの幼稚園ではチャボとインコですかぁ~。家の子の幼稚園ではうさぎでしたよ~。
チャボはやっぱり鳥インフルエンザの影響がでてしまったのですね。
幼稚園側も何か起こってからでは遅いって大変なんでしょうね。
それに、神経質な父兄の方のクレームとかもあるでしょうに。。。
しかしインコまで??で、その代わりがザリガニとイモリですか・・v-356
なんともはや・・・汗 なんにしろ、動物って何かしら病原菌もってるでしょうから、触ったら手を洗いましょうってことですよね(苦笑)
ちなみに、サルに対するトラウマは幸いでていません(笑)
サルより、家の母の方が怖かったですからそちらのトラウマのほうがすごいかも。。。(爆)

  • 2005/11/30(水) 18:37:29 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

RINOさま、こんにちは♪
これもまた痛そうなお話ですね~。猿飼ってる幼稚園なんて珍しい!
もう少し飼い方に気を付けてれば、子供達にもっといい体験をさせられた
だろうに~、と勿体無く思いました…それにしても、災難でしたね。

猿にトラウマが出来ちゃったりしませんでした?(涙)

ちなみに、うちの娘が通う幼稚園にはチャボとインコがおりましたが、
チャボは鳥インフルエンザの話が出てからすぐ、園長先生のお友達の
ところへ引き取られてしまったそうです(娘談)インコも園児の傍には
置いてもらえなくなったとか。代わりにザリガニとかイモリとか飼ってる
らしいですが…何と言うか、神経質な世の中になったなあ…という気が
しないでもない今日この頃です(苦笑)

  • 2005/11/30(水) 13:40:07 |
  • URL |
  • ゆるり #-
  • [ 編集 ]

v-526も檻に入れるなりしてあればよかったのにね。
で、傷跡は大丈夫なのかしら?
赤チン・・懐かしい(笑)
今は見かけないような!?(笑)

  • 2005/11/30(水) 09:30:06 |
  • URL |
  • ゆっち #s.Y3apRk
  • [ 編集 ]

5歳の頃の記憶がハッキリとしているのですね~
それとも、よほど印象的だったのでしょうか?
北海道から栃木・・・
北海道からなら、どこに行っても馴染めにくいのでしょうねぇ~

  • 2005/11/29(火) 22:36:07 |
  • URL |
  • 独裸絵悶 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。