つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う○ちを抱いた日

家の子は口唇裂で生まれてきた。口唇裂・・・聞きなれない方も多いでしょう。
まぁ、その方はネットで調べてください(笑)

口唇裂で生まれた子は大概口蓋裂も伴っている子が多いが、幸い家の子は口唇裂だけだった。しかも片側だけ。。

生まれて最初に見せられたときはショックのあまり泣いてしまったが、きれいに治るよと言われ、私も前向きに考えるようにはなっていた。

産婦人科の先生が東京の大学病院に紹介状を書いてくれ、わずか1ヶ月半の赤ん坊を連れ、1月の寒い中、最初の検診をしてもらうため東京の某大学病院を訪れた。
結果、片側だけだと思っていたのだが、もう片方もくっついてるにはくっついてるが、微妙にずれてるということで、両側を手術することになってしまった

さて、3ヶ月のとき・・最初の手術をすることになり、術日の1週間前に入院!その日のうちに色々な検査をされた。
異常がなければ、1週間後手術となるわけだが、この1週間が長かった!。
とにかく風邪をひかせてはいけない 万が一風邪を引かせて喉がはれてしまったりした場合は、手術は中止、そのまま家に追い返されてしまう そして、次の手術の予約を新たにいれなければならないのである(;-_-) =3
術後は鼻からチューブを入れ、そのチューブからミルクを直接胃に流し込むため、気道の狭い赤ちゃんは、喉がはれると呼吸ができなくなってしまうためなのだ。

さて、家の子、無事手術できました
その時の入院時期は3月~4月の春先だったのだが・・・
東京は結構気温もあがっており、赤ちゃんだった子供は寝てるとすぐに汗をかいてしまうという。。。
鼻からチューブ入れてるから着替えも大変!!
空調の調節もこまめにしてたつもりでも、とにかく赤ちゃんは汗っかきであった!!

そして気がつくと・・・・家の子の背中は汗疹だらけ・・・( ̄□||||!!
あまりにも汗疹がひどかったために、看護部さんまでが、これは汗疹かそれともアレルギーか??って感じで・・・・
とりあえず、小児科へかかることとなった。

大学病院なので、院内に小児科もある。。
しかし、これがまた入院しているところの正反対の場所に小児科があったのよねぇ・・・。

まず、エレベーターで連絡通路のある階までおり、隣の棟にわたり、そこから1階までおり、さらに連絡通路を何メートルか歩いた、大変辺鄙な場所に小児科があったのよ!
チューブ引っ付けた子供を抱っこしてそこまで歩いていくだけで、ハァハァε-(。_。;)ノ┃木┃ゼイゼイ
おまけに、赤ちゃんということで、オムツ&お尻拭きなどもしっかり持って行って結構荷物だったのよね~。

さて、小児科につき受付を済ませ、しばらくしてからやっと呼ばれた。
先生は「これは汗疹でしょうね~」といいながらも、「一応血液検査もしておきますか」といい、「じゃ~、それまで外で待っててね」
ということで、再び待合室へ・・・
そして数分がすぎた時である、子供に異変が!!!!!
顔を真っ赤にしてなにやら力んでる!! も・・もしや・・・・

ぶりぶりぶりぶり~~~~~

いやぁ~な音が聞こえてきた。。。

音は続く・・

ぶぶぶぶぶぅーーーー!! ぶりぶりぶりぶりぶりっっ!!!

おそるおそる顔を近づけると・・・(・"・;) ウッ・・・
くちゃい・・・

ど~して、こういうときにう○ちしてくれるかなぁ~

どうやらコトが済んだようなので、オムツを替えるためにベビーベッドが置いてあるベビールームへ・・。
いざオムツを開いてみると・・・ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
なんと、ゆるゆるう○ちがオムツからもれて、背中のほうまでベットリ・・・
そ、ど、ど、ど、どうしよぉ~~~Σ(|||▽||| )
とても、おしり拭きでちまちまとふき取れる量じゃないのよ~(||゚Д゚)ヒィィィ!
しかも、下着の着替えまでは持ってきてないわよぉ~~~~!!

と、その時、間の悪いことに「○○○ゆうとく~ん」と家の子の名前が呼ばれてしまった!!
う○ちにまみれた子供を目の前に・・・アワワ ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ アワワ状態。
とりあえず、看護師さんに、「実はちょっと・・・」と事情を説明した。
一応オムツはそのまま閉じて(爆)、大きめのタオルを持参してたのでそれを背中のほうに巻いて、看護師さんに引き渡すことに・・
看護師さん・・「あらまぁ~う○ちしちゃったのねぇ~~~♪」なんてやさしく言ってくれてはいたが、その後採血室から聞こえる我が子の気の狂ったような泣き声・・・・相当暴れてると思われる

数分後・・・さらに、病院のタオル数枚にも包まれた状態で出てきた我が子・・・
暴れたために、更にう○ちが全身に広まったようだ・・_| ̄|○

お会計は退院時に一緒にということなので、とりあえずそのまま入院してる部屋に戻ることに・・・。
とにかくここではどうすることもできない。。。
部屋に戻って沐浴させるしかないだろう・・・(ノ_-;)ハア…

う○ちにまみれた我が子を抱き、やっとの思いで病室に戻ってきた。
しかし、いくら母親でも、このう○ちまみれの子を素手で触れる度胸はなかった(爆)
そりゃ、今までだって、う○ちが背中にもれてたことは何度もあったわよ!でも、これほど酷いのは初めて・・・
沐浴させなければ、どうしようもないだろうが、一人じゃ無理!!我が子にはすまんが、洗ってあげるのさえ遠慮したいぐらいの状態だったのよ。。。

幸い、その日、母が来ていた。
早速母と一緒に子供を沐浴室に連れて行き・・・洗ったのは・・・母!!(爆)
さすがは年の功!! とりあえず、母に感謝

しかし、う○ちベットリのタオル類を洗ったのはもちろん私。。。 〓■●ぱたり

このう○ちまみれ事件は、かなり強烈な忘れられない出来事となりました。。。
スポンサーサイト

コメント

>ぽろんちゃん
もうね~~産後なかなか体重戻らなくて、私としてはばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!って喜んでたのよ(爆)
もうこのままの体重でいいわ~~って感じで・・・
でも、この入院の付き添いでいっきに体重戻ったというか、逆にマイナスになったよ・・・(-_-;) それほど過酷だったわ。。。
ヾ(>▽<)oきゃはははっ! ぶりぶりぶり~~の後は本人スッキリした顔してたよ~~私は・・・・まっつぁおv-12
男の子のおしっこ事件はよくあるね~(笑) 家の子は産婦人科退院する日にお礼の意味も込めたのか、オムツ開いた途端院長先生の手にひっかけてたよ~_(_△_)ノ彡☆ギャハハ!!バンバン!!
あとは実家で沐浴させてるときにぴゅ~って飛んで、私の母の湯飲みにぽちゃっ・・・e-263って・・・_(_△_)ノ彡☆
母も大変だけど、じじばばのが結構後処理にかけては万能かも!
なんせ、じじばばにとっちゃ、我が子よりかわいい存在だろうからねぇ~(*≧m≦*)ププッ

  • 2005/11/22(火) 18:29:42 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>風雅舞さん
舞さんのお子さんも大変だったのね~。そうそう、大学病院は無駄に広い!!(-_-メ)
検査で移動するだけで大変だよね~。レントゲンやら心電図やら血液検査やらなにやらかにやらでぐるぐるあちこち回されて、親はくたくた状態よねっ!!
( ̄  ̄) (_ _)うんうん、大学病院ってグループがあって、まさに白い巨塔の世界だよね(笑)
でも、うちで行ってたところはそんな重々しい雰囲気ではなくて、みんなやさしかったので、怖い雰囲気はなかったかな(笑)
家の子もミルクゲボはひどかったよ~。ほんとゲップさせるたびにやられてたから、そのうち、和室とかラグが敷いてある部屋ではゲップさせないで、床のところでさせるようにしてた・・・(^^;;

  • 2005/11/22(火) 18:17:22 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>ゆっちさん
わざわざ調べたのね~(笑)
(゚ロ゚;)エェッ!? 旦那様のお兄さんがそうなの?
ゆうとを生んだ産婦人科の看護師さんにも一人いたのよ~。だから色々情報が聞けてそこで生んで正解だったかも!
ミルクのころはゆるゆるウンチだもんね~。
家にいるときはもれたときはお湯を居間までもってきて拭いてあげてたけど、病院だと自分の家のようにはいかないからね~~参った!!

  • 2005/11/22(火) 18:10:25 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

RINOママ まだ産後で自分の身体も大変だろうに
頑張ったねーーーv-290
ヾ(T∇T)ノ彡★ブリブリブリブリーーの音がリアル(='m') ウププ
想像できる~~
オムツ開けた途端おしっこしたりとかよくあるよねーーー
お母さんって素晴らしい(*^▽^*)

  • 2005/11/21(月) 21:39:35 |
  • URL |
  • ぽろん #s.Y3apRk
  • [ 編集 ]

いやあ・・そりゃ大変でしたねえ。大学病院のあの無駄に広いのも困ると思いませんか?家も昔長女が2歳までは心臓に雑音が聞こえるといわれて何度も検査に通ったのですが、ただでさえ手のかかる赤ん坊に、着替えだのポットだのと大量の荷物をかかえ、何時間も待たされ、あげくレントゲンは何階、診療は何階と果てから果てに移動でしょ。しかも部屋にやっと入ると、若いインターンだか学生がずらずら並んでいて、自分だって大学病院になどかかったこともないから、まずその人の多さにすごい圧迫感と違和感があって、アカンボはモルモットのようになってみんなに観察されてるし、医者に何か質問などできないようなすごい雰囲気だったことをかすかに思い出すくらい。不愉快なことだったから記憶から消したいんでしょうね・・。これでまたアカンボが泣くわけだから相当消耗しましたね。幸いその後は検査も不要で縁が切れたんだけど、たとえ悪い病気になっても、大学病院だけは行きたくないと思いました。う○ち事件・・よくあるのは、たぶんお風呂に入れてる時にやられたとか、おむつをかえて授乳もして気持ちいいよね・・というその直後にどーんとやってくれたり・・かな。我が家ではむしろミルクゲボ事件が日常茶飯事で、それこそホットカーペットのカバーはやられすぎてその痕跡が染み付いてとれず捨てるしかなかったです。本体にもその沁みは残ってますよ・・。

  • 2005/11/21(月) 16:45:21 |
  • URL |
  • 風雅舞 #-
  • [ 編集 ]

口唇裂・・わからなかったので調べました(笑)
旦那のお兄さんがそうかもしれない・・。
しかし・・う○ちe-283事件は大変だったね~(笑)
赤ちゃんの頃ってv-511う○ちe-283ゆるいとすごいことになるよねv-399
私も実家から母が来たときなんかは、全てやってもらってました(笑)

  • 2005/11/21(月) 09:27:05 |
  • URL |
  • ゆっち #s.Y3apRk
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。