つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画の中の惚れちゃう男2

今日は現在マイブームの漫画家さんの作品オンリーでいきます!!
っていっても、私は未だにイザークに惚れてるし、藤臣くんにも惚れてるけど・・・(爆)
私って・・・気が多いんだわ・・・・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・

実は今くらもちふさこさんの漫画がマイブームなんです。
といっても、好きな作品は限られてるんですけどね・・・。

くらもちふさこさんといえば、私がリアルで別マを購入していた時期、よく連載で描かれてましたね・・・。どちらかというと私より少しだけ上の方のほうがファンが多いんじゃないかなぁ~と思うけど。。。。
私の年代でもバンバン描いてる人でしたから、ファン層は幅広いかも。。
けどね・・・、実は別マをリアルで読んでいた頃・・・わたしはこの方があまり好きじゃなくて・・・。やっぱりね、絵が苦手だったのよ。ストーリーも読んでてあまり面白いと思わなかったのね。いったい何が描きたいのかさっぱりわからなくて・・・。だから彼女の作品はほとんど飛ばして読んでたのよ。

だけどね、これはいつ連載されたやつだろ・・・。一つだけ、連載時にリアルで夢中になって読んでたものがあるのよね。
それが『海の天辺』
中学生の女の子が先生に恋しちゃうお話なんだけどね・・・。
多分私が専門学校時代か、卒業した20歳代前半ぐらいに連載されてたのかなぁ。。記憶が曖昧です。。

何故この漫画だけはリアルで読んでたのか・・・。かなり夢中になって読んでましたからね~。しかも、単行本まで買ってしまったというぐらい気に入っちゃったんですよね。

多分・・・・そう、恋しちゃったんですよぉ~私も・・・・その先生に・・・(*≧m≦*)ぐふっ

ってことで・・・・
前置きはここまでにしてマイブームの本、今2タイトルあるんです。
先日、古本屋で何かないかなぁ~って見てたらふと目に付いた・・・・。
単行本は嫁にきたときに古本屋に売ってしまったが、やっぱりもう一度読みたくなった『海の天辺』全2巻。それと並ぶようにして置いてあった『東京のカサノバ』全2巻。これらを衝動買いしちゃったのよね。。
んでもってこの2冊どちらにもはまりこんじゃったのよ!!
『東京のカサノバ』のほうは私は知らなかったので、『海の天辺』よりもずっと後の作品だと思っていたら・・・それ以前に描かれていたものだったんですね。

くらもちふさこさんの有名どころと言えば『いつもポケットにショパン』、『アンコールが3回』、『おしゃべり階段』なんかが挙げられると思うし、私も読んだことなくてもこのタイトルだけはよく目にしていた。けど、『東京のカサノバ』は全く知らなかったのよ。なのでそれほど期待もしてなかったんだけどね・・・見事嵌った(笑)

ってことで、「惚れた男」の解説いきまっす!!(爆)

河野和彦(かわのかずひこ) (『海の天辺』文庫版全2巻)集英社
 中学2年生の椎名が好きなのは、新卒で新しく入ってきた河野先生。女子にも男子にも人気がある先生です。3年生になって河野先生が担任になり、そしてふとしたきっかけで椎名の気持ちが先生にバレてしまいます。河野先生には家庭科の先生との噂がありましたが、それは解決。だけど、実は怖いと評判の音楽の山崎先生と・・・・・。ちなみに山崎先生は子持ちで旦那さんはいません(死別か離婚か不明)。
職員室で偶然二人の会話を聞いてしまった椎名。河野先生を軽蔑してしまいます。でもそれでも好きな気持ちは変わらなかったんですね。
山崎先生は椎名の気持ちを知り河野先生の鍵をわざわざ椎名に預けます。
「先生と生徒のラインをなくしたいなら、あなたの手で私たちを終わりにしなさい」
山崎先生が鍵を椎名に渡す時に言った言葉です。普通中学生の女生徒にこんな事言って、鍵を渡す先生がいるか??
非現実的なんだけど、この山崎先生の行動にはしびれましたね~~。
河野先生の方は椎名を一人の生徒としてみながらも、だんだん椎名の一途さに惹かれていってたんでしょうね。椎名の行動が気になってる様子がところどころで覗えます。
そしてある日、遂に椎名の想いが通じるときが・・・(〃ω〃) きゃぁ~←この場面でもしびれました(爆)
でも、二人はまだ先生と生徒。公にすることはできません。
卒業式の前夜、椎名は河野先生に「卒業式が終わったら、家にきてお母さんに私たちのこと言って」と言います。河野先生は最初は渋りますが、「行くよ」と。。。
そして卒業式の夜・・・椎名の家に先生がやってきて・・・・
.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪ もぉ、この場面でノックアウトでした(爆)

先生と生徒の恋を描いた漫画って珍しくないと思いますが、中学生と先生ってのはあまり見かけませんよねー。ヘタすりゃ犯罪じゃん!!って感じだし(汗)
でもね、この話は引き込まれます。っていうか、河野先生がカッコ良すぎて~~~(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)
私が学生の頃にもこんな先生いたらなぁ~~って、ほんと羨ましいですよ。でもさ、現実的に考えて、元々モテモテの河野先生は椎名が高校を卒業するまで待てるのか??って思っちゃうんだけど(爆)
まさか、高校生のうちにテをつけちゃわないでしょーねぇーーー!!!
って、何考えてるんだ!!!!>私!

え~~、気を取り直して次いきます。

水上暁(みずかみあきら=通称ちぃちゃん) (『東京のカサノバ』文庫版全2巻) 集英社
 ターコにはお兄ちゃんが二人。長男はおーちゃん、次男はちぃちゃん。ターコはこのちぃちゃんと一緒に寝ちゃうほど仲良し。かなりのブラコンなんです。実際、ちぃちゃん、すっごいカッコイイんですよね~。なんていうのかな・・・、男の色気というのか?そんなのがある。カッコよくて妹思いで、やさしくて・・・。でもちょっと女に軽いところがあるかな(笑)
ところが、ある日たーこはおーちゃんがおばあちゃんに話していることを聞いてしまいます。
「俺なんとなく記憶にあるんだよね。暁がこの家にもらわれてきた日のこと・・・」。
そう、実はターコとちぃちゃんは血のつながりのない兄妹だったんです。
ターコは信じられませんでしたが、その後思い当たることがちょこちょこあり、とうとう戸籍で真実を知ってしまいます。
その後も何事もないように振舞うターコですが、兄から男としてみるようになってしまったちいちゃんから少し離れるため、兄離れしようと決意しますが・・・。
 さて、ちいちゃんのほうですが、彼の方は実はもっと以前から自分が養子だということに気付いていました。その上でターコののことが妹としてではなく女として好きだったんですね。でもあくまで接する態度は妹。お互い血のつながりがないということを知らないと思っていたんですよね。
ちいちゃんは実は有名女優の息子。16歳で子供を産んだその女優はターコたちの母親が当時マネージャーをしていたこともあって、生まれた子供をどうすることもできずターコの家の養子として育ててきたのです。
たーこの一家は家族ぐるみでその女優のファンですが、ふとしたきっかけでちいちゃんはその女優(実の母親)と再会してしまいます。
後日、再び再会した女優にちいちゃんはある質問を投げかけますが・・・。

と、一応解説終わり(爆)かなり中途半端です(* ̄m ̄)プッ
気になる方は読んでみてください。ちいちゃんの虜になること間違いないでしょう♪
とにかく、今まで読んできた中ででも彼は別格ですね。ただかっこいいから惚れた!!っていうんじゃなくて、他の漫画家さんのキャラとは一味違うのよ。その言動、しぐさ、なにげないポーズ。。どれをとっても目をひく。。さりげなく描いてるんでしょうけどカッコイイんですね~。色気のある男ってのもあまりお目にかかったことなかったし。。。

ターコがちいちゃんにべったりなのがすごくわかる。
兄としても合格だし、彼氏にもしてみたい。。。そんなキャラなんですよね。
終わり方が、ちょっと~~これからどうなるの~?って感じですけど・・・。
この二人が近い将来結婚してくれたらなぁ~っていうか、描いた年代からして、現在ではちいちゃんは40過ぎてるし、ターコは私よりちょっと上ぐらいかな。結婚して楽しい家庭生活を送っていることでしょう。。( ̄  ̄) (_ _)うんうん

実はくらもちさんの作品があまり好きでない理由に女の子のキャラがかわいくない。コンプレックスの塊(それもわかるんですけどね)で見ていて(自分を見ているようで)イライラするってのが理由のひとつでもあったんです。でも、この2作品に関しては女の子のキャラもすごくかわいいですね。好感がもてます。
あと、初期の作品をみて気づいたんですけど、彼女の絵柄、初期のころと現在ではかなり変わってます。。。途中もどんどん変化していってるんですが・・・。
この初期の頃の絵をみてえ(゚○゚)!ときづいたこと。。それは真柴ひろみさんと前原滋子さんの絵風にそっくり! なんの作品か忘れましたが、「あれ?なんで四季くんがここにいるの?」ぐらいにそっくりだったんですよ。っていうか年代からしてくらもちさんのほうが古い作家さんですから、後の二人が影響されたのか、たまたま似たような絵になってしまったのかは不明ですが・・・。
目元は前原滋子さん、口元は真柴ひろみさんの絵って感じですね。
『カサノバ』や「海の天辺』の頃はまた絵柄が変わってますけど。。。

ちなみにこの2作品があまりに気にいっちゃったもんで、他の作品も読んでみよう!!と思いオークションでまとめて落として読んでみましたが・・・。
やっぱりこの2つが私の中ではダントツですね。上に書いた人気作品よりも断然いい!!
くらもちファンのサイトで人気男性キャラのアンケートをみると、まぁ、いろいろ出てきますが・・・、ちいちゃんと河野先生はやっぱり人気あります。とにかく魅力的♪ なんというか、先にも書いたけど私はこの人の絵はあまりすきでもないのにもかかわらずここまでハマってしまうのは、この方の描く男性・・・確かに外見カッコよいんです。でも、外がかっこいいなら他にもたくさんいる。雰囲気がいいんですよ~。独特の雰囲気をかもし出しているんですよ・・・この方が描く男性キャラは・・・・。
ちいちゃんもまさにそう!!ちいちゃんとと出会って以来、ちいちゃんのことを考える毎日よ・・(*゚o゚*)~゚ ボー あぁ~~漫画の世界から飛び出してきて欲しい~~~~。

ちいちゃんのような兄貴が欲しかったなぁ~( ̄▽ ̄)。o0○ ポアン
スポンサーサイト

コメント

>ひよりちゃん
ヾ(@^▽^@)ノわはは そうそう男でも美しいってのは見てて目の保養だよね~♪
でも、アレクは成田さんの漫画の中ではあまり好みではないかな。アレクだったら西門さんのほうが断然いい!西門兄はどっちかというと感覚がミケに近いよね。ミケと兄弟っていったほうがピンとくるかも(爆)
あの何事にもマイペースなところがいいわー(笑)
成田さんはその時の自分のマイブームのものを作品にする傾向があるけど・・・今は西門兄が主役で能の話じゃん? 私的に能に興味がない上にのんびりしたストーリーだからちょっとたいくつ。最初単行本出るたび買ってたけど、手放してしまったよ。彼女にはもっとテンポのよいもの描いて欲しい。

  • 2006/11/29(水) 14:28:12 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

そうそう!アレクだった!
何事も美しい容姿ってのがいいわ~♪
RINOちゃんのコメント読んで思ったけど、私の中では西門さんだわ!(すっかり忘れてた)ちょっとホ○?って気もするけど(ミケに異様に執着してたし)、あの大人の頭の中が好き。西門兄も結構好きよ♪ちょっとミケに近いピュアさみたいなところが。

  • 2006/11/28(火) 10:18:11 |
  • URL |
  • ひより #-
  • [ 編集 ]

>ひよりちゃん
さすがーー!!! 全部読んでる?? すごい!!
そうそう、特に初期(?)の作品は女の子、コンプレックスの塊だよね。
「おしゃべり階段」は確か私が小学校ぐらいに連載されてたものかなぁ。だからかな、(ひよりちゃんには悪いが)私の感覚だとちょっと古いかなぁ・・・って感じるんだなぁ。。(笑)
実はこの女の子のキャラがくらもちさんの作品の中でも嫌いな女の子の3本指に入るぐらい。。。コンプレックスの塊の上に基本的に鈍感すぎる子って苦手なんだよね~。
彼女の作品は男の子は基本的にカッコイイんだけど、やっぱり女の子のキャラがいただけない。許せるとしたら・・・(全部読んでるわけじゃないえけど)代表的なもので、『千花ちゃんちはふつう』とか上にあげた2作品、それと・・・それと・・・・あぁ、『アンコールが3回』の女の子かな。彼女はどちらかというとプライドが高い子だったよね?

ひよりちゃんの好みって~~~~(爆)
たしかに、少女漫画ってどの作品も男の子は素敵に描かれてるから好みが定まらないよね。私だって、基本はクールな男だけど、四季くんやちいちゃんはクールからかけ離れてるとおもうし。。(爆)

そうそう、成田先生の作品に出てくる男の子はみんな素敵だよね~。
シャールくんもサイファもミケもアレクサンドラ(?)も。。。でも、大好きだけど惚れる対象のキャラではないのよね~。私はやっぱりダントツシャールだけど、ミケもいいよね~。なんかすっごく素直で(笑) 西門さんも好きなキャラだよん(爆)

  • 2006/11/28(火) 09:36:40 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>ゆっちさん
(ノ∇≦*)キャハッッッ♪ 読んだことないよね~(爆)
うん。私は似てると感じた。前原さんと真柴さんをミックスしたような絵だなぁ。
でも、くらもちさんの絵はちょっとクドい時期があるんだよね。その当時の絵があまりすきじゃないんだけど。。。話の内容てきにいえば、結構濃いんじゃないかなぁ~。そのへんの恋愛ものより読み応えはあると思うよん。

  • 2006/11/28(火) 09:16:27 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

やっぱり全部読んでる私。
くらもちさんはRINOちゃんが言うように主人公の女の子がコンプレックス持ちすぎって、私も思う。
でも、一番好きなのは「おしゃべり階段」だなあ、やっぱり。王道だけどね。リアルに自分の高校生活に近かったから。
くらもちさんの作品は男の子にも人気あったよね。少女漫画していない絵もいいし。(デッサンがしっかりしてるというか)

RINOちゃんの日記読んで最終的に思ったけど、私の好みって分からない~~~。みんな登場してくる男たちはそれなりに魅力的だもん。
でも、RINOちゃんがたぶん一番好きな成田さんの登場人物は、中でもダントツいいね。サイファやシャールも好きだけど、ナチュラルのミケもかわいいし、モデルで空手してた子なんて名前だったっけ?あれもいいよね~。私的にはミケかなあ。

  • 2006/11/27(月) 10:33:38 |
  • URL |
  • ひより #-
  • [ 編集 ]

やはり、どれも読んだことありません(笑)
くらもちさんの初期の絵、真柴さんの絵風に似てるの?
私は真柴さんの他は、どんなの読んでたか忘れたけど、
やっぱり絵が苦手なのはダメだったなぁ。

  • 2006/11/25(土) 10:07:12 |
  • URL |
  • ゆっち #s.Y3apRk
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。