つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文

小さい頃から本を読むのが好きだった。
そう、読むのが好きだったのよ。
読んだあとの感想・・・「面白かった」「つまらなかった」
私の場合そんなもんである。その程度の感覚でしか感想というものがでてこなかったのである。
ってことで、読書感想文・・・・大の苦手だったわよっ!

でもさ、小学校も高学年ぐらいになると夏休みの宿題に読書感想文なるものも必須になってくるわけなのよね。
それでも小学校の頃はまだいろんなジャンルの本を読んでいたから、きちんと真面目に本を読んで、苦手なりにもそれなりに適当に書くことができたのよ。

ところがよ!!!中学・高校に入ってからが悪夢だった!!
感想文の宿題は毎年夏休みの一番最後に私を悩ませる過酷なものとなった。
というのも、中学に入ってからの私はミステリーに目覚めたため、他のジャンルの作品、純文学作品なんか全く読まなくなったのよね。
はっきりいって読んでても何がいいたいのか、どこが面白いのかさっぱり理解不能状態だった。私の理解力なんてその程度のものである。
もともと理数系のほうが得意な私は推理小説のように犯人探しという目的がしっかりあるストーリーはすらすらと抵抗なく楽しく読めても、有名作家が書いた文学作品は何がなんだか、この人はこの作品でいったい何が言いたいの??の世界でさっぱりだったのである。
誰でも1冊ぐらいは読んでいそうな夏目漱石、太宰治、宮沢賢治、芥川龍之介etc.・・・
私はこれらの作家の本をまともに読んだことがない。読もうと試みたことはあったが最初の10ページぐらいで限界であった。その時点で読む根性もなくなるため、最後まで読んだこともない。
当然私の感想は「つまらない」しか出てこない。これには困った。
かといって推理小説で感想文を書くわけにもいかない・・・・。

ってことで、中学時代からの私の読書感想文攻略法はかなり強引というか手抜きというか・・・ずるっこというか・・・(汗)

まず、中学1、2年のとき・・・、この頃は姉もまだ高校生だったため感想文の宿題があった。私は姉と同じ本を読み、姉の感想文を半分ぐらいはパクッタ。本を選ぶのは私であったり姉であったりしたが、私が選ぶものは大抵短編。そう、何十ページ、何百ページもあると最後まで読めない上に、かえって感想がまとめ難くなるためである。
しかし、この中学1年のときに姉の感想文を半分パクッタものが予想外の結果をもたらしてしまう。なんと、1年の終わりに学校から出される冊子にこの感想文が載ってしまったのだ∑(゚◇゚;) ゲッ!!

姉は私と比べると本はほとんど読まない人であった。だから感想文もそんなに得意なほうではないだろう。半分ぐらいぱくってもまぁ大丈夫だろうと思っていたのだが・・。
やっぱり高校生の書く文章ってそれなり・・・だったのね(滝汗)
ヤバヤバヤバ~~と思いながらも、まぁ載ってしまったものは仕方がない。しかし、かなりこっぱずかしかったのは覚えている。
いや、姉の感想文が恥ずかしかったのでなく、パクッタものが載ってしまったのが恥ずかしかったのだ。
にもかかわらず2年生のときも姉の感想文をところどころパクッタけどね・・フフンフーン・・・(  ̄3 ̄)~♪

さて、それ以降、中学3年から高校生にかけてはもう頼るべき姉がいなかった。。。自力で書かなければいけなくなってしまったのだ。
これがなんともかんとも苦痛で苦痛でしかたなかった。
苦し紛れに私がとった方法とは・・・・
まず、短編を選ぶ。小さい頃読んだことがある本を選ぶ。あとがきがしっかり載っている本を選ぶ。であった。。。

理由は簡単である。長編を読むのが苦痛だから短編を選んだ。小さい頃読んでるということはしっかり読まなくてもそれなりになんとなく話を覚えているし、小さい子でも読める本というのは何を伝えたいのかがわかりやすいものとなっている。そして、あとがきがしっかり書かれてるものは物語の筋や感想なども書かれていることが多かったからである。
しかし、この3つ全部兼ね備えている本を探し出すのもなかなか難しく、つまり、内容を読むのが面倒で何がいいたいのかわけわかめな物に関しては本編を読まず、あとがきだけ読んで感想文を書いたこともあるというかなり無謀なこともしてきたのだ。
私って・・・真面目なやつだと思ってたけど、もしかしてすっごくいい加減???(爆)

とにもかくにも、高校3年の夏休みが終わった時、読書感想文からも開放されてホッとしたのは言うまでもない。

しかし、夏休みの読書感想文と同じぐらい私をなやませていたのがもう一つ。冬休みの必須宿題である「新年の豊富」である!!
別に年が明けたからどうだっていうのか・・・という、当時からかなり冷めていた私は、当然年が明けたから新たに何かをやろう!!なんて目標を立てる訳もなく・・・。「新年の抱負」なんぞ言われてもべつになし・・・。だったのだが、「なし」と書くわけにもいかず。無理矢理原稿用紙2枚だか3枚だかのノルマを毎年毎年同じようなことをしらじらしく書いてやり過ごしたような気がする。

ったく・・・毎年毎年思ってもないこと書かせるなよっ!!!

と、当時は思っていた。いや、今でも思ってるけど。作文や感想文の宿題ってみんな真面目に書いてたのかしらね???
っていうか、書いてましたか???(笑)
スポンサーサイト

コメント

>mickymama♪さん
(ノ∇≦*)キャハッッッ♪ やっぱりmama♪さんも「あとがき」派だったのね~(爆)
いや~、ここにくる数少ないお客様の中にこんなに「あとがき」派がいたとは・・(爆)
やっぱりみんな苦労してたんだねぇ~~~(*≧m≦*)ププッ
mama♪さんもミステリーは好きなのね。あのジャンルは本当にはまるよね~~(笑)

  • 2006/11/04(土) 13:07:55 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>ひよりちゃん
は??持統天皇???れ・・・歴史が苦手な私にはチンプンカンプンじゃ~~(。_・)ドテッ
あっ、ひよりちゃんもやっぱりあの絵苦手??山岸涼子さんだっけ?私もあのテの絵はダメなのよね~。ぶっちゃけ一条ゆかりも最初絵がダメで読めなかったもん。りぼんのかわいい絵柄の中に一条ゆかりのあの絵は当時浮いてたような気がする・・・。
私はひよりちゃんとは逆でまず源氏物語を買って読んだんだけど、途中で挫折しちゃったもんで友達に「あさきゆめみし」を借りたのよ~~((^┰^))ゞ テヘヘ~ やっぱり漫画の方がわかりやすいね(笑)
たしかにあの作品は芸術かもしれん。。うんうん。。

  • 2006/11/04(土) 13:04:40 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

私だけなのかと思ってた~本は好きでも感想文嫌いな人…
私も本を読むことは好きだったわ。
RINOちゃんと同様で推理物系…
私は姉がいないのでq(T▽Tq)(pT▽T)p、本の途中までとあとがきとで、感想文を完成させてたわ~f(^^;)ぽりぽりっ

感想はあっても、原稿用紙に書くほどはないわよね~!

  • 2006/11/03(金) 00:20:30 |
  • URL |
  • mickymama♪ #vR9mrw4c
  • [ 編集 ]

「天上の虹」は持統天皇のお話だよ~ん。大海人皇子とか天智天皇とか。そこらへん。面白いけど、脚色しすぎ?って気はすると思う。
「日出処の天子」は、確かに絵がいただけんよ。私も苦手~。でも、おもしろさは一番だと思うよ。
「あさきゆめみし」確かに歴史ではないしマンガの域を超越してると、私も思う。古典でもあるし芸術でもあるような気がする。私も「あさきゆめみし」を読んだ後に源氏物語を読んでみたくなって、谷崎潤一郎の「源氏物語」を買ったよ。分厚いハードカバーで全何巻だったかなあ、結構なお高いお買い物だった。でも「あさきゆめみし」の方が断然おもしろかったわ~。

  • 2006/11/02(木) 08:54:33 |
  • URL |
  • ひより #-
  • [ 編集 ]

>独裸絵悶さん
公・・・なるへそ!!そういう意味だったのね(爆)
真面目な私はそのまま「おおやけ」と読んで、意味不明な文に頭を悩ませておりました(爆) ジョークが通じなくて<(_ _)>

で、上司から押し付けられた本ですが、新たな犠牲者は見つかりましたか?(笑)
興味のないものを押し付けられると困りますよね~~~。
でも、案外読んでみたら面白いかもしれませんよ。ここは頑張って自力で読んでみるのもいいかも~~←他人事(爆)

  • 2006/11/01(水) 22:46:12 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>ひよりちゃん
「あさきゆめみし」は歴史というより古文だったね(^^;;
高校当時は友達に借りて読んだよ~。今は数年前文庫で買った。本当は小説で読みたくて、誰が訳したのか忘れたけど全5巻の文庫を買ったのよ。でも、訳が中途半端というか現代文になってるとこと古文のままのところとで読んでて意味不明な部分が多々でてきて2巻で挫折しました=□Q_ ぱたり
「日出処の天子」も確かいつだったか読んだことあるんだけど、あの方の絵が苦手でさらりとしか読まなかったので意味不明だった(爆)
ちょっと、今度、本腰入れて読んでみようかな。
「天上の虹」って里中満智子さんだっけ??これは読んだことないのよ。彼女も古い漫画家さんだよね~。小学生のころなんかは姉が借りてきたのを読ませてもらったりしたけど、この作品は読んだことない~。歴史物なの?どんな内容だ??

  • 2006/11/01(水) 22:41:17 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

公=ハム=日本ハムファイターズの略号でした。
m(__)m。

今、上司から薦められた本に苦しんでます。
渡されたときに「感想を聞かせて」って言葉を添えて渡されました。

今、新たな犠牲者を探しています。
その犠牲者に読ませて・・感想文を書かせるって事をね。
でも。。よく考えると・・
私に私た上司も、だれかに渡された事かも・・・

  • 2006/10/31(火) 07:26:13 |
  • URL |
  • 独裸絵悶 #-
  • [ 編集 ]

言えてる~。
歴史の教科書より「あさきゆめみし」や「ベルばら」や「日出づるところの天子」や「天上の虹」よね~。
ただひとつの欠点は、そこらへん以外の歴史にはさっぱり疎いってとこかしら~~~。

  • 2006/10/30(月) 11:03:33 |
  • URL |
  • ひより #-
  • [ 編集 ]

>わかばさん
えーーっと・・・はじめまして・・・ですよね??
どこかでお名前拝見したようなしないような・・・と思っていたら、もしかして独裸絵悶さんとこからきてくれました??(笑)
コメントありがとうございます。
文学好きだなんて尊敬してしまいますよ~!!
私なんて夏目漱石といえば「我輩は猫である。まだ名前はない・・・」のくだりしか浮かばん。←当ってるよね??(汗)
そーいえば、「こころ」で思い出しましたけど、これって高校の現国の教科書で使われてませんでしたっけ??
たしか「こころ」だったような・・・。夏目漱石かどうかなんて覚えていませんが・・(滝汗) 確か恋愛っぽい話だったし。。。
上・中・下ってあるんですか~~~~。知りませんでした。
私、ミステリー以外ですらすらと読めたものといえば、三浦綾子さんの「氷点」ぐらいかな。あれはかなりはまっていっきに読めましたね~。
それ以外だとさくらももこのエッセイぐらいしかよみません~~~(*・・*)ポッ

  • 2006/10/29(日) 21:28:01 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>独裸絵悶さん

>明日は公の安売り?
>ってあるのかなぁ~

このなぞめいた言葉の意味はなんですか??(汗)

独裸絵悶さんも文学読まないのね~。なんか好きそうな印象ですが、苦手ですか(笑)
私は文学で感想文かいたといえば「高瀬舟」と「蜘蛛の糸」ぐらいですね。両方わかりやすい話なので書きやすかったかな。「蜘蛛の糸は小さい頃読んで話を覚えてたので、読まないで書いたというか・・ヾ(@^▽^@)ノわはは

  • 2006/10/29(日) 21:20:37 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>ひよりちゃん
私、ミステリーだったら絵がなくても読める(爆)
歴史物は漫画じゃないとダメだね。
でもやっぱり一番授業に役立ったのは・・・「あさきゆめみし」だったかなぁ~。ただ、登場人物が多い分女性キャラの書き分けができてなくて見分けがつかなかったときもあったが・・・(爆)
あとはフランス革命といえば「ベルばら」。これ小学生のころ読んで意味がわからなかったけどその後読んでやっと意味が通じた(爆)
って・・・なんの話してるんじゃ??感想文の話だよね・・(爆)
(ノ∇≦*)キャハッッッ♪ひよりちゃんもあとがきで感想文書いてたのね~♪
ゆっちさんもそうみたいだし、結構そのテを使ってる人いたのね~~(´▽`) ホッ

  • 2006/10/29(日) 21:15:51 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>ゆっちさん
(⌒▽⌒)アハハ! だよね~。
読むの嫌いな人は読むのさえ苦痛だもんね~。感想どころじゃないかもね~(爆)
本が好きな人は感想文も上手いとよく言われたが、私は感想文は大嫌いだったよ~。父の会社の同僚のお子さんで私の一つ下の女の子がいたんだけど、その子が読書好きで感想文も上手くて、確かいつも賞をもらってたんだよね~。母がいつも「○○ちゃんは感想文で賞もらったんだって」と羨ましそうに言ってたのを覚えてるわよ。。ふっ。。。。

  • 2006/10/29(日) 21:10:42 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

 文型だったので夏目漱石とか好きですよ。すっきりしていてとても読みやすい文章だと思います。しかし、嫌いな人にとっても見るのも嫌なんでしょうか?
 書くのも苦じゃないので、何ページでも書けます。ツラツラダラダラな文章になってしまいますけど(笑)
 おすすめは夏目漱石“こころ”です。恋愛要素が強いし身近なので読みやすいと思います。上・中・下って分かれてる知ってました!?
 分けて読むのもおもしろいかも? 

  • 2006/10/27(金) 20:50:02 |
  • URL |
  • わかば #-
  • [ 編集 ]

明日は公の安売り?
ってあるのかなぁ~

読書感想文。
私も・・・文学作品は・・・読まないので。
自分の好きなジャンルばかり・・・
だから、苦手でした。一度、その手の作品の感想文を書いて・・
???????でした。

  • 2006/10/26(木) 21:32:42 |
  • URL |
  • 独裸絵悶 #-
  • [ 編集 ]

絵のない文章だけ読めって言われてもね~。
ってことで、私も「あとがき」パクるの得意でした~♪
みんな一緒で嬉しいわ~。
でも、年々テクニックもそれなりに身についたと思うわよー。「あとがき」をパクってるのがバレないようにまとめるとかの。

  • 2006/10/26(木) 20:36:14 |
  • URL |
  • ひより #-
  • [ 編集 ]

私はご存知の通り、活字が苦手なので、本を読むのはもちろんのこと、
感想文や作文なんて大嫌い!
感想文なんかは、私もあとがきだけ読んで書いてたよ(笑)
作文は、例文とか載ってる本買って、ところどころパクッって
書いてました(笑)

  • 2006/10/26(木) 10:28:34 |
  • URL |
  • ゆっち #s.Y3apRk
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。