つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子高への憧れ

高校へ進学する時、私は特別行きたい高校がなかった。
市内には2つ高校があったが、どちらも共学だった。
私は当時男子が苦手ということもあって、女子高へいきたかった。
しかも、宇都宮の女子高へいきたかったのだ。

さて、当時私が通っていた中学校ではだいたい受験する高校は3種類に分かれていた。
3分の1は市内のひとつの高校(K高校;一応進学校)、3分の1はもう片方の高校(ちょっと程度が落ちる)、そして残りの3分の1は学区外の高校へ散らばっていくのである。

県内でトップの高校といえば、宇高(男子校)と宇女校(女子高)。これはもううちの中学から入るのは相当難しい。いくら成績がよくても相当よくないと受験するのは難しい高校であった。
ので、この辺でそこそこ成績が良い生徒は学区外になってしまうが隣の市の女子高、男子校を受験した。この2校は県北では一番の進学校であった。ただし、学区内だと入るのは簡単だったらしいが・・・(汗)

他に宇都宮にいけば私の成績に相当する女子高はいくつかあったであろう。だが、私が希望したのは、この辺の生徒だと普通はすべり止めで受ける私立の商業高校だった。ちょっと程度が落ちるが別にそんなことは気にしなかった。というか、そのほうがむしろ楽だっただろうし・・・。

私はそこの女子高の商業科を希望していた。
理由として、大学に進学する気がなく、高校を卒業したらすぐに就職したかったため、それなりの専門の学科を受けたかったから。
そして、卒業後は絶対に東京へ進出したかったからである。

地元のK高校だと大概が卒業後進学、就職するにしてもほとんど地元の企業からしか求人はこない。宇都宮へ出ればそれだけ東京からの求人が多かったからである。
私はとにかく家から逃げ出したかった。もちろん都会への憧れもあったが・・・。
それともう一つ大きな理由として、これまでの自分を全く知らない人たちの世界に飛び込むことによって、自分を変えたかったというのがあった。少しでも積極的な自分になりたかったのだ。私の過去を知ってる人がたくさんいる中で、いきなり自分を変えるというのは大変難しいことだった・・。なので、中学の同級生がわんさかといくであろう地元のK高校には行きたくなかったのである。

しかし、私のこの希望に周りの大人たちは難色をしめしていた。
担任の先生、両親。どちらもよく思ってなかったのだ。
せっかくK高校に入れる成績なのに、なんでわざわざ宇都宮の・・それもちょっと学力的に落ちるその高校に入りたいのかと。
しかし、私の意志は固かった。別に進学校に入ったからってなんぼのもんじゃい!K高校に入るのがそんなに偉いのか? 確かに、K高校に合格すると当時社宅に住んでいたので、周りの奥様方は「○○ちゃんK高に合格したんだって?すごいわね~」って母に向かって言うであろう。母もその優越感を味わいたかったに違いない。
でも、K校ってさっきも書いたようにこの辺じゃ一応進学校だけど、別にそんな自慢できるような高校ではないと思う。特別狭き門じゃないし、うちの中学からも毎年3分の1の生徒はそこに入るんだから・・・。

最終的に両親は私の意志をくんでくれてた。ただ、条件として、その地元のK高も受験することを勧められた。それは、父がもし転勤になった場合のことを考えてだった。
その場合、公立の高校に合格していたほうが、転勤先でも有利に高校が選べるという話だった。これ、本当か嘘かは私にはわからないが・・・。

なので、私は私立の女子高と県立のK高校を受験することにきめた。
私立の女子高のほうはほとんどみんなすべり止めの意味で受けるのだが、私にとっては本番であった。たいてい私立の受験日は早い。2月ごろである。公立は県内一斉に3月に行われる。

私は私立の女子高の合格の切符をなんなく手に入れた。
母は早速入学金を払いに学校へ出向いてくれた。しかし、そこの事務の方に再三念を押されたらしい。
「本当にいいんですね? 公立が合格してもこちらに入学してくれるんですね?」
母は私の意志が固いことを承知していたのでその場で入学料を払ってきた。

そして3月。いよいよ公立高校の受験。
合格発表の日、私は発表を見に行かなかった。私にしてみれば、もう関係のないことだったからだ。親が見に行ったのか、それとも友達が教えてくれたのか忘れたが、とりあえず合格はしていた。
私の受験は終わった・・・・。めでたしめでたし・・・。


と、いくはずであった。
のだが!!!!問題はその合格発表の日に早速起きた。
母が、中学校に、公立への進学を辞退するという電話をいれたのだが、担任がそれを受け付けなかったのだ!
「そんなことはできない」といわれたそうである。
担任は私が私立の高校へいくことを知っていたし、承知していたはずだった。なのに、突然、その手続きの書類を書くのを拒否したらしい。

親は早速中学に直談判にいった。
「家の子がK高にたとえ合格しても、そこには行かないことはご承知してたはずです!」
だが、担任の意向かはたまた学校側の魂胆か・・・。
公立に合格したのに、それを蹴ることは来年からの受験に影響が出る!と・・・・。
そもそも、なんでそんな女子高に行きたいのか? この辺の子なら誰でもK高に行きたいと望む学校じゃないか! そもそも○○さんが合格したことで、落とされた生徒が1人いるんですよ。
担任はそう言ったらしい。
ちなみに、その年のK高の倍率は低かった、落ちたのは誰もいないとか一人だけだったとか・・そんな感じだったと思う。

確かに私が受けたせいで落ちた生徒がでたなら気の毒である。
だからといって、私はもう何ヶ月も前からこの高校はただ受験するだけ!そういう気持ちだっていうことは担任も知っていたはずである。

一悶着も二悶着もあったが、とにかく中学校側は結局書類を書くのを拒否し続けた。私はK高に通わなければいけない自体に陥ってしまったのだ。

K高を受験しなければ・・・・私は春休み中ずっと悩んだ。悩み続けていた。
母は、こうなってしまったのは仕方がない、諦めなさいと言ったが、そうそう簡単に気持ちの整理はつかなかった。共学なんて行きたくなかった。K高なんて私の頭の片隅にも入ってなかったのだから・・・。

K高の制服を作りにいくという母の言葉にも激しく抵抗した。
だが、無理矢理ひっぱっていかれ、数日後K高の制服ができあがってきた。私はもう観念するしかなかった。

そして4月・・・何日かもう忘れたが、K高の入学式に出る私の姿があった。
だが、このいやいや通うはめになったK高が、私の人生で一番楽しい時期になるとは・・・その時は想像もしていなかった。
そう、私の高校生活は友達にも恵まれ、とても充実した3年間となったのだ。最終的には行って良かったって思えるほどに・・・。

なので、今更、書類を書いてくれなかった中学教師を恨んではいない。
思い出すと腹はたつが・・・。
ただね、K高に入ったことにより私のその後の進路が少し変わってしまったというぐらいでね・・・。
スポンサーサイト

コメント

>mickymama♪さん
mama♪さんも女子高だったのね~。
どんな感じだった?mama♪さんが行ってたのはなんかきっとお嬢様がいってるような上品な女子高ってイメージがあるけど・・・(爆)
高校時代の友達はいいよね。よく中学時代が一番って人もいるようだけど。
私は中学時代までがかなりひどい生活というか、大嫌いでいやいや行ってたからね~。
高校はあれだけ嫌がってたわりに3年間皆勤だったのよ。自分が努力したからじゃなくて・・・・誰かのお蔭かね??(爆)

  • 2006/09/16(土) 09:38:29 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>ひよりちゃん
だしょ~~? ほんと人生ってわからんものだよね~。
でも、この高校入学事件が私の中では割と大きな事件だったけど、結果的には万々歳だった数少ない、良い結果をもたらす出来事だったことは確かみたい(笑)
嫌なことも確かにあったけど(男子がいたことで)、それ以上に本当にお友達に恵まれたってのが一番の宝かな。
そして・・・(*≧m≦*)ぐふっ 彼と出会えたことも。。。
でも、彼と出会えたことっていいことだったのか、悪いことだったのか・・・
かなり微妙~~~(爆)

  • 2006/09/16(土) 09:34:28 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>涼さん
公立の女子高・・・この辺でも普通なんですよ。
県内1番のトップクラスが入る高校は公立で男子校と女子高にわかれてますし、私がいる県北でもこのへんじゃ1番の進学校は公立で女子高と男子校ってわかれてるの。結構レベル高いところでも公立の女子高って多いですよ。
都会だと、田舎と考えが逆なのかな? 私立っていうとすごくいいとこ坊ちゃんお嬢ちゃんがいくレベルが高いってイメージですけど、この辺は私立はレベルが低い傾向があるんですよね~。だからみんな滑り止めとして受けるんですよね。まぁ、例外もあるんでしょうけど。
今は女子高・男子校って分けるのはよくないっていう傾向があるらしく、数年前から共学に変更してる学校が多いそうですね。家の県はその中でも女子高・男子校って別れてる学校が多い県だそうです。古いのかね??(^^;;
でも、突然共学になると、ハ~レムになる学校が多いみたいですね。まぁ、段々均衡がとれてくるんでしょうけど(笑)

  • 2006/09/16(土) 09:29:31 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

私も女子高でした。
公立へ行きたかった気もするけど、バスや電車に乗って都会に行きたかった方を優先しちゃったかな?(笑)なーんてね!
私にはそれが合ってた気もするし、一番の友人って今でも高校の友達なのよね~

でも人生ってどの道が正しいのかわからないよね~結果を見てからしか判断できないし…
自分で切り開く道・切り開かれた道…
最後に良かった~と思える道で進んで生きたいよね♪

  • 2006/09/15(金) 17:07:24 |
  • URL |
  • mickymama♪ #vR9mrw4c
  • [ 編集 ]

人生、どこでどう変わるか分からないものなのね~。
RINOちゃんがそんなに嫌がってた高校が、結局一番楽しい時期になったんだから。
結果的にはよかったんやろうなあ。
女子校かあ~。私も憧れたわ~。
うちの県内の女子校はベレー帽でね~、なんだか制服がかわいかったのよ。
私の高校はセーラー服やった。高校に楽しい思い出ってあったかなあ?思い出せない。

  • 2006/09/15(金) 14:42:03 |
  • URL |
  • ひより #-
  • [ 編集 ]

ちなみに私は女子高出身です。公立の女子高、珍しいでしょ。こちらは、公立の女子高と男子校があったんです。学力的に共学のA校が一番、そして男子ならB校(男子校)、女子ならC校(女子高)D校(女子高)と続きます。それからは、共学の商業や工業など・・・続きますけどね。
私は、もちろんA校なんかには入れませんですから…(笑)自然と女子高の道を選ぶことになりました。だから、私と同年代の女性は、ほとんどが女子高出身ということになります。
今は、B校もC校もD校も共学になりました。共学になった初年度は、200人の定員の内、男子が8人とかだったらしいです。ハーレムじゃ~~(笑)

  • 2006/09/15(金) 01:41:00 |
  • URL |
  • 涼 #gS/xbSlc
  • [ 編集 ]

>独裸絵悶さん
わかりますよ!その気持ち・・・・。
魅惑の世界ですね(*≧m≦*)ぐふっ
まぁ、女子高の現実って・・・・すごいらしいですよね(爆)
恥じらいがなくなるとか・・・・(='m') ウププ
ってことで、やっぱり学校は共学がいいそうですよ(* ̄m ̄)プッ


>ゆっちさん
ゆっちさんは共学へいきたかったのかぁ~。
まぁ、周りにおんなばっかりだと確かにこわいかもね~。
と最近思うようになってきた(爆)
要は友達次第なんだろうけどさ。
私は共学へ行ったお蔭で彼と知り合えた(*^m^*) ムフッ
いや、共学へいったせいで彼のことを知ってしまった・・・ってのが現実的感情かな。。。(汗)


  • 2006/09/14(木) 08:20:08 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

私は男女共学に行きたかったのよね。行けなかったけど・・。
私、相当なお馬鹿なので、当時の担任に、お馬鹿な高校下から3つ挙げられて、この中から選びなさいって言われたのよ(笑)
でも、その3つはどうしても行きたくなくて・・。
で、結局下から4番目の高校に入ったのよ(爆)
高校生活は楽しかったから良かったけどね~♪

  • 2006/09/13(水) 09:59:01 |
  • URL |
  • ゆっち #s.Y3apRk
  • [ 編集 ]

私もね・・女子高への憧れ
があるんです。それもいっぱい!。
でも。現実をしったら。。ショックなんだろうなぁ~

えっ。。意味が違う・・・m(__)m。
思わす表題に釣られた私です。

  • 2006/09/12(火) 21:41:07 |
  • URL |
  • 独裸絵悶 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。