つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教師の謝罪

今の親はとにかくうるさい。何かあるとすぐに学校に怒鳴り込んでいく。
だから教師も滅多なことはできないし、やらない。そして子供がどんどんつけあがる。。。

とにかく学校側と父兄側とがうまく噛みあってない学校が多くなってるのではないだろうか?

私たちの時代は親が学校まで怒鳴り込む、わざわざ文句を言いに出向くなんてことは滅多になかった。先生は悪いことをした子供はどんどん叱ったし、子供も多分それを納得していたんだと思う。
つまり両者の間に信頼関係があったのだろう(今と比べて)。。。。

今は・・・・先生が悪いのか、はては親が悪いのか・・・?
先日のレスでもちょっと書いたが、きっとどちらも未熟なんでしょうね。


さて、前置きはここまでにして・・・実は私の両親ももちろん今のようにいちいち学校にクレームつけるようなことはほとんどなかった。
私は当時大人しかったし、悪いこと、叱られることなどもほとんどしない子だったから・・・。
ただ、家の親、学校に・・・というか担任に文句を言ったことがあり、担任が謝罪したという事件が2度ほどあった。

別に何か大それたことをしたわけではない。担任にしてみれば教育の一環。ただそれだけだったのだろう。
ただし、私の心はそれでは済まないほど傷ついていたのだ。
で、その担任、お察しかと思いますが、先日の「真実は・・・」に登場した担任である。
この担任、5~6年生の2年間私たちの受け持ちだったのだ。
私がこの担任があまり好きでなかった理由は実はこの二つの事件(?)
事件ってほどでもないか・・・出来事にあるのだが・・・。ここに牛乳嫌いが絡んでくるのよね。。。(笑)

私が小さい頃から大変少食だったというのは、もう皆様ご存知だと思います。
1年生の事件以来、私はずっと給食で牛乳が飲めなかった。1~2年の頃はストローをさすぐらいはしてたけど、その後はそいう行為もせず、毎日のように給食が終わると残飯入れに牛乳をすてていた。
確かにもったいない行為である。説教好きな方がいたら、「世の中には食べたくてもうんたらすんたら・・・・」と説教たれる人もでてきそうな行為であるとは思う。
しかし、どうしてもダメなものはダメだったのだ。他の生徒だって好き嫌いがある子は結構いた。おかずに入っているにんじんやピーマン、トマト、お肉。わざわざよけて食べ、そのまま捨てる。しかし、これらの行為は目立つことがなかったのか、あまり先生の目に留まることがなかったのだろう。
しかし、毎日出される牛乳。これを飲まないで捨てるという行為は大変目立っていたのかもしれない。

5年生のある日、私は先生に注意された。
「どうしていつも牛乳を飲まないんだ! みんな飲んでいるだろう! もったいないとは思わないのか?」
大人しかった私はうつむいたまま何もいえなかった。だって、私だって好きで捨てていたわけではなかったし、捨てることに罪悪感も感じていたからだ。
「給食は好き嫌いなく食べるものだろう! 嫌いでも我慢して飲もうと思わないのか? 少しずつでもいいから飲んでみようと思わないのか?」
みんなの前で問い詰められる。恥ずかしい・・・・(涙)

そして、その後先生は信じられないことを言ったのだ。

「今日は○○(←私)が牛乳を飲むまでごちそうさまはしない。一口でもいいから飲め! じゃないとみんな給食を終われないことになるからな!」

教室中の生徒に向かってそう言い放ったのである。何人かの男子が「ええぇーー!!!!」という声を発した。

私はどうしていいかわからなかった。飲みたくない。でも、私が飲まなければみんなに迷惑がかかるのだ。

しかも担任は余計な事まで付け加えた。

「みんな、○○に注目!!」 ゲッ!Σ(・ω・;|||

大人しくて目立つの大嫌いで、いつも人の影に隠れるような子だった私がクラス中の注目を浴びている。それだけでも私には恐怖だった。どこからか、「早く飲めよな~」という男子の声も聞こえてきた。

さらに先生の言葉が続く・・・
「一口でも、二口でもいいから飲め!!」

私はクラス中が注目する中、震える手でストローの袋を破り、牛乳パックに差し込んだ。泣きたくて涙がこみあげてくる。
でも絶対にみんなの前で泣きたくなかった! だから堪えた!!

注目のなか震える手で牛乳をもつと一口だけごくりとした。
しかし、先生は一口では納得しなかった。先生の言葉が続く。
「もう一口ぐらい大丈夫だろう・・・」

仕方ないので震えながらもう一口だけごくりとやった。
もう、目からは涙がこぼれそうなぐらいだった。しかし絶対にみんなの前では泣くまいと・・・涙をこぼすまいと必死で目をこじ開けていた。
二口飲んだあと先生は言った「みんな、○○に拍手~~」
みんなは私が牛乳を飲んだということに対して拍手をした。しかし、私にはもうそんな拍手はどうでも良かった。なにがめでたくて拍手なんてされなきゃならないのよっ!!

結局その2口で先生は許してくれた。
そしてみな無事に「ごちそうさま」をすることができた。
みんなが片付けのために席を立つのと同時に、私は牛乳パックを握り締めて手などを洗う流し場へ向かった。そこで残りの牛乳を捨てていた。
心配した友達が隣に来て「○○、大丈夫?」と声をかけてくれた。
涙がこぼれ落ちた。一つこぼれると、もう後から後から噴き出してきた。そんな顔を見られたくなく、少し横を向きながら無言でコクリと頷いてみせた。友達は私が泣いているのに気づいていただろう。
「あまり気にしないようにね」
そういうとその場を去って言った。顔を見られたくなかった私への思いやりだったのだろうと思う。

小さい頃の私は大変デリケートな子供であった(今もだけど)。
なんでそのくらいで泣くの?って疑問をお持ちの方もいるかもしれない。しかし、この出来事は私には大変な恐怖でショックなことだったのだ。

さて、学校から帰ると私は早速このことを母に告げた。
普段他の子のコトで立たされたとか、正座させられたとか、そんなことはいっさい母に報告したことはなかったが、今回のことは私にはかなりショックだったからだ。
「給食なんてもう食べたくない」とも言った。
コトの始終を聞いた母は早速学校に電話をした。担任を呼び出して話をしたらしい。なにをどのように話したのかは私はわからない。
ただ、その夜、担任は我が家に謝りにきた。

「みんなの前で無理なことをさせてしまい○○ちゃんを傷つけてしまって本当に申し訳なかった。好き嫌いは誰にでもあるが、牛乳が嫌いな子供はほとんどいなかったもんで、大人げないことをしてしまった。」そんなようなことを言っていたと思う。

もちろん、牛乳が嫌いという私にも非はあるのだ。だから私も親も先生ばかりを責めるつもりはなかった。だが、みんなに注目までさせて飲ませたのはやりすぎじゃないのか!!と、家の親は言いたかったのだ。

結果、私はそれ以来牛乳を飲むということを免除された。その代わり、捨てるのではなく家に持ち帰るか、飲める人に飲んでもらう。
捨てるのはやはり勿体無い行為であるのでやめよう・・・。

私と先生の間でそのような約束事がなされたのである。
結果、小学校を卒業するまで、私はその約束をずっと守り続けることになった。

でも、やはり私にはこの先生に対する不信感は消えることはなかったかな。もうひとつ・・・同じような事件があったしね。。
スポンサーサイト

コメント

>ひよりちゃん
た・・・確かにこの先生自分の教師生活に自信もってただろうね~。
でも、かなり生徒とはぶつかることあったよ。特にやんちゃな生徒とはね~(笑)
私は大人しい方で叱られることってほとんどなかったのよ。そしたら今度は、「あの先生は○○(←私)を贔屓してる」だの悪態つく子供もいたし。この先生の時はとにかくロクなことがなかったのよ。
先日の「真実とは・・・」の独裸絵悶さんのレスで書いたように、この先生は数ヶ月前になくなったのよ。私たちが教わってた時ももう結構年だったし。っていっても40代後半~50代前半ぐらいだったのかなぁ。
校長にまでなった人だから、教師生活は真っ当できてたんじゃないかな~。

  • 2006/07/17(月) 08:06:59 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>ごっこちゃん
(゚ロ゚;)エェッ!? そうなの? 今じゃこんなのも虐待になっちゃうわけ?
私はそこまでは思わないけど、見世物にされたことがすごくショックだったよ~。ほんとこの先生自己満足の世界に入ってたよね。
拍手~~って、こっちの身にもなってみろよっ!!子供だってそれぞれなんだよ。拍手されて自身持つこもそりゃいたかもだけど、私には大変迷惑だったことだけは確かよっ! 先生だってプロ意識もってやってもらわなきゃ・・・一人一人の個性をもっと大事にして欲しいよね。

  • 2006/07/17(月) 08:00:55 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>ゆっちさん
でしょ? なにもクラス中の見世物にすることないじゃん!!
普通にさ、「嫌いでも頑張って飲めよ」ぐらいに声かえてくれれば、こっちも「頑張ってみようかな?」ぐらいになったかも(多分私はならなかったけど)なのにさ。
確かに今の先生は甘すぎとも思うけど。。。昔の先生は意地悪が多かった!!(私からみると)

  • 2006/07/17(月) 07:52:08 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

>独裸絵悶さん
2年間お世話になったにもかかわらず、あまり好きでない先生だったもんでどんな先生だったのかよく憶えてないんです(^^;;
私にとっては兎に角嫌だった!!ただそれだけの記憶なんですよ~。
ただ、確かに父兄にはそんなに評判の悪い先生ではなかったですね。
生徒たちの間では・・・・・・・・・・でしたけど(汗)

  • 2006/07/17(月) 07:48:57 |
  • URL |
  • RINO #qsvP4ThM
  • [ 編集 ]

( ̄△ ̄#) ウラー
おっさん、やりすぎ!!!
おおかた金八や中村雅俊の教師もんドラマに影響されて熱血に走る自分に酔ってたんだろうけど、子どもの気持ちが置き去りだよ。
思うんやけど、この先生って、自分ではものすごーく自分の教師生活が充実してたやろうなあ。
俺はやってるぜ!!!
って気分やったんやろうなあ。
自分の理想にクラス全員を詰め込みたがる。
でも、本当にこういう先生ってツボにはまると「こんな一生懸命な、いい先生はいない。」になるんでしょうね。先生が一生懸命だったらそれでいいのか、っていうとそうじゃないもの。
この先生、今はもうそれなりに年も取ってるだろうけど、この頃の自分について今どう思ってるか是非聞いてみたい。
自分さえ一生懸命なら生徒の気持ちは置いてけ堀でも仕方ない。
って、今は思ってないことを祈るよ。

  • 2006/07/15(土) 08:39:08 |
  • URL |
  • ひより #-
  • [ 編集 ]

食べ物でも、飲み物でも、こういう事は今じゃ虐待の一つに入るんだってね。言葉や暴力だけじゃないらしい。
先生はみんなに声をかけて、その前でRINOちゃんが嫌いな牛乳を飲んで拍手されれば、それが自信に繋がって牛乳を克服出来るなんて思ったのかもね。熱血すぎるのも考え物よね~。

  • 2006/07/15(土) 07:37:23 |
  • URL |
  • ごっこ #-
  • [ 編集 ]

みんなに注目されて嫌いなものを・・ってのは
ちょっとひどすぎるね!
苦手なものを克服させようというのはわかるけど、
他にやりかたがあったはず。
嫌だな~そういう先生(--;)

  • 2006/07/14(金) 10:14:23 |
  • URL |
  • ゆっち #s.Y3apRk
  • [ 編集 ]

その先生って大変に正義感の強い先生なんでしょうね。
正義感の強い人にありがちな、正義感の押し付け・・・
堪りませんねぇ~。

でも、そんな先生はツボにハマるととっても良い先生に見られてしまうから・・・難しいもんです。人間って・・・。

  • 2006/07/13(木) 22:55:42 |
  • URL |
  • 独裸絵悶 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。