つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン大会(2年生編)

やってまいりました。毎年この季節に行われるマラソン大会。
1年ってほんと早いです。今年は昨日が本番でした。

去年の様子はこちら・・・クリック
練習ではなかなかの好成績。6位までが入賞なので、本番でもまぁ大丈夫かな?本人はさらに上を狙ってたようだし・・・。って、私も期待に期待していたが・・結果は・・・・。顔では、口では、「頑張ったね♪」って誉めたけど、少々複雑な思いがあったのは否定できなかった。


んで、今年・・・
相変わらず練習は好成績でした。
13marason2-1.jpg

最初2位という順位を持ってきたときは、今年はもしかして1位を狙えるのでは???なんて勝手に大きな期待をしていたが・・。
でも1位の子はかなり早いみたいで・・・。

「お母さん、○○くんはね~、10位以内に入るとご褒美もらえるんだって~。いいなぁ~」
( ̄ ̄ ̄ ̄□ ̄ ̄ ̄ ̄)チッ 私はモノでは釣らんぞ。。。でもね、やる気を失くしたら大変だから・・・
「それじゃ~、うちは1等とったらご褒美ね」と一応言っておいた(爆)

去年はどんなに頑張っても練習で4位以上にはなれなかったのだし、1位をとるのは相当難しいことは私にもわかる。それでも本人が頑張って1位を取ったならそれは本人の頑張りも並大抵ではないはずである。だから1位をとったらまぁご褒美のひとつでも・・と思っていたのだが(笑)
2度目の練習では6位(これは途中で押されて転ばされさらに蹴飛ばされるという災難にあったようである)だった。団子になって走るのでまぁそういう事故もありうるのよね。


さて、昨日の本番。結局ゆうとの最終的な目標は5位以内と決めたようだ。
2年生は10時15分からということで、私は10時ちょい前に家をでた。すると同じ分譲地内の同じクラスの女の子のママもちょうど家をでたところで、バッタリ。一緒に学校まで行くことに。。

去年は校庭を5周するとばかり思っていたもんだから中途半端な場所にいたのだが、今年は勝手がわかってるため、最初は裏門の近くで待ち構えていることにした。
2年生は1年生と同じく1000mなので、去年と同じルートである。

いよいよ2年生の男子がスタートした。。。
くるくるくるくる・・・・団子になってくるよーーー。
どこに我が子がいるんだかさっぱり解からないけど、一応カメラを構えてぱちりとやっておいた。運がよければこの中におさまっているだろう。。。
一緒にいたお母さんが、「ゆうとくん、いたわよっ!!」と私より先にゆうとを見つけて教えてくれた。その時はもう私たちの脇を抜けて校外にでるところ。写真はもう無理。。。。先頭の団子集団の真ん中あたりにまぎれて走っていた。確か去年は先頭で裏門を出たとかいってたが、今回今この位置で大丈夫なのか??いささか不安が走る。。。1分遅れて女子がスタートするが、一緒にいたお母さんが、「男の子は早いからゴール位置で待ってたほうがいいわよ。私も娘を撮ったらいくわ」という助言で私の方は一足早くゴール位置に移動。

外を走っているときは様子がわからないので、どの順位で戻ってくるのか皆目検討がつかない。待ってる親は…o(;-_-;)oドキドキ♪

しばらくすると早速先頭の子が正門から校内にもどってきたようだ。練習でもいつも1位の子らしい。やっぱりね。。。
で・・・ゆうとは???
去年は私の期待が大きすぎて、8位というそれでも立派な成績にもかかわらず、少し複雑な思いをしたが・・・。
1位の子はダントツだったが、その後は次々と戻ってきた。私より先にまた一緒にいたお母さんが「あっ、ゆうとくんよっ!」と見つけてくれた。その時点で6位!!!w(゚o゚)w オオー! もしかし、このままいけば今年は入賞か????((o(^∇^)o))わくわく←私の心の中

校内に戻ってから校庭を1周してゴールになる。ゆうとの前後、間をほとんどあけずにすぐ前を走る子。しかし、後ろからも距離をあまり開けずに2~3人走ってきている。
「このまま逃げ切ってくれぇ~~~~~」
校庭の向こう側を走ってる子供たち、なんだか抜いたり抜かされたりの子供たちのラストスパート合戦がはじまっていた。家の子はどこじゃ~~??見分けがつかないよぉ~~。もしや、また抜かされて入賞はペケ×か??
と思っていたら、また一緒にいたお母さん「ゆうとくんよっ!!!」
ゴール直前にようやく我が子を発見4位に順位を上げて戻ってきた。そしてそのままゴールインワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ
去年のリベンジだわーーーー(爆)

よくぞ頑張った!!!我が息子!!!

男の子が全員ゴールしないうちに女の子も戻ってきた。女の子はだいたいいつも順位が決まってしまっているようで、先頭は去年も今年もぶっちぎりで同じ子。この子は短距離も早い。ぶっちぎりの速さで2位以下を大きく離してゴールしていた。
一緒にいたお母さんのお子ちゃんは8位でゴールイン。これも立派。去年は12位だったらしい。お互い4位ずつ順位を上げてのゴールだった(笑)

どうも家の子のクラスはのんびりやさんなのか・・・ゆうとは去年8位だったけど、クラスでは1位だった。
今年も4位だけどクラスでは1位だろう。一緒に応援したお母さんの娘さんも去年12位でもクラスでは2位だったようで、今年は8位。多分クラスでは今年も2位なんじゃないかな・・・。他のクラスに早い子が多いらしい。。。

さて全員が走り終わり、子供たちが教室に戻る際に少しだけゆうとと話した。ゆうとは4位という好成績も気に入らなかったらしい。
「でも、目標は5位以内だったんでしょ? 立派じゃん!」
「でも1位がよかった・・・」

(; ̄ー ̄川 アセアセ (; ̄ー ̄川 アセアセ

マジで狙ってたんかい??(爆)4位だってお母さん大満足だよ~♪
「でも、クラス内では1位じゃん!!おぉ立派、立派!!」と一応誤魔化しておいた(爆)

賞状(といっても立派なものじゃなくて小さなものらしいが)は後日いただけるそうで・・・本日は順位表だけもらってきた。

14marason2-2.jpg


よく頑張ったね (⌒∇⌒)ノ☆.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪
スポンサーサイト

謎の湿疹

10日ほど前、太ももの裏辺りに突如現れた赤いあざ。
私は普段ヘロヘロしてるが、肌は意外と強いほうでこれまでこれといったお肌のトラブルはない。
妊婦の時はさすがに腹の中の子供に栄養分やらなんたらをほとんど吸い取られたためか、夏に足の膝下の内側になぞのかぶれが発生し、痒くて痒くて掻いてるうちにかぶれが広がってかさぶた上になってしまったため、その時初めて皮膚科というものに診てもらっただけである。
その後、まだまだ妊婦ちゅうの冬場、それまでなったことがない手の甲のガサガサ、あかぎれまでおこし、それまでほとんど使ったことがなかった保湿クリームを塗り塗りしていたこともあったが。子供を産んでからは手のほうのトラブルはぱったりおさまった。

しかし、出産して8年、毎年でもない・・・ごくたまぁ~に、季節を問わず・・・といっても、冬場がやっぱり多いかな。妊婦中に皮膚科に通ったときとおなじようなかぶれのような症状がでることがあったが、案外軽く、保湿剤をぬっとけば自然に治っていた。
だから、今回もそれと同じだと思っていた!!

ところがである。2~3日すると湿疹というかかぶれというか・・・それが広がり、膝の裏~ふとももの裏に湿疹が多数。かぶれも広がり、腕にもボツボツと湿疹が・・・(汗)
なにこれぇ~~~~!!!!

1週間ほど前、毎月の薬をもらいに通院している医者に行った際に、ついでに湿疹もみてもらった。
その時点では上記の足と腕の湿疹のみであったし、まだそんなにたいしたことはなかったのだ。薬疹でもなさそうだし、虫(ダニなど)でもなさそうだ・・ということで、何が原因かわからないが、塗り薬とかゆみ止めを処方してくれた。

かゆみ止めは飲薬だったため、普段から薬漬けの私は、せっかく処方してもらったが一度も飲まず我慢していた。塗り薬は毎日せっせとつけていた。しかし、自分では見えない場所のため子供にぬってもらったり・・・。

ところが、日がたつごとに湿疹は治るどころか増える一方。翌日にはお尻の上あたり(腰よりちょい下)にも症状が・・・。そしてその湿疹とかぶれはその後背中にも出始めついにはおなかのほうにも出始めた。
つまり、顔を覗く全体。。。(膝下にはでてないが)に瞬く間に広がったのである。
もしかして食べ物が悪いのかなぁ?? 同じものばっかり食べてたからなにかの食べ物のアレルギーか??
かぶれたところはところどころ、どす黒くなっていたり、白っぽく粉が吹いたような状態になってたりする場所もある。
もしや私の身体、カビてる???(滝汗)
もしかして私の身体、全身腐って死んじゃうかも~~。・゚゚ '゚(*/□\*) '゚゚゚・。 ウワァーン!!

さすがにビビッった私は本日、皮膚科の専門の医者を受診してきました。

結果・・・・・

ジベル薔薇色粃糠疹(ジベルばらいろひこうしん)

という病名をいただきました。

なにやら、ややこしくて一度聞いただけじゃ覚えらんない名前だが、それほど珍しくはない症状だそうです。
最初に一箇所発疹だかアザだかができ、その周りにどんどん湿疹が増えていき、酷い人は全身にドバーーーーーと湿疹がでるそうです。

特効薬は特別なく、ほっといても自然と治るそうで・・・。なので、そこの皮膚科では特別薬は出してないそうです。
かゆみはほとんどなくて、首から上に湿疹がでることもないようで・・・。これにはε=Σ( ̄ )ホッ
ただ、治るまでの期間がちょっと長く、だいたい1~2ヶ月から長い人で数ヶ月かかるようです。

「でも、先生・・・・時々すごく痒くなるんです!!!」

と私が訴えると・・・・
先生曰く・・

「それはね、多分・・・認めたくないでしょうけど・・・・



    年のせいです!!!! 



これからの季節は特にそうだけど、肌が乾燥して痒いんだと思いますよ」

   ・・・・・・( ̄  ̄)・・・・・・


「あのぉ~、それじゃ、湿疹のところが痒いっていうのはたまたま偶然なんですか?」
「多分そうだと思います。もちろん、軽いかゆみがでることはありますが、この湿疹の場合は強いかゆみはほとんどでませんからね~。だから、もしかゆみが酷い場合は保湿剤なんかつけるといいかもしれませんね。湿疹の薬はとりあえず出しませんが、保湿クリームだしときますね。」

・・・・・  _| ̄|○ ガクッ

「で・・・あのぉ~・・・、今まで塗ってた薬は??」
「あぁ~、それは塗っても塗らなくても一緒なんで、塗る必要ないですよ~」

・・・・・  (_△_;〃 ドテッ!

ってことで、保湿クリームを処方してもらい家路につきました。。。

そうよね・・そういえば、ここ数年冬場になるとやたらお肌が痒くなってボリボリ掻いてたもんなぁ~~~(T▽T)はははっ

今日から保湿クリームすり込みます!!!

  それにしても、この発疹いつになったら完治するかな・・・
   夏じゃなくてよかった・・・かも。。。。

漫画の中の惚れちゃう男2

今日は現在マイブームの漫画家さんの作品オンリーでいきます!!
っていっても、私は未だにイザークに惚れてるし、藤臣くんにも惚れてるけど・・・(爆)
私って・・・気が多いんだわ・・・・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・

実は今くらもちふさこさんの漫画がマイブームなんです。
といっても、好きな作品は限られてるんですけどね・・・。

くらもちふさこさんといえば、私がリアルで別マを購入していた時期、よく連載で描かれてましたね・・・。どちらかというと私より少しだけ上の方のほうがファンが多いんじゃないかなぁ~と思うけど。。。。
私の年代でもバンバン描いてる人でしたから、ファン層は幅広いかも。。
けどね・・・、実は別マをリアルで読んでいた頃・・・わたしはこの方があまり好きじゃなくて・・・。やっぱりね、絵が苦手だったのよ。ストーリーも読んでてあまり面白いと思わなかったのね。いったい何が描きたいのかさっぱりわからなくて・・・。だから彼女の作品はほとんど飛ばして読んでたのよ。

だけどね、これはいつ連載されたやつだろ・・・。一つだけ、連載時にリアルで夢中になって読んでたものがあるのよね。
それが『海の天辺』
中学生の女の子が先生に恋しちゃうお話なんだけどね・・・。
多分私が専門学校時代か、卒業した20歳代前半ぐらいに連載されてたのかなぁ。。記憶が曖昧です。。

何故この漫画だけはリアルで読んでたのか・・・。かなり夢中になって読んでましたからね~。しかも、単行本まで買ってしまったというぐらい気に入っちゃったんですよね。

多分・・・・そう、恋しちゃったんですよぉ~私も・・・・その先生に・・・(*≧m≦*)ぐふっ

ってことで・・・・
前置きはここまでにしてマイブームの本、今2タイトルあるんです。
先日、古本屋で何かないかなぁ~って見てたらふと目に付いた・・・・。
単行本は嫁にきたときに古本屋に売ってしまったが、やっぱりもう一度読みたくなった『海の天辺』全2巻。それと並ぶようにして置いてあった『東京のカサノバ』全2巻。これらを衝動買いしちゃったのよね。。
んでもってこの2冊どちらにもはまりこんじゃったのよ!!
『東京のカサノバ』のほうは私は知らなかったので、『海の天辺』よりもずっと後の作品だと思っていたら・・・それ以前に描かれていたものだったんですね。

くらもちふさこさんの有名どころと言えば『いつもポケットにショパン』、『アンコールが3回』、『おしゃべり階段』なんかが挙げられると思うし、私も読んだことなくてもこのタイトルだけはよく目にしていた。けど、『東京のカサノバ』は全く知らなかったのよ。なのでそれほど期待もしてなかったんだけどね・・・見事嵌った(笑)

ってことで、「惚れた男」の解説いきまっす!!(爆)

河野和彦(かわのかずひこ) (『海の天辺』文庫版全2巻)集英社
 中学2年生の椎名が好きなのは、新卒で新しく入ってきた河野先生。女子にも男子にも人気がある先生です。3年生になって河野先生が担任になり、そしてふとしたきっかけで椎名の気持ちが先生にバレてしまいます。河野先生には家庭科の先生との噂がありましたが、それは解決。だけど、実は怖いと評判の音楽の山崎先生と・・・・・。ちなみに山崎先生は子持ちで旦那さんはいません(死別か離婚か不明)。
職員室で偶然二人の会話を聞いてしまった椎名。河野先生を軽蔑してしまいます。でもそれでも好きな気持ちは変わらなかったんですね。
山崎先生は椎名の気持ちを知り河野先生の鍵をわざわざ椎名に預けます。
「先生と生徒のラインをなくしたいなら、あなたの手で私たちを終わりにしなさい」
山崎先生が鍵を椎名に渡す時に言った言葉です。普通中学生の女生徒にこんな事言って、鍵を渡す先生がいるか??
非現実的なんだけど、この山崎先生の行動にはしびれましたね~~。
河野先生の方は椎名を一人の生徒としてみながらも、だんだん椎名の一途さに惹かれていってたんでしょうね。椎名の行動が気になってる様子がところどころで覗えます。
そしてある日、遂に椎名の想いが通じるときが・・・(〃ω〃) きゃぁ~←この場面でもしびれました(爆)
でも、二人はまだ先生と生徒。公にすることはできません。
卒業式の前夜、椎名は河野先生に「卒業式が終わったら、家にきてお母さんに私たちのこと言って」と言います。河野先生は最初は渋りますが、「行くよ」と。。。
そして卒業式の夜・・・椎名の家に先生がやってきて・・・・
.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪ もぉ、この場面でノックアウトでした(爆)

先生と生徒の恋を描いた漫画って珍しくないと思いますが、中学生と先生ってのはあまり見かけませんよねー。ヘタすりゃ犯罪じゃん!!って感じだし(汗)
でもね、この話は引き込まれます。っていうか、河野先生がカッコ良すぎて~~~(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)
私が学生の頃にもこんな先生いたらなぁ~~って、ほんと羨ましいですよ。でもさ、現実的に考えて、元々モテモテの河野先生は椎名が高校を卒業するまで待てるのか??って思っちゃうんだけど(爆)
まさか、高校生のうちにテをつけちゃわないでしょーねぇーーー!!!
って、何考えてるんだ!!!!>私!

え~~、気を取り直して次いきます。

水上暁(みずかみあきら=通称ちぃちゃん) (『東京のカサノバ』文庫版全2巻) 集英社
 ターコにはお兄ちゃんが二人。長男はおーちゃん、次男はちぃちゃん。ターコはこのちぃちゃんと一緒に寝ちゃうほど仲良し。かなりのブラコンなんです。実際、ちぃちゃん、すっごいカッコイイんですよね~。なんていうのかな・・・、男の色気というのか?そんなのがある。カッコよくて妹思いで、やさしくて・・・。でもちょっと女に軽いところがあるかな(笑)
ところが、ある日たーこはおーちゃんがおばあちゃんに話していることを聞いてしまいます。
「俺なんとなく記憶にあるんだよね。暁がこの家にもらわれてきた日のこと・・・」。
そう、実はターコとちぃちゃんは血のつながりのない兄妹だったんです。
ターコは信じられませんでしたが、その後思い当たることがちょこちょこあり、とうとう戸籍で真実を知ってしまいます。
その後も何事もないように振舞うターコですが、兄から男としてみるようになってしまったちいちゃんから少し離れるため、兄離れしようと決意しますが・・・。
 さて、ちいちゃんのほうですが、彼の方は実はもっと以前から自分が養子だということに気付いていました。その上でターコののことが妹としてではなく女として好きだったんですね。でもあくまで接する態度は妹。お互い血のつながりがないということを知らないと思っていたんですよね。
ちいちゃんは実は有名女優の息子。16歳で子供を産んだその女優はターコたちの母親が当時マネージャーをしていたこともあって、生まれた子供をどうすることもできずターコの家の養子として育ててきたのです。
たーこの一家は家族ぐるみでその女優のファンですが、ふとしたきっかけでちいちゃんはその女優(実の母親)と再会してしまいます。
後日、再び再会した女優にちいちゃんはある質問を投げかけますが・・・。

と、一応解説終わり(爆)かなり中途半端です(* ̄m ̄)プッ
気になる方は読んでみてください。ちいちゃんの虜になること間違いないでしょう♪
とにかく、今まで読んできた中ででも彼は別格ですね。ただかっこいいから惚れた!!っていうんじゃなくて、他の漫画家さんのキャラとは一味違うのよ。その言動、しぐさ、なにげないポーズ。。どれをとっても目をひく。。さりげなく描いてるんでしょうけどカッコイイんですね~。色気のある男ってのもあまりお目にかかったことなかったし。。。

ターコがちいちゃんにべったりなのがすごくわかる。
兄としても合格だし、彼氏にもしてみたい。。。そんなキャラなんですよね。
終わり方が、ちょっと~~これからどうなるの~?って感じですけど・・・。
この二人が近い将来結婚してくれたらなぁ~っていうか、描いた年代からして、現在ではちいちゃんは40過ぎてるし、ターコは私よりちょっと上ぐらいかな。結婚して楽しい家庭生活を送っていることでしょう。。( ̄  ̄) (_ _)うんうん

実はくらもちさんの作品があまり好きでない理由に女の子のキャラがかわいくない。コンプレックスの塊(それもわかるんですけどね)で見ていて(自分を見ているようで)イライラするってのが理由のひとつでもあったんです。でも、この2作品に関しては女の子のキャラもすごくかわいいですね。好感がもてます。
あと、初期の作品をみて気づいたんですけど、彼女の絵柄、初期のころと現在ではかなり変わってます。。。途中もどんどん変化していってるんですが・・・。
この初期の頃の絵をみてえ(゚○゚)!ときづいたこと。。それは真柴ひろみさんと前原滋子さんの絵風にそっくり! なんの作品か忘れましたが、「あれ?なんで四季くんがここにいるの?」ぐらいにそっくりだったんですよ。っていうか年代からしてくらもちさんのほうが古い作家さんですから、後の二人が影響されたのか、たまたま似たような絵になってしまったのかは不明ですが・・・。
目元は前原滋子さん、口元は真柴ひろみさんの絵って感じですね。
『カサノバ』や「海の天辺』の頃はまた絵柄が変わってますけど。。。

ちなみにこの2作品があまりに気にいっちゃったもんで、他の作品も読んでみよう!!と思いオークションでまとめて落として読んでみましたが・・・。
やっぱりこの2つが私の中ではダントツですね。上に書いた人気作品よりも断然いい!!
くらもちファンのサイトで人気男性キャラのアンケートをみると、まぁ、いろいろ出てきますが・・・、ちいちゃんと河野先生はやっぱり人気あります。とにかく魅力的♪ なんというか、先にも書いたけど私はこの人の絵はあまりすきでもないのにもかかわらずここまでハマってしまうのは、この方の描く男性・・・確かに外見カッコよいんです。でも、外がかっこいいなら他にもたくさんいる。雰囲気がいいんですよ~。独特の雰囲気をかもし出しているんですよ・・・この方が描く男性キャラは・・・・。
ちいちゃんもまさにそう!!ちいちゃんとと出会って以来、ちいちゃんのことを考える毎日よ・・(*゚o゚*)~゚ ボー あぁ~~漫画の世界から飛び出してきて欲しい~~~~。

ちいちゃんのような兄貴が欲しかったなぁ~( ̄▽ ̄)。o0○ ポアン

漫画の中の惚れちゃう男

久しぶりに漫画ネタいきます。興味ない方ごめんなさい。

その前に、先日書いた「読書感想文」のコメントで「日出処の天子」の話題がでてたので、さっそく読んでみました(相変わらず仕事が早いぞ>私!!)
以前この漫画読んだことあったんですけど、歴史が苦手な上に、山岸涼子さんの絵が嫌いなことにも輪をかけて・・・真面目に読む気になれずさらりと流して読んだため意味不明のままだったんですが・・・。
今回はじっくりと読んでみました。面白かったです(それだけかいっ!!)
いや、マジで面白かった。なんといっても厩戸の王子の設定が斬新過ぎてびっくりだわよ!! 超能力者?? ホ○?? Σ(- -ノ)ノ エェ!? って感じ。欲を言えば、終わり方が気に入らなかった。あそこまで描いたなら、彼が没するまでのストーリーを描いて欲しかったですね~。

で、本題いきます。
私が少女漫画なるものを読み始めたのは小学校に入ってから。少女漫画に出てくる男の子ってすっごくカッコイイんだよね~。
こんな男絶対いないよ!!って感じの、まさに10等身ぐらいの細身で足が長すぎるほどながくて・・・瞳はキラリ、さわやかな笑顔。加えてやさしくて性格もいい。
そんな男が出てくる漫画を小さい頃から読んでれば、そりゃ現実の男の基準もソレになっちゃうわけよ。私の面食いはまさしく少女漫画の影響だね。。。
ってことで、今回は惚れた男性キャラを少しだけ。。。
これ、挙げればきりがないもんで・・・・あまり深く思い出すのはやめて、パッと浮かんだキャラ&現在のマイブームのキャラだけを書きますね。私が惚れるのは王子様的キャラではなく、ちょっと現実的なキャラが多いと思います。

紺野芳弘(こんのよしひろ) (『瞬きもせず』紡木たく) 集英社 (参照
 いや~、彼はいいですね~。田舎の高校生って設定ですけど。本当に素朴で純粋。それでいてとてもやさしい。最初の告白シーンからしていい!!なんか、こういうのあるよなぁ~って感じ。しっかりしているように見えて弱いところもある。かよちゃんと付き合っていくうちにどんどん男っぽく成長していくのもまたいい!!このカップルは当時の高校生の理想のカップルでしょうね。紺野くんみたいな彼氏欲しかったぁ~♪

藤臣 功(ふじおみこう) (『千津美と藤臣くんシリーズ』ひかわきょうこ) 白泉社 (参照
 ひかわさんの作品は以前にも『彼方から』のイザークに惚れた!!と長々話題にしましたが・・・(笑)
この藤臣くんもかなりいい!! 私の理想のタイプ・・・たまに書いてるのでもうご存知かと思いますが、その理想通りの人がここにいたのか!!!!って最初感動しましたね~(爆) 背が高くスマートでもちろん顔もd(⌒ー⌒) グッ!! 無愛想で寡黙で近寄りがたいが、実はとてもやさしい。懐が深いんですね~。もちろん運動神経もよし!そして何より強い!!!! その風貌のせいでよく不良たちにからまれるのだが、負け知らず! その一帯では名の通った人物である。
しかし・・・彼の彼女がドジで間抜けでチンケなキャラの千津美。いったい彼女のどこが良いの?とみんな不思議がるけど、いやいやなかなかのベストカップルだと思いますよ。
だけど、現実的に考えると・・・・、私は彼のようなタイプとは付き合えないだろうなぁ~と思うわ。これは私の実体験から学習しました(爆)

高刀 柾(たかとうまさき) (『ボーイフレンド』惣領冬実) 小学館 (参照
 最初絵を見たとき、ちょっとクドくてあまり好みじゃなかったんですけど、読んでいくうちにはまりましたね。
彼も私の理想そのものって感じ。無愛想で無口。近寄りがたいタイプ。外見は文句なし(らしい)。中学時代はバスケで全国優勝をしている。喧嘩で有名進学高校を退学になり転校。実は生きることにすごく不器用なタイプである。家では父親と上手くいっていない。
転校先の高校のクラスメートである可奈子さんに惹かれるようになり付き合いはじめる。ちなみに可奈子さんは心臓病の持病があり1年遅れてるので、クラスの女子と比べるとかなり大人っぽい。
で!!彼の魅力はやっぱりその目立つ容姿なのでしょうね。彼自身は全然意識してないが、黙っていても人を惹きつける。自然に目がいってしまう。そしてバスケに関しては天才的。最初は尖がっていた彼の性格が、可奈子さんと付き合っていくうちにどんどん変化していく。もともと美男美女カップルだが、いい男は女をよりいい女に、いい女は男をよりいい男に成長させる・・・って感じ。
まぁ、不器用なところが、ちょっと母性本能をくすぐられるキャラですね(笑)

森島四季(もりしましき) (『BGMはいらない』前原滋子) 講談社
 彼の最大の魅力はその人柄。もちろん外見も文句なしなんですけど、人柄に惚れました。一見おちゃらけているが、何でも器用にこなす。人当たりがいいし、その性格で常に人気者である。包容力もあってそばにいると安心できるタイプかな。
主人公の女の子マリン(漢字忘れた)がある大学の学園祭で偶然しりあったのが、四季くん。その日のうちに意気投合。でも、マリンには同じ高校の同級生の彼氏(永遠くん)がいる。しかも永遠くんもメチャいい男でモテモテ。
後日、永遠くんと四季くんが兄弟だということが発覚。。。
マリンの気持ちは同級生の永遠くんより、大人の四季くんにどんどん惹かれていき永遠くんを振り、四季くんを選んでしまいます。そこからまぁ、ストーリーが展開されていくわけですが・・・。
以前もブログ(泣かされる漫画)でちらりと書きましたが、これ、最後がメチャクチャ悲しい結末です。四季く~~~ん、ひどいよ~~~(涙)


( -.-) =зフウー なんか、古い漫画ばっかですいません<(_ _)> 
軽く紹介のつもりがついつい長々と解説つけちゃうもんだから、しかも、文章が惚れた男紹介というより、ベストカップル紹介みたいになっちゃってるし~~。
っていうのも、書いてて気付いたんですが、私が惚れた男性キャラたち。上記はほとんど長編なんですが、みな最初のうちにカップルになっちゃうんですね。少女漫画にありがちな、途中女の子が悩んで悩んで最後にハッピーエンドっていうストーリーではないのだ。
最初のうちにカップルになり、付き合っていく過程を描いてる作品が多い。だから、それぞれのキャラの性格とかもよりわかりやすいのだ。何か問題にぶつかった時、喧嘩したとき・・・二人はどうやって対処していくのか、解決していくのか、相手をいかに思いやっているのか・・・がきちんと描かれてるんです。だからこそ余計に惚れちゃったんだろうなぁ。。。


実はこの後、現在のマイブームキャラを・・・と思っていたのに、ここまででかなり長くなったので、それは次回につづく・・ということで(爆)
いやはや、少女漫画読まない方、すいませんね~(笑)
では、次回もお付き合いくださいましぃ~~♪

初バトン

バトンってあんま興味ないんだけど、ゆっちさんとこで見かけたのでたまには答えてみよう。。。と思う(笑)

□■ルール■□
見た人は全員やること!絶対です!

(↑チェーンメールじゃあるまいし、これは無視して結構です。)

●好きなタイプを外見で答えよう!
背が高い。細身(ただし痩せすぎは×)。かなりの面食い。
芸能人でいうと・・・福山雅治、永井大とか好き♪

●財布はどんなのを使ってますか?
ソニアリキエルの緑の三つ折り。小銭のところはがま口にこだわります。札入れの部分は二つにわかれてるもの。

●携帯電話はどんなのを使ってますか?
D社のFOMA。色はグリーン。携帯も多機能になってますが実際私はメールと電話しか使ってません。

●使ってる携帯ストラップは?
ポケモンのアチャモ(←子供のお土産)。

●バッグはどんなのを使ってますか?
組曲の斜めかけショルダー(黒)。基本的に両手が空いてないとダメ。

●バッグの主な中身は?
財布・ハンカチ・ティッシュ・薬。これだけは必ず入ってる。遠出をするときは口紅とカロリー補給剤なども。。。基本的にごちゃごちゃとたくさん持ち歩くのは嫌い。
ちなみにバックには入れないがポケットに入れて持ち歩くものは、鍵、携帯、ホールズ。

●今はいてるパンツの色は?
(* ̄  ̄)b{ ひ・み・つ♪ ) もったいないからおしえな~い!

●星に何を願う?
健康な身体。健康第一です!!
あとは、子供が心身ともに健やかに成長すること。
旦那がリストラにあわないこと。

●もしクレヨンに生まれ変わったら、何色がいい?
何でクレヨン???(笑)
あえて答えるなら白(あまり使われないので長生きしそうだから)

●好きなスポーツは?
楽しんでやるとしたらテニスや卓球。(でも結婚してからやってない)
運痴なので基本的にはやるより観るほうが好きかな。

●好きな休日
質問の意味がわからん。。。好きな休日ってなに?

●最後に観た映画は?
映画館で観たものはかなり古いです。旦那との初デートで「タイタニック」。


●怒ってる時どうする?
黙る。物にあたる。自分の好きなことだけをする!

●夏か冬どっち?好き?
冬! 暑さにかなり弱い。真夏は外出できません!!

●最近泣いたのはいつ?なぜ?
一昨日。Dr.コトーを観て・・・。剛利さんが漁師に戻って良かった!!島の人みんなの人情に感動させられます(涙)

●ベットの下に何がある?
埃にまみれた床。

●昨夜何した?
バレー観て、ネットして、ミサンガ編んでました。

●好きな車は?
自分で運転したいのは、デミオ、インプレッサ(ワゴンタイプ)←10年前から変わってない。
現在運転してる古いタイプのCR-Vも好きかな。ただし、モデルチェンジしたニュータイプのCR-Vは嫌い。

●好きな花は?
チューリップ、かすみそう


以上です。お疲れ様でした>自分

留守番電話

これも一人暮らしをしていたときのことです。

仕事から帰ってくると留守電のランプが点滅していました。
さっそく聞いてみると・・・3件はいっていました。
3つとも家族から、つまり、父、母、姉からだったのよ。

当時父は会津方面(正確に言うと下郷町)に単身赴任、母は実家で一人、姉は東京住まいというみんなバラバラの生活。
それが珍しいことに同じ日に3人からメッセージが・・・
でも、それ、聞いてみると・・・

まず母・・
「もしもしRINOちゃん? お母さんだけど・・・また電話するから・・・」
そして姉・・
「もしもしRINO? ねぃちゃんだけど・・・また電話するから・・・」
父・・・
「もしもしRINO? お父さんだけど・・・また電話するから・・・」


・・・(- -) (- -) (- -) (- -) ・・・・

みんな同じじゃんかぁーーーー!!!!!

けどさ、一日に家族3人から電話が入るなんて後にも先にも私の人生でこの一回きりだったのよ。
でさ、気になって姉に電話してみたら・・・

「別にたいした用はないよ~。かけただけ~」

だったよ・・_| ̄|○

ってことは、あとの二人も別に緊急の用事じゃなくて、ただ掛けただけ・・・だったんだろうな。その後、電話なかったし。。。ε- (´ー`*) フッ

RINOは(BlogPet)

RINOは
いつ入荷するかもわからない状態だし、仕方がないので、途中から紙質変わるのは本位ではないが、電話紙を買うことにした。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サイファ」が書きました。

電話

一人暮らしを初めて間もない頃のことです。
仕事から帰って夕飯を終え、のんびりテレビを観ていた時電話のベルが鳴りました。

「もしもし?」
「あっ、RINOちゃんかい?」
「はいそうですけど・・・」
「おばちゃんだけど!」

おばちゃん??ハッキリ言って、わかりません!!!!
私にはおばさんと呼べる方は何人かいますが、小さい頃からうちの家族だけ内地に来てしまったため、親類関係の顔すら思い出せない人もいます。
その中で唯一声だけ聞いてわかるおばさんが一人だけいます。
やたら声がでかく、やたらおしゃべりな伯母さん。
受話器を4~50センチ離した状態ででも、はっきり何を喋ってるのか聞き取れるほどでかい声でしゃべるのよ! なので、普通に受話器を耳にくっつけてると電話の後耳が痛くなるほど・・・。

まぁ、そんなことはどうでもいいとして、その電話の相手はそのおばさんではないことはわかった。
しかし、どのおばさんかわからん・・・・(-_-;

私がいろいろ頭の中で思い出そうと思わず沈黙してると・・・
「おばさんだよ。わからない?」
「はぁ・・・」
「RINOちゃんだよね?」
「そうですけど・・・」
「おばちゃんのことわからないの?」

( ̄へ ̄|||) ウーム そういわれても、思い出せない・・とういうか、声だけではどのおばさんか判断できない・・・。

「えっと・・・どちらのおばさんですか?」
「(゚ロ゚;)エェッ!? RINOちゃん本当にわからないの??」

なんか、相手が不信がっている。だいたい、当時私に電話かけてくるようなおばさんっていなかったんだよね~。実家にいた時には上記に書いたでかい声のおばさん(父の姉にあたる)とはたまに喋っていたけどさぁ~。

「すいません・・・わからないです・・・」
申し訳なさそうに言ってみるが・・・だいたい相手も「おばちゃん、おばちゃん」言ってないで、こっちが判らないでいるんだからどこの「おばちゃん」だかさっさと名乗ってくれよ~~~!!

と思っていたら・・・
「RINOちゃん、いつもと声が違うけど・・○○RINOちゃんだよね?」
○○・・・(゚Д゚) ハア?? 私と全然苗字が違うじゃん!!!!!
間違い電話だよっ!!!!!!

「あの~、私確かにRINOといいますが、○○RINOではないですけど・・・」
「ええ??○○RINOちゃんじゃないの??でもRINOちゃんなんでしょ?」
「そうですけど、苗字は違います。お掛け間違いではないでしょうか?」
「あっらぁ~~~!!!ごめんなさいねぇ~~ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ」

   ガチャ!!!

偶然にもかける相手先が同じ名前だったのね~~。と私もびっくりしたが・・・
他人の家に電話かけたときはとりあえず苗字ぐらい確認しろよぉ~~!!

・・・ったく、人騒がせな「おばちゃん」だったわ!!!

かわいすぎ(*^^*)ポッ

毎度のチョコちゃんです(笑)

おしゃべりも順調です。デパートリーが増えてきましたが相変わらずまだはっきりと発音できないものも多いです。

現在発していると思われる言葉・・・
「チョコちゃん、ちゅっちゅっ」 これは最初に覚えたのでしっかり聞き取れます。

で新しく覚えたのは・・・というか、私が教えてたものは大体覚えてくれたようなんだけど、発音がねぇ~(笑)
まず、
「チョコちゃん、じょ~ず、ちゅっ」これは上手に発音できてます(笑)
「チョコちゃん、いいこいいこ~、ちゅっ」これ、たまに「いいこいいこ」の部分が「しっこしっこ~」に聞こえます(汗)
「チョコちゃん、おりこ~さん、ちゅっ」最後のさんをつけるときとつけないときがありますね~。

そうそう、「おはよう」はまだ覚えてくれてないみたい。昼間教えることが多いから私も「おはよう」はあまり教えてないせいかもしれない。

そして、なぜかどの言葉にも最後に「ちゅっ」がつきます。お気に入りのフレーズといったところでしょうか??

ちなみに自分の名前を「チョコチョコちゃ~ん」と勝手にアレンジしてるときもあります。かわいいです(*^^*)ポッ


さて、そのチョコちゃんですが、ビー玉に興味があるようで、子供がビー玉で遊んでると寄って来ます。
3choko-1.jpg

あっ、チョコちゃん、尻尾の毛並みが乱れてるわよっ!!毛づくろいは丁寧にしましょうね♪

で、ビー玉遊びですがかなり夢中になって遊んでます。もう我を忘れてといったように狂ったように遊んでることがあります。見てると爆笑です!!

で、あまりに夢中になりすぎるとおなかの下に入ってしまったビー玉をおいかけて前転することがあるんです。くるりんととても上手に(笑)

4choko-2.jpg

こんな感じ~~。かわいいでしょ~~(笑)

で、その後・・・
5choko-3.jpg

完璧ひっくり返ったまま、しばらく呆然としていることも・・・(爆)

まさに「何が起こったの??」というような表情でしばらくこの状態のことがあります。。。
子供と大爆笑です。

癒してくれます・・・チョコちゃん・・・・♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。