つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルキーを求めて・・・

えー、シルキーです。ミルキーじゃないですからね。

先日子供が通っている英語教室でハロウィンパーティーが開かれたのよ。
でね、そこの先生に頼まれて、私写真係をやることになったの。
まぁ、そこの先生の息子が家の子と同じクラスなもんで、教室に通う前からちょっと仲良くなり、子供同士はしょっちゅう遊びに行ったり来たりだし、先生というより私からするとママ友って感じかな。多分相手のほうもそう思ってくれてると思う。年も一つ違いだし、偶然にも誕生日まで一日違いでなんだか気が合うのよね。だから、頼みやすかったんだと思うのね。
以前、別のイベントのときも写真とって、そのお友達が写っている写真をプリントしてあげたりしてたもんで、それもあると思うんだけど。

私特別写真撮るの上手いわけじゃないのよ!!
なのに、「上手だから撮ってもらえると嬉しい~~」と頼まれたら断るわけにもいかないじゃん?(爆)
「でも失敗するかもしれないよ~」とは言っておいたけど、「他のお母さん方には写真撮ることは言ってないから失敗しても大丈夫ですよ~」って言葉にすっかり安心して、写真係引き受けました(笑)

さて、50枚ほど撮ってすぐに家のプリンターで印刷して渡しました。
で、一昨日必要な枚数を書いたものを受け取ったので、その数だけプリントし始めたのはいいのだが・・・
途中で用紙がなくなっちゃったのよ~~。
ちなみに、写真って自宅プリンタで印刷するより写真屋さんでプリントしてもらったほうがコスト的に安上がりなんだよね。だけど、私はご存知の通りものすごい出不精なもんで、毎回自宅で印刷してます。
しかし、今回はさすがに写真屋さんに頼めばよかったと後悔したよ。

まぁ、それはともかくとして用紙が切れたので今日買いに行ったのよ。
我が家から一番近い大型電機店。コ○マにね。車で5分弱ぐらいでいけるのよね。この辺のコ○マでは一番規模が大きいにもかかわらず、私が求めていた今まで使っていた同じタイプの用紙がないのよっ!!
ちなみに私が使っていたのはキャ○ンの「スーパーフォトペーパー・シルキー」というもの。光沢タイプでなくつや消しタイプのものだったのね。
私、光沢タイプってあまりすきじゃないのよ。テカテカしてるのは確かに綺麗にみえるんだけど、下手に触ると指紋が目立つというか・・。
だからつや消しタイプの方が好み。
だが、散々探したが光沢タイプのものばかりでこの「シルキー」が売っていない。。。_| ̄|○ ガクッ

以前買った電機屋さんに直接いけばよかったかなぁ。。。仕方ない、反対方向だけどそちらにいくか・・・。
でもまてよ。あそこの道沿いはもうひとつ大型電機店がある。ベイ○ア電機である。このお店はこっちの地方だけかなぁ~。とにかく、以前買った電機店に行く前にそちらに寄ったほうが道の流れを考えると都合が良かったので、まずはそこに向かった。
ったく、我が家とコ○マの位置関係からすると反対方向にあるため最初っからこっちに来ればよかったよ。。。と思いながら車を走らせ10分ほどしてお店到着。
ところが!!!!このお店にもない!!!「シルキー」がないのである!!並んでるのは光沢紙ばかり。んなばかな・・・(汗)
キャ○ンの製品だよっ!!どこの何だかわからんようなメーカー品じゃないってのに~~~。なんで置いてないんだよぉ~~。それとも「シルキー」って人気ないのか?だから置いてないのか??
一応店員さんに聞いてみたが「現在在庫の方が切れておりまして~~」というような返事だった。それにしては、その製品が置いてあったスペースがないような気がしたが、まぁないのなら仕方がない。やっぱり最初に買ったあの店で買うしかないかぁ。。。と思い、そちらへ向かうことに。
ちなみに次に向かうのはヤ○ダ電機である。ベイ○ア電機と同じ道沿いにあるのだが、この道片側2斜線の上、決まったところでしかUターンできない。
なので一度反対方向に向かって信号のところでUターンしてヤ○ダに向かう。ったく面倒だ。。。

5分弱いや3分ほどかな・・走ったところでヤ○ダに到着。以前はここで買ったんだからここにはあるはず!!!

ところがである!!!信じられない!!!!
探しても探しても見つからない!!!||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||
キャ○ンの売り場を隅から隅まで探したが「シルキー」がないのだ!!
オイオイ・・ (;´д`)ノ なんでよ~~~。この辺の電機屋さんはもうここで最後だよ~~。
仕方ないのでまたまた店員を呼びつけた。
「シルキーが欲しいんですけど、以前はおいてありましたよね?今ないんですか??」
「いや、在庫がないんだと思います。多分メーカーさんの方で間に合ってないんだと思います」
「いつ入るかわからないんですか?」
「そうですね~ちょっとわからないですね~~」

困った・・・_| ̄|○ 

しかも、ここの店員、非常に不親切!!
話し方もぶっきらぼうだったが、質問に対しての答えが簡潔すぎ。

「じゃ、シルキーと同じタイプのものはないですかね~?」
「ないですね」(そんな簡単に返事するなよぉ~探しもしないで~~)
ったく「ないですね」の後に、親切なところだったら「メーカーが違いますけどこちらのタイプならつや消しになってますけど」とかさ、「ちょっと画質が変わってしまうかもしれませんがこちらもつや消しになってますよ」とかさぁ~。教えてくれりゃいいじゃん!
私が一生懸命探して、同じキャ○ンの製品でひとつつや消しタイプのものを見つけたのだが、
「これはどうですか?」
「シルキーとは別です」(だからぁ~、どういう風に違うのか説明しろよっ!!)
たく、簡潔に答えただけで、そこで黙るなよ!!でくのぼうのように黙ってつったってられても私にはわからないんだよぉ~~。

「じゃ、他につや消しタイプはないんですか?」
「ないです」

・・・・・・・・・_| ̄|○ ガクッ・・・・・・

「もう、結構です。ありがとうございました・・・」

ないといわれちゃ仕方がない。いつ入荷するかもわからない状態だし、仕方がないので、途中から紙質変わるのは本位ではないが、光沢紙を買うことにした。

しかし、先ほどから3件廻ったわけだがここが一番値段が高かったのよっ!!
最初にいったコ○マが一番安かったの!!その差が150~200円ぐらいだったかしら。
どうせ光沢紙のほう買うならコ○マで買えば良かった。。(ノ_-;)ハア…

と思ったが・・・おっ!!!!思い出した!!
そうそう、ヤ○ダの目の前にかなり規模は小さいがコ○マもあったんだよぉ~~~。
このコ○マ、3年ほど前にヤ○ダができた時、もう店じまいしちゃうんじゃないかと思ったほど規模が小さいのよね。。。だけど、現在も細々と営業してたようで・・・(笑)
店員の態度も気に入らないヤ○ダで買うより、そっちで買ったほうがいいじゃん!!と思い、そのまま店をでた。

が!!先ほども言ったようにここの道は反対側のお店に入るのに苦労する道なのである。一旦通り越してUターンして戻ったりしないと入れない場所もあるのだが・・・
幸い、コ○マのところは大丈夫だった。ここの道はわりと車通りが多いので2斜線だとつっきるのが大変な場合もあるのだがちょうど車が途切れてくれ、すんなりコ○マに到着!
よくつぶれないでもってるよなぁ・・・と不思議に思いながらもそこのコ○マに入り光沢紙を手にレジに向かった。途中店員さんに一応聞いてみたがやはり在庫がないということだった。
しかし、店員さんの態度は先ほどの見せに比べると格段良かった。
なにしろ、お客様と話すときは笑顔なのだ。
店長らしい年配の店員さんが出入り口のところに立っており、笑顔で「いらっしゃいませ~」「ありがとうございました~」と言っている。その雰囲気がわざとらしくもなくて大変気持ちが良い。

結局「シルキー」がどこにもなかったため、私の買い物は予想外にかなり時間がかかってしまった。すぐに戻ると思ってコーラを飲みかけのまま出かけたのだが、帰ってきたときは既に氷も溶け、炭酸もぬけていた・・(_△_;〃 ドテッ!
予定では15分ほどで帰って来るはずだったんだけどね・・・
1時間以上かかったよ。。。あちこち廻った私は非常に疲れたよっ!!

メーカーの責任か、店側が単に置いてないだけなのか・・・
真実はわからないけど・・・
メーカー側の在庫不足だとしたら・・・キャ○ンさん!!!とっとと生産して出荷してくれ~~。
お店側だとしたら・・・・光沢紙ばかりじゃなくてつや消しも置いてくれ~~。
「シルキー」求めて余計な体力つかったじゃないかぁーー!!!(≧ヘ≦ )プイッ!!
スポンサーサイト

読書感想文

小さい頃から本を読むのが好きだった。
そう、読むのが好きだったのよ。
読んだあとの感想・・・「面白かった」「つまらなかった」
私の場合そんなもんである。その程度の感覚でしか感想というものがでてこなかったのである。
ってことで、読書感想文・・・・大の苦手だったわよっ!

でもさ、小学校も高学年ぐらいになると夏休みの宿題に読書感想文なるものも必須になってくるわけなのよね。
それでも小学校の頃はまだいろんなジャンルの本を読んでいたから、きちんと真面目に本を読んで、苦手なりにもそれなりに適当に書くことができたのよ。

ところがよ!!!中学・高校に入ってからが悪夢だった!!
感想文の宿題は毎年夏休みの一番最後に私を悩ませる過酷なものとなった。
というのも、中学に入ってからの私はミステリーに目覚めたため、他のジャンルの作品、純文学作品なんか全く読まなくなったのよね。
はっきりいって読んでても何がいいたいのか、どこが面白いのかさっぱり理解不能状態だった。私の理解力なんてその程度のものである。
もともと理数系のほうが得意な私は推理小説のように犯人探しという目的がしっかりあるストーリーはすらすらと抵抗なく楽しく読めても、有名作家が書いた文学作品は何がなんだか、この人はこの作品でいったい何が言いたいの??の世界でさっぱりだったのである。
誰でも1冊ぐらいは読んでいそうな夏目漱石、太宰治、宮沢賢治、芥川龍之介etc.・・・
私はこれらの作家の本をまともに読んだことがない。読もうと試みたことはあったが最初の10ページぐらいで限界であった。その時点で読む根性もなくなるため、最後まで読んだこともない。
当然私の感想は「つまらない」しか出てこない。これには困った。
かといって推理小説で感想文を書くわけにもいかない・・・・。

ってことで、中学時代からの私の読書感想文攻略法はかなり強引というか手抜きというか・・・ずるっこというか・・・(汗)

まず、中学1、2年のとき・・・、この頃は姉もまだ高校生だったため感想文の宿題があった。私は姉と同じ本を読み、姉の感想文を半分ぐらいはパクッタ。本を選ぶのは私であったり姉であったりしたが、私が選ぶものは大抵短編。そう、何十ページ、何百ページもあると最後まで読めない上に、かえって感想がまとめ難くなるためである。
しかし、この中学1年のときに姉の感想文を半分パクッタものが予想外の結果をもたらしてしまう。なんと、1年の終わりに学校から出される冊子にこの感想文が載ってしまったのだ∑(゚◇゚;) ゲッ!!

姉は私と比べると本はほとんど読まない人であった。だから感想文もそんなに得意なほうではないだろう。半分ぐらいぱくってもまぁ大丈夫だろうと思っていたのだが・・。
やっぱり高校生の書く文章ってそれなり・・・だったのね(滝汗)
ヤバヤバヤバ~~と思いながらも、まぁ載ってしまったものは仕方がない。しかし、かなりこっぱずかしかったのは覚えている。
いや、姉の感想文が恥ずかしかったのでなく、パクッタものが載ってしまったのが恥ずかしかったのだ。
にもかかわらず2年生のときも姉の感想文をところどころパクッタけどね・・フフンフーン・・・(  ̄3 ̄)~♪

さて、それ以降、中学3年から高校生にかけてはもう頼るべき姉がいなかった。。。自力で書かなければいけなくなってしまったのだ。
これがなんともかんとも苦痛で苦痛でしかたなかった。
苦し紛れに私がとった方法とは・・・・
まず、短編を選ぶ。小さい頃読んだことがある本を選ぶ。あとがきがしっかり載っている本を選ぶ。であった。。。

理由は簡単である。長編を読むのが苦痛だから短編を選んだ。小さい頃読んでるということはしっかり読まなくてもそれなりになんとなく話を覚えているし、小さい子でも読める本というのは何を伝えたいのかがわかりやすいものとなっている。そして、あとがきがしっかり書かれてるものは物語の筋や感想なども書かれていることが多かったからである。
しかし、この3つ全部兼ね備えている本を探し出すのもなかなか難しく、つまり、内容を読むのが面倒で何がいいたいのかわけわかめな物に関しては本編を読まず、あとがきだけ読んで感想文を書いたこともあるというかなり無謀なこともしてきたのだ。
私って・・・真面目なやつだと思ってたけど、もしかしてすっごくいい加減???(爆)

とにもかくにも、高校3年の夏休みが終わった時、読書感想文からも開放されてホッとしたのは言うまでもない。

しかし、夏休みの読書感想文と同じぐらい私をなやませていたのがもう一つ。冬休みの必須宿題である「新年の豊富」である!!
別に年が明けたからどうだっていうのか・・・という、当時からかなり冷めていた私は、当然年が明けたから新たに何かをやろう!!なんて目標を立てる訳もなく・・・。「新年の抱負」なんぞ言われてもべつになし・・・。だったのだが、「なし」と書くわけにもいかず。無理矢理原稿用紙2枚だか3枚だかのノルマを毎年毎年同じようなことをしらじらしく書いてやり過ごしたような気がする。

ったく・・・毎年毎年思ってもないこと書かせるなよっ!!!

と、当時は思っていた。いや、今でも思ってるけど。作文や感想文の宿題ってみんな真面目に書いてたのかしらね???
っていうか、書いてましたか???(笑)

謝罪

去年、お向かいのお宅に自転車ごとつっこみ、植木鉢を割りました。
お友達が遊びに来るのを待っている間、テンションが高くなっていたようで、余所見をしながら走らせて突っ込んでいったようです。
夜、菓子折り持ってあやまりにいきました。
でも・・・お向かいのお宅とってもセンスがいいんです。
菓子折りのほうが安かったかもしれない・・・。

今年の初夏、公園の滑り台の下に出来てた蜂の巣に石を投げて、公園のお隣のお宅のガラスを割りました。
お友達と3人で遊んでいて、公園に行く前に私もちゃんと「蜂の巣に石なんか投げちゃダメだからね!!」って3人に注意したにもかかわらず、一人が言い出し、もう一人が投げ始め・・・結局3人で投げてたようです。つまり3人の責任です。
すぐに二人の親を呼び3家族で謝りにいきました。。。
もちろんその後、ガラス代の請求が我が家にきて3家族折半。菓子折りつきでお詫びにいきました。。。

つい先日、近所のお友達とサッカーをしていて、お隣・・・といっても例のお隣じゃなくて分譲地内の道路を挟んだお隣さんね・・そのお宅のカーポートの雨どいを固定していた部品を破損。そのお友達のお母さんに呼ばれ、一緒にお隣にお詫びにいきました。
これはまだ部品がどうなるかわからない状態で一緒にやっていたお宅からの報告待ちです・・・。

男の子は絶対あるからね・・・といわれていたが・・既に3回。。( -.-) =зフウー
この先もまた何をやらかすやら・・・・
こういうのって平均どのくらいやるんでしょうね???

まぁ、今までのお宅、みんなご近所で、笑いながら「大丈夫よ~気にしないでくださいね~。男の子ならありがちだから~」と仰ってくださってましたが・・ほんと身が縮こまります・・・(_ _。)・・・

でもね、後からきちんと事情を聞くと(まぁ家の子から聞いた事だけど私はそれを信じてるけど)、最初の植木鉢は完璧我が子の責任だけど、石を投げ始めたのは家の子が最後だったようだし、サッカーのほうもね、そのお友達のお母さんが出かけるときに「ここでやっちゃ危ないから公園でやりなさい」って注意したらしいく。家の子はその子に「公園へいこう」と言ったらしい。だが、その子が「いやだ」といってそこで強引にやり続けたらしいのよ。だからって家の子が悪くないわけじゃない。一緒にやったんだから責任は一緒なんだけどね・・・。
どうして他の子をとめられなかったのか・・・・。どうして、他の子がやっても自分はやらないで我慢できなかったのか・・・。
情けない~~~~(ノ_-;)ハア…

家の子にも散々お説教いたしました。。もっと自分の意思をしっかり持て!!!と・・・。(;-_-) =3 フゥ

お母さん、もう謝りにいくのやだかんね!!!

順調です!

数週間前からなにやらゴニョゴニョとおしゃべりの練習をするようになったチョコちゃん・・・。
そして1週間ほど前からはなにやら日本語らしき言葉がでてくるようになっのよ!!!

おっ!!頑張ってるね~チョコちゃん♪
でも・・・・何言ってるんだかさっぱりわからんわよ。。。

と思ってたら・・・
4~5日前から言葉がハッキリしてきた。よく喋る喋る(爆)
しかし、まだ覚えたてなのでデパートリーが少ない。
現在はっきりと聞き取れるのは「チョコちゃんちゅっちゅっ」だけである。
ずっとずっとずーーーっと、この言葉のくりかえしよ~~(ノ∇≦、)ノ彡★

時には鏡をみながら狂ったように、時にはカゴの中を走り回りながら・・・
たまに部屋に出してるときに走りながら「チョコちゃ~~~~ん」と言ってるときもある(爆)

一応チョコが来た時から一生懸命言葉教えはしてたんだけど、あまりたくさん一度に教えても大変かなぁ~と思って・・・それでもいくつか教えてたけど・・・(笑)
「チョコちゃん、おはよ~」
「チョコちゃん、いいこいいこ」
「チョコちゃん、おりこ~さん」
「チョコちゃん、ちゅっちゅっ」
「チョコちゃん、じょ~ず!」

これは結構毎日のように繰り返し教えてあげてたのよね。
やっぱり「ちゅっちゅっ」が一番覚えやすかったみたいで最初に覚えたよ。もぉ~、お喋りしてる姿というか、声というかが・・・とっても愛らしいのよね~~~

それにね、「チョコちゃん、ちゅっちゅっ」にもそれなりにデパートリーがあってさ、
「チョコちゃん、ちゅぅ~~~~ちゅぅ~~~~」とやたら伸ばしたり、
「チョコちゃん、(*^・^*)チュッ♪」とあっさり型だったり、
「チョコ、ちゅっちゅっちゅぅ~~~」となんか多かったり。。。。
「チョコちゃん、ぶちゅっ(* ̄◎ ̄*)」と濃厚だったり・・・(汗)

もぉ~、聞いてて楽しくて面白くて可愛くて仕方がない!!←親ばか

我が家では代々インコを飼うと歌も教えていたのよ。
毎回同じで「すずめの学校」だったのよね。
あの「ちぃちぃぱっぱっ~ちぃぱっぱっ~」ってやつね。これ、結構覚えやすいようで、どのインコちゃんもちゃんと覚えてくれていた。
いや、途中誤魔化すことはあっても、結構上手に歌っていたのよ。
だから、今回チョコもこの歌を覚えさせようとたまにうたってあげたんだけど・・・・・
先日から私の独断で別の歌を覚えさせることに決めました。

そう、某チョコレートCM曲である。
「チョッコレート、チョッコレート、チョコレートはメ●ジ~♪」
ってやつ(爆)
今、暇があると歌ってあげてます。果たして無事覚えてくれるのだろうか・・・・。
かなりの根気が必要になるかも・・・←私もチョコも(爆)

そして・・・・
まだまだマジではないが覚えてもらおうかな・・って思ってたまに教えている言葉がある。

「チョコちゃんかわいいね、お母さんもかわいいね

である(きゃ~殴らないで~~~)

そしてもう一つ・・・。

「お母さん若い!!!」(きゃ~蹴らないで~~)

早く覚えてくれないかな~~~(*≧m≦*)ぐふっ
密かに楽しみにしている私がいたりする・・・・・

きのう毎日で(BlogPet)

きのう毎日で、一晩を卒業する?
ただきょうサイファが毎日とここまで毎日がトイレご馳走した。
ただここに毎日はここへご馳走する?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サイファ」が書きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。