つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣き言・・・・

ちょっと気弱な6月を送ってます。。。
明るくしようとしても、次から次へと襲ってきた問題に立ち向かうべく・・・
しかし私の体力、精神力が弱すぎてとても持ちません・・・・

なもんで、この前は愚痴でしたが、今日は泣き言書かせてもらっていいでしょうか・・・・

梅雨時季ですからジメッっといきましょう・・・


はじまりはいつも愛~~♪

と唄ってる場合じゃなかったわ。。。

とにかく今回の始まりは運動会だったわね。先月末の。。。
あれで普段の私の数百倍の体力を使ったのがそもそものはじまりだったのよ。
夕方からもう疲れが出ちゃって動けなくなった。。。翌日からもちろん不調・・・。
私は学校の参観なんかでも、授業をみるだけで疲れてしまって、翌日体調が悪くなってしまうことが多いのに。大イベントの運動会。かなりきちゃったのよねーーー。

そして、6月入ってすぐ・・・先日も話題にしたがすごく凹むできごとがあり、それを知り合いにメルして余計に凹み・・・・_| ̄|○

その二日後月曜日、今度は父が救急車で運ばれたと母からの電話。
運ばれた先はここからはるか彼方の大学病院。
その週の土曜日に姉たち夫婦が帰ってくるというのでみんなで父の病院に様子を見にいったのだが・・・

私はとにかく体調がもどってなかった・・・運動会の疲れはもうとれてたかもしれないが、その後のダブルパンチと父の入院のショックでかなり精神的にきてたのよね。なので、体調もイマイチのまま父の病院にいくことになり。
しかも、旦那の運転だと酔うから自分で運転していった。
行きは高速使わず2時間弱。帰りは高速使って1時間半ほど。
しかし、私高速乗るのって初めてで、高速運転中ものすごい緊張してたのよ。しかも緊張感と集中力とで運転中心拍数が上がってくるのがわかってたけど、とりあえず、前の姉たちの車にぴったりとくっついて頑張って運転したわよ。

でも、この父のお見舞いで、またさらに私は心身共に疲れ果て・・・・
翌日はゴロゴロ・・・・
月曜になって子供が学校へ行けば少しゆっくりできる!!!
と思っていたのも束の間・・・

なんと翌日月曜日から今度は子供が高熱よ・・・・
月曜日医者につれていったら、まだ原因がわからないといわれ、水曜日再び医者に連れて行く・・・。
ちなみに、私、小児科ってかなり苦手!!風邪引いてる子でもマスクさせてる親っていないんだよね~。もぉ~、こっちが病気もらってきそうで・・・。
とりあえず、水曜日の検査でプール熱と判明。学校出席停止!!
結局1週間熱が下がらなかったため、学校はお休み。熱があると食欲が極端になくなる子供のためになるべく食べやすいものを作ったり買ってきたり・・・(ノ_-;)ハア…

翌月曜日、ようやく学校へ行けそうになったので、出席の証明書を書いてもらうのに小児科へ朝一でいくことに・・。
そのまま子供は学校へ置いてこようとおもっていたので、なるべく早く小児科へ・・・と思って焦っていたのか・・・
私は小児科へ行く途中に自分の薬を飲んでくることをすっかり忘れていたことを思い出してしまった。まずいなぁ・・・・
と思ってるうちに、気持ちが悪くなってきた。やばいなぁ・・・と思ってるうちに吐き気が・・。
でも、戻るのも面倒だからそのまま小児科へ直行したんだけど、早めに出たにもかかわらず10番目。

待っている間、私の調子は段々悪くなっていったのよね(日記参照)。
結局、子供の順番が来たときにはもうまともにしゃべれないほどの状態。情けないことに、小児科の2階・・・普段点滴などをする場所・・・が空いてるというのでそこで休ませてもらうという不覚!!
情けなくて涙がでるわよっ・・(〃_ _)σ∥

結局30分ほど休ませてもらって、少し落ち着いたところで兎に角早く薬を飲みたいがために車を吹っ飛ばしてまず学校へ・・・
子供を置いてきてから再び車をふっとばし家へ着くと薬をのんでベッドへ倒れこむ。。。

とにかくこの日の出来事がかなり私の中ではまた負担だったらしく、その日からずっと流動食の生活になってしまった。

6月はもう初めのころから食欲があまりなくて無理矢理食べていたのだが、先週からはもう固形食が喉を通らない状態に陥ってたのよ。

辛い・・・非常に辛い・・・・

食べなきゃいけないのに食べられない辛さ・・・ご理解していただけるでしょうか???
もう、あまりにも辛くて情けなくて泣きながらおかゆを胃袋に詰め込んでたわよ。

んでもって昨日・・・体調相変わらず悪いのに防犯パトロールの当番だった。
火曜日って各学年の下校時間が一番ばらばらな日なのよね。
本当だったら2~3回、下校時間にあわせてやったほうがいいんだけど、昨日・・・メチャクチャ暑かったのよ!!!私、暑いのはものすごく苦手なのよ。

しかもよっ!!!このくそ暑いってのに、防犯パトロールのナイロンのジャンパーをきないといけないわけで・・・
もうこの1ヶ月ほとんど食欲なくて、この1週間流動食と水分だけで生き抜いてきた私にはこの暑さはまさしく地獄だったのね。
10分外にいただけでふらふらしてきた。。。しかし、子供たちの姿がみえない・・・。15分ご・・・ようやく1年生の姿が見え出した。とりあえず、この時間帯は1年生だけだから、1年生の姿が見えなくなるまで酷暑の中ナイロンジャンパー着て(● ̄  ̄●)ボォ----
1年生が見えなくなった時点で家に帰ったが・・・そこでもう私はダメだった。。。まず、ポカリのがぶ飲み。体温が上がりすぎ・・・。保冷剤を持ち出してあちこち冷やす。。。
ハッキリ言って軽い熱射病状態だったかもしれない。

この後30分したら今度は2~4年生の下校が始まる。当初はその時間帯も見回りする予定だったのだが・・・・私はもう半分死んでいた・・・。
保冷剤でそこら中冷やしながらベッドに横になったまま動けない。
なんでこんなに体力なくなっちゃったんだろう・・・( -.-) =зフウー

本日 薬がなくなったのもあったので、病院いってきました。
普段は薬だけ貰ってくるんだけど、久しぶりに診察もうけてきましたよ。
せっかく先月薬が1種類減ったのに・・・・
いきなり3種類また増えました。全部で5種類。(ノ_-;)ハア…
ついでにブドウ糖の注射も打ってもらってきました。

でも、この注射のせいか???
本日夕方からちょっと調子が良い。食欲もここ数日よりかなりあったよ。

なんかもう怒涛の6月って感じ。。。。気候的にもはっきりしないから余計なのかな・・・

もうほんと辛いです。辛いです・・・辛いです~~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

明日は小学校で親子レクリェーションですが、もちろん旦那に行ってもらいます。

あっ、ついでに父は本日退院してきました。これも旦那の運転で旦那と母が迎えにいきました。
私がいっても役にたたないし・・・それどころか足手まといになりそうだしね。。。
私って・・・情けない・・・親より早く介護される立場になるんじゃないかしら・・・と一抹の不安が・・・ε= (´∞` ) ハァー

これから暑くなる季節、苦手なのよねぇ~~~
もう、泣きたい気分。。。

しっかりしろ!!と気持ちだけは発破をかけてみるが、体がどうにもうごかない。。。んで情けなくて余計に凹む。。。
誰か私に胸を貸してください~~。・゚゚ '゚(*/□\*) '゚゚゚・。 ウワァーン!!
スポンサーサイト

隣の住人

これからの季節・・・特にだが・・・
我が家は隣の住人の騒音に悩ませられる。。。

我が家の隣の住人は何故かみな地声が大きいのだ!!!

皆と書いたが、正確にいうと皆ではない。
お隣は6人家族夫婦に子供4人(上2人が男、下2人が女)である。
一番下の子は17歳ぐらい。上の長男は30近い。

で、誰が一番の騒音かというと、(多分)次男と奥さんである。
女の子の方も地声が大きいのは否定できないが、まぁ、たまになので許せる範囲である。
しかし、この奥さん、毎日のようにただでさえでかい声を張り上げて子供を叱るのである!!しかも言葉も悪い(汚い)!!
そして、次男・・・私からすると何を考えてるのかよくわからない人物である。まぁ、よくわからないのは長男も一緒だが、長男はどちらかというとおとなしめ・・暗い。。。次男は派手!!(ついでに女付き合いも派手)
この次男が時間かまわず変な雄叫びをあげるのである。決して精神異常ではない!!。多分、誰かを呼んでるのかしてるのが、雄叫びに聞こえるだけなのかもしれないが・・・ハッキリ言ってうるさい…((o(-゛-;)ぷるぷる
昼間は我慢するとする・・・・でも、でも、夜中ぐらいもっと近所に迷惑かけない程度の声で話せないのかぁーーー!!!
うっさいんだよっ!!!ったく!!!

確かに、私たちがここの土地を見つけたとき・・・一番気になったのが隣である。次が日当たり・・・。
なんせ、当時まだ我が家の土地が分譲中のとき、ちょっと見にきたのだが、お隣のだらしのなさはひと目でわかった。
庭は草ぼうぼう・・・ジャングル・・・汗
しかも放置自転車がやたら多い!!自転車が多いから子供は多いとは思っていたが・・・
家族1人に対して2~3台ぐらいの自転車の数ではなかろうか? とはいっても乗れるものは2~3台。あとは壊れたのを庭に放置してあるだけ。
それと・・・・捨てないでためてあるゴミ袋たち・・・(滝汗)

それでも、旦那が気に入った土地だったので(っていうか、単に予算内でかなり安かった)ここに決めてしまったのだが・・・。

最初に隣の住人を目撃したのは地鎮祭のときだった。
そして地鎮祭に参加した私たちはみなビビッた!!!。
今から思うとあれは次男だったんだろうと思う。丸刈りといっても少しは毛はのびてたと思うが・・・金髪。そして、頭の後ろには文字が浮き出ていた。。そう、NBAのバスケの選手のような・・・想像していただけるだろうか・・・。

「あっ・・・あんなのが隣にいるのか???大丈夫なのか??」

言葉にこそ出さなかったがみなの目がそう言っていた(爆)


さて、それからなんだかんだとちょっと問題があり、引越しが延びてしまったが、私たちは無事現在の家に引っ越すことができた。
隣の住人には最初からちょっと苦手意識はあったが、まぁ、触らぬ神にたたりなし・・・・ということで・・なるべく関わらないようにはしていた・・・が!!!
お隣である。お隣との境にはブロックが1段境界をはっきりさせるためにうめてあるだけである。お隣の庭と我が家の庭はつまり筒抜け状態なのである。嫌でも、同時に外に出てしまうときがある。
もちろん、奥さんや旦那さんのときは挨拶をした。子供たちは無視した。
私の持論は年下のものがまず挨拶をする!!なので、いくらこちらが新参者でも、隣の子供たちと顔をあわせても向こうからするのが当然だと思っているのである。しかし、子供たち・・・誰も彼もが挨拶しない!!お前らいくつだ??

大人同士は別である。とりあえず、奥さんや旦那さんには気づいた時点で向こうから挨拶してくれることもあったし、こちらからすることもあった。
話してみると、案外奥さんのほうは話しやすい方だった。そしてまた・・・情報通でもあった(爆)
いろんな情報を教えてもらったものだ。といっても、別にたいしたことでもないけどね(笑)後は自分の家の次男の困り果てた生活態度の愚痴などをよく聞かされた。。
そっか・・・やっぱり曲者は次男なんだな。。。

それにしても、お隣の奥さんは異常に強い、気が強い!!言葉尻も強い!!
上にも書いたが毎日のように怒鳴っている。
そして先日・・・恐ろしい会話が聞こえてきた。。
「あんたーー、死ぬんだったらどっかの有名な会社のトラックにでも突っ込んでいって死になよっ!!! 間違っても自爆なんてするんじゃないわよっ!!!」

(/||| ̄▽)/ゲッ!!! 夫婦喧嘩でもしてたのだろうか? 確かに事前になにやら怒鳴り声は聞こえてはいたが・・・
こ・・・こわい奥さんだ・・・。なにもそこまでアドバイスしなくても・・・
大体突っ込まれた会社だって迷惑この上ないに決まってる!!!
まぁ、その後、ご主人が事故ったというニュースは入ってきてないので、どこにも突っ込まずに無事帰ってきたのだろうが・・・。

そして、この奥さん、どこから聞き出してくるのかかなりの情報通である。引っ越したばかりの時も、いろいろ聞かせてくれたが・・4~5日前に、偶然朝会ったときにも・・・
「ねぇねぇ知ってる?あそこのお宅夜逃げしたのよっ!!」
あそこのお宅とは我が家の向かいのお宅から数えて4番目のお宅である。
(゚ロ゚;)エェッ!?そうなんですかぁーーー!!! 見た感じ、レースのカーテンが閉まってる感じで生活感があるように見える。きっととるものもとらず、最低限のものだけもってどこかへ姿をくらませたのだろう。
夜逃げしてもう1ヶ月ぐらいにはなるという。にしても、なんであなたそんなこと知ってるのかい??

そーいえば、本日、なにやらあやしい中年の二人組がそこのお宅にやってきて、写真を撮ったり色々見回りをしていたわ。。。
夜逃げは本当らしい。。。( ▽|||)サー なんかご近所でそんなんがあるとかなりショック!!

とまぁ、こんな具合に、最初は敬遠気味だったが、結構世間話なんかもしていろんな情報をもらえたりするありがたい奥さんであることも否定できない。要は付き合い方・・・なのだろうか・・・。

しかしひとつだけ、いやふたつだけ、いやみっつだけ・・・どうしても言いたい!!!

1、夜はなるべく小さい声で喋ってください!!!
2、2階の窓からゴミ袋を投げ捨てるのはやめてください!!(これは子供たち。害はないけど見苦しい。以前2階から家具を投げたこともあった)
3、風が強い日はゴミやらなにやらたくさん飛んでくるので、ゴミの日にはきちんとゴミ出ししてください!!!!

以上!!(とても本人に直接はいえない・・・)

小ネタ集

なんだか一つの話題でつらつらと文章を書く気力がないので、小ネタでいきたいと思います。
私、高校生ぐらいまでは自分で言うのもなんですが、落ち着いてたほうだと思うんですが、その後、どこで踏み外したのかかなりのおっちょこちょいというかお間抜けになってしまったみたい。
単にボケてきたのかもしんないけど・・・

ってわけで、私の間抜けな過去ネタをどうぞ・・・
そんな大それたことはしてませんけどね(*^m^*) うふっ


★仕事から帰ってきたら玄関に鍵がささったままだったことがある。
★仕事から帰って玄関を開けたら、真夏なのに部屋が涼しかった(エアコンの消し忘れ)
★仕事から帰って玄関を開けたら、誰もいないはずの部屋から話し声が・・・(テレビの消し忘れ)
★朝ごみ出しに行き、ゴミを置いた瞬間ぎっくり腰になった
 (職場にはなんとかたどりついたが、どうしても耐えられず、途中抜け出し医者に行った)
★仕事にいくのに駅に向かってる最中、ふと足元をみたら左右別の靴をはいていた。
★駅の自動改札で、私鉄なのにJRの定期券を入れピンポン鳴らし放題にしたことがある。(気づかないで何度も入れなおした)
★郵便局のATM機に銀行のカードを入れ、カードが戻ってきたことがある。(これも気づかずに何度も繰り返した)
★まだ自動改札が導入されてなかった駅で定期券を見せたつもりが財布を見せて通り過ぎようとしたことがる。(当然呼び止められた)
★バスに乗った際(料金後払い)、小銭がなかったので降りる際に両替して、そのまま料金を払わずに降りようとしたことがある。(当然呼び止められた)
★揚げ物をしようとしてお鍋に火をかけそのまま忘れて、気づいたら煙がもうもうとあがっていたことがある(アパートを燃やすところだった!!)
★クリーニング店に出していた服を取りに行った際、間違って隣の美容院に入り、クリーニング店のカウンターに行く勢いで美容院の受付を通り過ぎ、「お客様、本日はどうなさいますか?」と後ろから声をかけられたことがある。(間違ったといえず、カットをお願いしました(涙)店構えが似てたのよっ)
★コンタクトを片目に2枚いれたことがある(1度や2度じゃない)
★教習所に通いはじめ、最初の教習で右折するたびに何故か右側を走っていた。(よく免許とれたよな)
★教習所に通っていた際、ギアチェンジをする際に左手がレバーを通り越し教官の太ももを握ったことがある。(教官に馬鹿笑いされた)
★教習所に通っていた際、路上教習で教官に「ここは何キロの道?」と聞かれ、本当は30キロだったのだが「50キロ」と自信満々に答えた。翌日同じ教官に同じ道路を走行中同じ質問をされ再び自信満々に「50キロ」と答え、教官に叱られたことがある。
★同じ職場の人と昼食を買いに行った際、ものすごい強風だったため「風の強い日はタイトスカートがいいよね」と言ったら、相手からのこたえは「私体育は苦手だったの」だった。思ってもいなかったコメントに思わず「私も・・・」と同意してしまったことがある。
★職場で急いで歩いていた際(私は若い頃は早歩きだった)、ゴミ箱を蹴っ飛ばし、職場にゴミを撒き散らしたことがある。
★JR南○線の武蔵○杉駅で突然おばさんに「向河原(むかいがわら)はこっち(のホーム)でいいの?と聞かれ、逆方向だったため「反対側ですよ」と答えたのだが、数日後同じ路線に「分倍河原(ぶばいがわら)」という駅があることを知り、あのおばさんの目的地は本当はどちらだったのかかなり悩んだことがある。(分倍河原だと私が教えたのとは反対方向)
★風通しのため開けといたタンスの扉に思い切り顔面をぶつけたことがある。(ちゃんと前を向いてたのになぜ見えなかったのか?)
★普段、顔は正面を向いているのだが目線が下向きのためよくおでこにモノをぶつける。(目より上のものが見えてないらしい)
★高校の修学旅行で宮島に行った際、お参りするのに人が多かったためちょっと離れたところからお賽銭を投げたら、賽銭箱にぶつかったお賽銭が転がって自分のところに戻ってきたことがある(拒否された??)


( ̄□||||!!ぎょっ すいませ~~ん。
つらつらと書いてたら、なんだか長くなってました~~。
とりあえず、結構昔のことで思い出したことを並べてみました。
そのうち第2弾があるかも?(いや、もうそんなに間抜けなことはしてないはず)

ってことで、失礼しま~す((((((;_ _)

気力喪失

ブログ書く気力がありませ~~ん( _o_)
先週はいろんな事が起こりすぎ!!
トリプルパンチくらった状態で、ネタも浮かばない~~。

このブログは極力日記にはしたくないので、リアルな出来事はなるたけ書かないようにしてるのよ。まぁ、例外もあるけどね。

ってことで、いろんな事が起こっている状況でネタが浮かばず・・・
思い出してる余裕もなく・・・・

なので、日記のほうはとりあえず後手後手で書いてますんで、お暇な方はそちらをどうぞ(爆)

ないものねだり

ちょっと愚痴っていいですか?
2~3日前にすごく凹むことがあったんです。
で、私ってそういうことがあるとわりと自分の日記、BBS、お友達のBBSなどに書いて発散することも多いのよね。私が書いたのを読んでくれて励ましてくれる友達の言葉・・・すっごくありがたいし嬉しくて・・。それで癒されてたことがこれまで何度もあったの。

でもね、今回の凹みの原因はちょっとネットでは言いたくないことだったので、ある人にメールしたのよ。
私としては・・・ただ、聞いて欲しかった・・・。
いや、聞いて欲しかっただけじゃ一方通行だから、やっぱり「凹んでる」事に関して何か言葉が欲しかったのかもしれない。
単に「すごく凹んでる」としか書かなかったので、「どうしたのか?」とか、「元気だせよ」とか・・・。そんな言葉が欲しかったのかもしれない。

けど、帰ってきた返事は・・・
「私は忙しいので凹んでるからといっていちいち聞いていられません」とか「忙しい私からすると凹む暇があるというのは幸せなことだと思う」
というような内容でした(携帯メルはすぐに消去する方なのでちゃんとは覚えてないけど)。

まぁ、最後に「頑張ってください」とは書いてあったけど・・・。

で、その時は私もそういうものかも・・・と半分納得した状況だったのね。でも・・・時間がたつごとに何故かひっかかるものが・・・。

凹む暇があるって・・・別に私は好きで専業主婦やってるわけじゃない・・。
我が家の家計状況からして働きたいけど、まぁ、ご存知の方多いと思いますが私は虚弱体質なんです。加えて外では食事もできない。
働くということはすごく責任を持たないといけないことだと思ってるから、しょっちゅう寝込む私には働きに出るなんて無理なんです!!

私からすると・・・凹む暇がないほど忙しい方のほうがよっぽど羨ましいんですよね。

健康で、仕事も自分の好きなことに打ち込めて・・・たとえ忙しくても自分が好きで入った世界で頑張っている彼のほうがよっぽど幸せだと思うんです。

いつも体調が悪くて、3度の食事も苦痛なのに無理矢理食べなきゃならない・・・。食べられるものも決まってしまっている。大好きだったものも喉を通らない現在の私。これだけだって、かなり凹むことなんですよ。ただでさえ風が吹けば吹っ飛びそうなほど痩せてるのに、これ以上痩せたらどうなるの?っていつも怯えてる。何の前触れもなく動悸がしたり身体が震えたり・・・呼吸が苦しくなったり。薬が手放せない・・・。そんな状態が続いて不安になると今度は激しい情緒不安定。気分の上下が激しくなって果てには鬱状態に陥る。。。
そんな私が家で暇して凹んでるのってそんなに幸せなことなのかな?

私ももちろん働いていた頃がありましたよ。体調は不安定だったけど、現在よりは体力もあったし、少し体調崩しても回復するのも早かった。まぁ、若かったからでしょうね。
当時は仕事も忙しい職場で、残業がない日はない!!みたいな・・・。
終電で帰る日が続いたり、果ては徹夜して始発で帰り、シャワー浴びて食事してからまた出勤なんてハードな生活だったこともありました。
でも、私も好きでやってた仕事だったので、全然苦痛だとは思わなかったのよね。

仕事の忙しい生活も経験してる私からすると・・・今の家でのんびりの生活のほうがよっぽど苦痛なんですよ。体調悪いのを我慢している生活の方がよっぽど苦痛なんですよ。これはきっと健康な人にはわかってもらえないことなんでしょうね。。。

凹む暇がないほど忙しい生活を強いられてる方・・・たくさんいると思います。そんな方は家で暇してる人間がうらやましくみえるのでしょう。

でも、家で暇してる私は仕事で忙しい方たちの方が羨ましいんですよ。

立場が違うと考え方もこれほど違ってきてしまうものなのね。

両方の立場・・・わかってるつもりで書いたつもりですが、多分今の私の自己中な考えがかなり入っている文面になってるかもしれません。
これ読んで気分を害された方いたらごめんなさい・・・。

でも、あなただったらどちらの立場が幸せだと思いますか?


★追記★
たくさんのコメントありがとうございます。いろんなご意見を書いてくださった方、メールで切々と励ましてくださった方にとても感謝してます。ありがとうございました。コメントの方のレス、もうしばらくお待ちくださいね。体調が思わしくないので、長時間PCに向かってられないもんで・・・(^^;; 亀レスですいませ~ん<(_ _)>

で!!! ↑の記事を書いたとき、私も激しく凹んでいたのと、あの返信の言葉がショックだったのとで、ものすごい勢いで書いてしまい、後で読み返してみると少々言葉が足りなかったなぁ~って反省しました。
なので、ちょっとここで補足させてくださいね。

まず、一番最後の問い「あなただったらどちらの立場が幸せだと思いますか?」に関してですけど、これは、メールの返信をくれた彼と私の二人を対象にして問いかけたつもりです。
落ち込んでいる暇がないほど仕事が忙しい。でも彼は自分の好きな世界で仕事をしてる立場です。まぁ、たとえ好きな世界で仕事をしてるとしても彼にも色々凹む出来事とかあると思いますよ。でもその余裕がないほど仕事ができる。つまり健康である!ってことがすごく私には羨ましかったんです。

健康であることってほんとに基本だと思うんです。健康じゃないと気持ちがあっても身体がついていかず、気持ちだけが焦ったり、落ち込んだり。。。私の場合年間通して調子が良い日のほうが少ないぐらいで、ちょっと出かけただけで、ちょっと学校の行事があっただけで、その後数日は食欲減退で寝込むこともあるほど弱いんですよね。

よくいいますよね。病気になって初めて健康の大切さがわかる・・って。本当にその通り。もし、今バリバリ働いてる人がいきなり私のような状況に陥ったとしたら・・・どういう気持ちになるでしょうね。
かなり焦ると思います、かなり凹むと思います。
健康を理由に自殺する人までいる世の中です。本当に苦しいんですよ。

逆に、本文に書いたように私もバリバリと働いてる時代がありました。
忙しくても苦痛に思いませんでした。けど、それでも上司との関係、同僚との関係で凹むことはたくさんありましたよ。それでも、働けるだけの体力があることって本当にしあわせだったんだ・・って、体調を崩してから本当の意味で気づきましたね。

人間って、本当にそれぞれ生活の環境も違うし、性格も違います。
仕事が忙しいかたにだって、たくさんの悩みをかかえてそれでもなお頑張ってる方だっている。
働いてない方だって、いろんな事情で働けないかただっているんですよね。
専業主婦はみんながみんな旦那の収入が良いから遊んでるってわけではないんですよね。

だから、全体的にみてしまうと、どっちが幸せか?なんて一概には言えないんですよね。


ってことも、実は本文の方に書きたかったことだったんです。。
あまりに頭が沸騰してたもんで、ガーーーっと書いてそのまま公開しちゃいましたけど、根本的にいいたかったのは・・・・

お題から外れるかもしれないけど・・・

  健康第一!!!

ってことと

同じ意味合いでも、もう少し違ったものの言い方ができなかったのか???

ということですかね??(笑)

写真入手作戦

シリーズ化して書くと宣言しながら、なかなか書く気がおきない「バカ乙女シリーズ」第3段です(爆)
ちなみに第2弾はこちら

本題に入る前に・・・第2弾で2度目のフォークダンスの目的があやふやでしたが、これを読んだ友達がメールで知らせてくれました(笑)
どうやら文化祭の打ち上げの意味でのフォークダンスだったらしいです。いやぁ~、すっかり忘れてました(爆)Tちゃんありがと(* ̄▽ ̄*)v

で、本題です。
好きな人ができたら・・・写真が欲しい!!!と思ったこと・・・ありますよね。っていうか、思いましたよね??
学校で(*゚o゚*)~゚ ボーと眺めてるだけじゃ足りない!!家でも休日でも大好きな彼を(*゚o゚*)~゚ ボーと見つめていたい・・・|_-。) ポッ

今でこそ望遠付きのデジカメやコンパクトカメラがわんさか普及、携帯のカメラにも望遠機能がついてる時代。写真をとるなんて簡単なことかもしれませんが・・・・昔は・・・・(〃´o`)=3 フゥ~

第一望遠つきのカメラ自体なかなか持ってる人がいなかった。
我が家のカメラはその中でも古いタイプで望遠はおろか・・・フラッシュも必要な時だけ取り付けるというタイプ。
とにかく、本人はおろか他の人にも気づかれず相手のまともな写真を撮るなんてことはかなり不可能に近かったのよ。
当時3年生だった私が教室から校庭などにいる彼の写真を手持ちのカメラで撮ったとしたら・・・・それはもう・・・肝心の彼は米粒ぐらいにしか写らなかったわけで・・・・そんなんじゃもちろん納得できないに決まってる!!
学年が違うと修学旅行後の写真が張り出されてても学年が違う私が申し込みをするなんてこともできない。上にでてきた親友Tちゃんはわりと仲の良い後輩がいたから、彼女に頼めば一緒に申し込んでくれたかもだけど、とにかく誰にも知られたくなかったから誰かに頼むなんてこともできない。
当時、私がKくんを好きだったのを知っていたのはいつも行動を共にしていた友達2~3人とあとは部活動の仲間だけだった。もちろん彼女たちが他の友達にしゃべっていれば他にも知っていた人はいたかもしれないけど・・・。とにかく、私自身Kくんのことは自分からはぺらぺらと喋ることはしなかったし、Kくん自身に気づかれたくもなかったし、なるべくそっとしておいて欲しかった。。。ただ、私がキャーキャー騒いで幸せな気分でいられればよかったのよ。

さて、彼の写真がどうしても欲しいが入手できないまま時は過ぎ・・・このままじゃ~そのまま卒業だよ・・・ なんとか写真を手に入れたいよ~と思っていた私にチャンスがきた。文化祭である!!
普段カメラなんぞ学校になんかもって行かないが、イベントがあるならもって行っても支障はないだろう。。。

我が校は文化祭と体育祭が毎年交互に行われる。私が入学した年だと1年と3年の時に文化祭2年の時が体育祭だったのだ。運動大嫌いな私にとっちゃラッキ~だったわよっ(爆)
で、文化祭・・・クラスごとにそれぞれ出し物を考え、教室などもくじ引きで決められ、2日目の最終日だけ一般にも開放されるのだ(確か)。
その文化祭の時に彼の写真を撮ってみよう!!ということになった。

しかし、当時まだ純粋で(?)大人しく(?)激しくテレ屋(?)で臆病(?)な私は、もちろん自分で彼の写真をとることができない。隠し撮りなんかも考えたが、上にも書いたとおり、望遠機能のないカメラなのである程度近くから撮らないととてもじゃないけどまともな写真は撮れなかったのよ。
そんな時、やっぱり持つべきものは友達だよね♪
上記のTちゃん、「私が撮って来てあげようか?」と・・・(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
「で、でもさ・・・私がT子と友達なのはKくんも知ってるような気がするし・・・。T子が撮りにいったら本人にバレちゃわないかな?」と心配する私。
Tちゃん「大丈夫じゃない?」と一言(爆)
でも、結局自分で撮りにいけないんだから、Tちゃんにとってきてもらうしかないのよね。てことでカメラを彼女に託すことに。。。

しばらくするとTちゃんは「撮ってきたよ~」と戻ってきた(≧∇≦)キャー♪
Kくんは某教室でパソコンをいじっていたらしいが、彼女が「写真撮らせてもらえるかな?」というと「あぁ・・・」と相変わらず無愛想な返事をしてパソコンの手を止めてカメラ目線になってくれたという。もぉ~~Tちゃんに(^人^)感謝♪ ありがと~~~(⌒∇⌒)

早速翌日だかいつだか忘れたが現像してみた。写真の彼は無愛想な顔ながらもしっかりとカメラ目線で写っていた(笑)
1枚では失くしたりしたら大変!!と、私はその写真を数枚焼き増しした。そしてその1枚を生徒手帳の大きさに切り、手帳を開いても見えることがない場所にそっと入れておいた。

以来、暇さえあると彼の写真を見る日々。授業中も生徒手帳をおもむろに胸ポケットから出しては彼の写真をそっと眺める。。。(授業なんちゃ、聞いちゃいない(^^;;)

結局、その後も彼の写真はその1枚しか手に入れることは出来なかった・・・(当時は)。
実は私は今でもその写真を大事にとってある。写真の彼は高校生のままだ。裏にはあの日の日付とKくんの名前がかいてある。
結婚前に当時毎日のように彼のことを書いていた日記は処分してしまったが、この写真だけはどうしても捨てることができなかった。今でもたまに彼の写真をそっと出して眺めていたりする。結婚してる手前、罪悪感というものもあるが・・・この気持ちはどうすることもできないのだ。

どうしても忘れることができない人っているものである。
高校を卒業してウン十年。たまに彼の夢を見る。そのたびに懐かしくなり、嬉しくなり、そして彼に逢いたいという気持ちが沸々とわいてくる。結婚するまで、私は何人かの男性とお付き合いした。そんな多くないよ(爆)片手で足りるし(;´▽`A`` 
なのに、ふと何かあったとき、思い出すのは、逢いたくなるのは・・・やはりKくんなのだ。

私にとって彼はきっと永遠なんだと思う。

と思うと同時に・・・・こんな自分でいいのかという疑問と、彼を記憶から消してしまいたいという思いも。。。

なのに捨てられない写真。この写真を処分することができる日がくるのだろうか・・・。それとも、このまま持っていてもいいものなのだろうか?

私の大事な大事な思い出でもあるのだし・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。