つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

没頭

ブログ、さぼってます。。。

趣味に没頭(?)してるため書いてる暇が無いのと、過去ネタを思い出す余裕もないのです。。。

で、何に没頭してるのかと思うと・・・

gameです。。(_△_;〃 ドテッ!

私一応主婦です。。。でも以前も書いたと思いますが、ゲーマーなんです。

現在DSのソフト「もっと脳を鍛える~」と「どうぶつの森」を毎日かかさずやっているのと同時に、1週間ほど前から、プレステのFF7をはじめてしまったのよ。
FF7はFFシリーズで唯一クリアしてないものなんです。
FFシリーズはその昔、3を姉から借りたのがきっかけではまったのですが、はっきり言うとドラクエより好きなシリーズだったのよ。
ところがプレステに移行してしまった・・・( ̄□||||!!
FFがやりたいためにプレステまで買って待望のFF7を発売日に購入し、さっそく始めてみたものの、なんとも画面が見にくいのよね~~

私はどちらかというと、単純な2等身キャラがすきだったのよ。映像がリアルにきれいになって3Dになったのはまぁいいことかもしれないけど、それで画面が見にくくなるなんて問題外!!
街の外にでたら1周ぐるりとみわたせてしまうために、やってるうちに目が回ってきてしまう。。。(汗)
やり始めてすぐにちょっと(-_-メ)むかっときた!!
しかし、大好きなシリーズなだけに我慢してやってたんだけどねぇ~~。
途中でどうしても耐えられなくなり、大好きなFFシリーズであったにもかかわらず、クリアすることなく途中で・・・(・・*)ノ ⌒◇ポイッしました。
その後出たFF8はとりあえず、クリアしたけど、いきなり学園ものになってるし、キャラは好みじゃないし・・・。
ほんところころと変わるのよねーーーFFシリーズって。。。
Ⅸになってやっと少し以前の面影が~~~と喜んでたらⅩでまたがらりとかわったし。。。
でも、Ⅹはストーリー的には面白かったので許せるせたけど・・・。
でも、やり始めるまではかなり抵抗があったわ。だからプレステ2もしばらく買わなかったのよね。

ちと、話がずれたが、とにかくオンラインのFFⅩⅠと7を除いてはすべてクリアしているFFシリーズ、最近クリアしてない7がどうしても気になってしまって8~9年たってからのリベンジ!!
今度こそクリアできますように~~とは思ってるんだけど・・・。
なんせ、最初書いたとおりゲームもかけもちでやってるもんでどうも集中できないのよね。

その上、読書(主に漫画)にも没頭してる毎日で・・・
しかも漫画のほうも私は短編はほとんど読まない。ほとんどが長編である。それをこれまた掛け持ちで読むわけであって・・・

その上、その上、最近エコクラフトの本が出たため買ってしまったのよね~~。
そしたら、じわじわとエコ熱が・・・・。
作りたい作りたいと思いながらも、ゲームと漫画で精一杯!!
なかなか暇ができない。。。。イライラ・・

やりたい事って・・・重なる時は重なるものなのねぇ~~。
DS買うまではゲームもしばらくほとんどやってなかったのに・・・。
これで私もゲーム卒業か??とまで思ってたのに~~~
なんか最近暇だ~~とか思って(● ̄  ̄●)ボォ----としてたのに・・・。

おかげで家事なんてやってる暇も惜しいほど。。。ほとんどさぼってる。。

ってわけで、ブログもネタが浮かんでこない状態!!
頭がいっぱいいっぱい状態です。。。。
趣味も数種類に没頭しちゃうと日常生活に影響がでるわよね。。。
今度、この趣味没頭生活から抜け出たら・・・・無気力生活が待っていそうで怖い。。。

漫画も読みたいと思っていたものはもうほとんど手に入れてしまったし。。。今はここ半年の間に手にいれた数十冊という本をランダムに読み返してる状態だけど、そのうち飽きるだろうし・・・。
それまで少しの辛抱か??

とにかく、久しぶりちょっとサボってしまったブログ・・・。
どうにかしなくては・・・
スポンサーサイト

反対は?

先日子供の授業参観がありました

子供の学校では学期ごと・・・・
というか、今は2学期制になってしまったので、学期ごとではないですね。。
とりあえず、新学期が始まってから夏休みに入るまで、夏休みと冬休みの間、そして、冬休みと春休みの間にそれぞれ、学校開放日(3日間)と授業参観日(1日)があります。

学校開放日は夏休みが終わった時に作品展示会があったので、それぐらいしか行ってないのですが、授業参観は毎回でました。

なぜか家の子のクラス、毎回参観の授業が国語。。。
3回あるんだから、それぞれ違う授業見せて欲しかった・・・_| ̄|○

まぁ、それはいいとして・・・
今回はまず、「動物の赤ちゃん」について自分で調べたことを一人一人発表。その後、漢字のお勉強になったわけですが・・

「入る」という漢字のときに先生が質問しました。
「入るの反対は何ですかぁ~?」

その質問に生徒たちそれぞれ答える・・・ 
「出るーーー」 「出るーーー」 「ひとーーー」 「出るーー」 「ひとーーー」

(‥ )ン? 「ひと???」 (‥ )ン? 
(* ̄m ̄)プッ _(_△_)ノ彡☆ギャハハ!!バンバン!!

たっ、確かに・・・プププッ (*^m^)o==3
「入る」って漢字の反対・・・「人」だよね・・・(ノ∇≦、)ノ彡

それにしても、「ひと~~」って答えてた子が結構多くって・・・
父兄の間からもクスクスと笑い声が・・・(爆)

1年生の授業は、まだまだかわいらしいもんです 

変身願望?

ネットニュースを見てたらこんな記事が・・・

高級ライダーベルトに問い合わせ殺到

 70年代に大ヒットしたテレビドラマ「仮面ライダー」の大人向け変身ベルトが3月下旬の発売を前に、熱い視線を集めている。3万1500円(税込み)という価格ながら、発売元のバンダイ(東京)には問い合わせが殺到。当時、約380万個売れた子供用の変身ベルト(1500円)に夢中になった30、40代男性がその中心という。
 バンダイ広報チームが「こんなことは前代未聞」と、目を丸くして驚く事態が発生した。
 1月末から2月にかけ、同社のホームページにアクセスが集中し、サーバーがダウン。原因は発売を発表した「コンプリートセレクション 仮面ライダー新1号 変身ベルト」だった。
 予約受け付けはまだ始まっていないが、問い合わせが殺到。「玩具店からの反響もすごい」と、ベルト開発担当のボーイズトイ事業部、斎間伸雄氏(28)は目標の1万個販売クリアに手応えを感じている。  外観、音、風車の回転、発光など仮面ライダー新1号が装着していたものを忠実に再現。本革を使用し、胴回り85~110センチに対応する仕様になっている。
 税込み3万円超の価格は決して安くはない。05年の既婚会社員の月平均小遣いは、3万8100円(GEマネー調べ)だった。
 しかし、横浜市の会社員(38)は「無理してでも買いたい。妻に内証でローンを組もうと思っている」と真剣そのもの。東京都練馬区の会社員(41)は「ベルトが欲しかった子供時代の夢の実現と、心の中の変身願望が買いたいという気持ちにさせる。仕事や日常生活ではなかなかヒーローになれないが、ベルトを着ければ一瞬でも気分はヒーロー」と目を輝かせる。
 ネットオークションやヒーローものを扱う中古品ショップでは、変身願望を満たすグッズが飛ぶように売れている。仮面ライダーシリーズでは、レプリカマスクやスナック菓子に付いていたカードが数万円で取引されることも珍しくない。
 放映開始から今年で35年のライダーシリーズ。太くなった腰にベルトを巻き「変身、トォー!」と叫ぶ中年が日本中に現れる!?
      [ 2006年02月20日付 紙面記事 ]


確かに私も仮面ライダー好きだったけどさぁ~。この年になって変身ベルト欲しいとは思わないよ~。
でもそれはやっぱり私が女だからなのか??
リアルで仮面ライダーを見ていた世の中年男性諸君にとって、この実物大変身ベルトというのはそんなに魅力あるものなのだろうか?
記事中に載っているコメント・・・
「無理をしてでも・・・妻に内緒でローンを組んで・・・」でも欲しいものなのだろうか?? やはりわからん。。。(-_-;ウーン
そりゃ、私だって小さい頃欲しいものあったよ~。「秘密のアッコちゃん」の魔法のコンパクトとかさぁ~。
よくトランプのケースの上をテープで止めて、パカッと蓋を開けては、「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン・・・・」なんて唱えてたわよぉ~
でも、今、その魔法のコンパクトの実物大が発売になるとして・・・・別に欲しいとは思わないけどなぁ。。本当に変身できるなら別だけど(爆)
そういう問題じゃないのか?
大人になっても童心に戻らせてくれる・・・そんな魔法のベルトなのかなぁ?

それにしても、最後の2行が妙にツボにハマってしまったのは私だけ?
そんな中年男性諸君が日本各地に現れたら・・・怖いかも

とうとう・・・

やってしまいました・・・( ̄□||||!!

えーーと、先日書いた「雪国」からほぼひと月後です。。

3月中旬ごろ、バイトはお休み!平日!天気は良好 ドライブ日和です
その日の目的地は日光!

なんで、県外の猪苗代湖より県内の日光のほうのチャレンジが遅れかというと・・・
日光にはいろは坂というものがあるからです!
このいろは坂、一方通行です! 一度上り始めたら、雪があろうがなんだろうが、Uターンできません!!
日光も上まであがると結構雪も降る地域だし、万が一上り始めて雪が路面にあったりしたら・・・積もってて凍結したりしてたら・・いろは坂を下る際にとっても怖い!!! 帰れなくなったら困るもんね
だから、日光はとりあえず後回しにしてたんです。

3月・・・ちょっとまだ雪は心配だったんだけど、お天気の良い日が続いていたので、多分雪もだいぶ溶けてるのでは・・・と思いその日とうとう決行することに。。

途中ちょっと迷いながらも無事いろは坂まで到着。上り始めました。
いろは坂・・・ご存知だと思いますがすごいカーブの連続です。カーブごとに「い」「ろ」「は」「に」・・・・と書いた看板が立てられております。
車に弱い人にとっては魔の坂です。修学旅行や遠足などで酔った方も多いかと・・・( ×m×)オエェ...

私も乗り物酔いするほうですが、運転してる分には平気です。
無事上までたどりつきました。雪も路肩に少しあるぐらいでほとんどありません。そこからさらに竜○の滝方面へ進み・・・更にその先のほうまで走っていきました。

しかし、私がここへ来た目的・・・別にないのよ(^^;) 先日の猪苗代湖へ行きたかったのと同じ理由。
なので、ある程度車を走らせた後、帰るためにUターンしてまた車を走らせていた。道は緩やかな下りである。別にアクセル踏まなくても徐々にスピードがでる。。。目の前にカーブがあった。そこで私はスピード判断を誤ってしまったのである!!

このぐらいのスピードなら曲がれるかな・・・と思ったカーブだったのだが、思いがけず結構なスピードがついてたようで、∑(゚◇゚;) ゲッ!!
というか、結構急なカーブだったようで(ほぼ90度)・・・・
カーブに入った瞬間、「ヤバッ!!曲がりきれないかも!!」と思って、思わずブレーキを踏んでしまったのだ!!

えーっと!!スピードついてるときのカーブでブレーキを強く踏むとどうなるでしょう。。。。

そうです!!見事にスリップしました!!ぎゃぁー
でも、スリップした原因はもうひとつ考えられたのです!!
なんとそこのカーブ付近に砂利がまかれていたんです!!砂利というか砂というか・・・。
何の砂だと思います?? 滑り止めの砂ですよっ!!!!_| ̄|○
そう・・・雪が積もった際に滑り止めのために砂利がまかれたりするんですよね。多分それだと思うんです。
それが、ここ数日お天気よくて雪だけとけて砂利だけが残ってたんですよね。だから余計に滑り易い状態だったと思うのよね。。。

で、スリップした車、ハンドル操作がまったく利かなくなってしまい、私の気持ちと裏腹にいきなり反対車線に飛び出した!!
∑ヾ(;☆ω☆)ノギャアアーー!!
思わず逆にハンドルを切る!!車は蛇行して再び反対車線へ・・
ヾ(;゜曲゜)ノ ギャアアーー!!
もうどっちにハンドル切ったらいいのか・・・パニくる私
前を見ると正面から車が・・・(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ
しかし、ハンドルが利かないまま今度は、ガードロープに正面から突っ込んでいった
もんのすごい衝撃 &頭の中でこっから落ちたら死ぬ~~~(||゚Д゚)ヒィィィ!
ガードロープにぶつかった一瞬、衝撃でハンドルにおでこをぶつけながらもいろんな事が頭を駆け抜ける!!

さて、ガードロープにぶつかった後、その弾みで、今度は後ろ方向にスピンしながら、また反対車線のほうへはじきとばされ、そして、反対車線とその向こう側の路肩のほう(幸い路肩が少し広くなっていた場所だった)にまたがるようにしてようやく車が止まったε=Σ( ̄ )ホッ

おでこは痛くなかったが心臓が止まるかと思うぐらい激しい動悸・・・パニック状態。頭の中はまっ白
それでもとりあえず、ここに車が止まってたら邪魔かと思って路肩に寄せようとした。。ところがエンジンがかかってくれない。車が動かなくなってしまったのだ。再びパニック!!

もう自分ではどうしようも出来ないと判断し、そのまま車を降りて誰かに助けてもらうことに。。
しかし、こういう時に限って車って通らないのよね~。季節的にもまだ寒い日光なんて観光客もあまりこないしさ・・・。しかも、たまに通り過ぎる車は見てみぬフリ・・・たいがいカップルが乗っている。
ドラマならばこういうときこそ、イケメンが偶然通りかかって・・
「お嬢さんどうしました?」
って、そこから物語が始まっていくのだろうが・・・(;-_-) =3 フゥ

おまけに当時はまだ今のように携帯を持ってる人も多くはなかった。もちろん私ももってなかった。
近くに公衆電話もない。どうしたらいいか途方にくれていたときである。。
「お嬢さん・・・」ではなくて・・・「お姉ちゃん、どうしたの?」と一台の車が止まってくれた。。。
しかもその車・・・・・・ゴミ収集車だった。。(_△_;〃 ドテッ! 声をかけてくれたのはイケメンとは程遠いおじさん2名。

いや、この際そんなことはどうでもいいのだ、止まって声をかけてくれた!!おじさんだろうがなんだろうが私にとっては神の声に聞こえた!!
事情を話すと、「とにかく警察に電話したほうがいいね。ここだと竜○の滝のところまでいかないと電話はないよ。そこまで結構あるから乗っけていってあげるよ」と、親切にも車に乗せてくれた。
ゴミ収集車に乗るなんてはじめてよ・・・・・・・( ̄  ̄;)
しかし、このごみ収集車、車高があるから結構乗り心地がよい(爆)見晴らし最高である。
竜○の滝でおじさまがたにお礼をいい、車から降りると早速電話をかけた。けが人なし、自損事故ということで、「とりあえず事故処理の人を向かわせますのでそこで待っててください。」とのこと。。

20分ほどボケっとそこでまってるとようやくパトカーがやってきた。今度はパトカーに乗って事故現場へ・・・。パトカーに乗るのもはじめてよ・・(;´▽`A``
現場に着くとまず車を動かすことに・・・私が動かそうとした時は動かなかった車、警察のおじさんはいとも簡単に動かしてしまった。
そう・・・パニックってた私は、ギアが「ドライブ」に入ったままの状態であったことを確認する余裕がなかったのだ。オートマ車はギアがパーキングに入った状態でないとエンジンがかからないようになってるのよ!!そんなこともすっかり頭から吹っ飛んでいたのね

車を路肩に寄せると、今度はパトカーの中で事情聴取(^^;;
免許証を見せると「お姉さん、雰囲気違うね~」とどうでもいいことを言われた。そう、免許証の写真はショートカットだったのだが、普段の私はロングにしてることが多い。その時も免許証よりすっかり髪が伸びてたのよね。きっとその方はパニックの私をリラックスさせるためにそんなことを言ったのかな・・・と後になって気づいたが・・・・。
自爆ということで、公共物を壊したわけでもなく(せいぜい道路にタイヤの跡をつけた程度)、他人を傷つけたわけでもなかったので、幸い点数を取られることはなかった。ラッキー
一通り話も終わって、車をもう一度見てくれることに・・・。
ポロリと外れていたライトも無理矢理もとの位置に押し込んでくれた。とりあえず動くのでそのまま運転して帰っても大丈夫だろうということ。
ただ、前がぐちゃぐちゃの車を運転して帰るのはかなり恥ずかしかったが、自分がやってしまったことだから仕方ないだろう。。

しかし、この事故のショックはやはり私の精神面に大きな傷をのこしていた。帰りのいろは坂の下り・・・カーブの度にいまにも止まりそうなぐらいにスピードを落としながらまがっていた。後ろを確認する余裕が無かったので、後ろに車がいたかどうかは定かでないが、もしいたとしたら、後ろのドライバーさんはさぞかしイライラしてたことだろう・・・(^^;)
約1時間半かけて、今度はなるべく車どおりの少ない道を通り家までたどり着いた。

車は母の車である。それから1時間弱・・・私は母の説教と嫌味を散々聞かされるハメに・・・
しかも、車検証も見せたよ~というと、ゴールドドライバーの母は怒り狂って「私の免許に傷がついたらどうするのよっ!!!」と・・・。
それを聞いてさすがの私もドタマにきた

あんた、さっきから言いたこといってるけど、自分の心配ばっかりじゃん!なんで、私の事故であんたの免許証に傷がつくのよっ!!娘が事故ったというのに「大丈夫?」の一言もないのか??

しかし、ここでこれを口に出すと母の口はさらに1~2時間止まらなくなる恐れがあるため私はジッと我慢して黙っていた。
ようやく言いたいことを言い終わった母、やっと最後に「そんであんたは大丈夫だったの?」
娘の身体の心配は最後かよ・・・(((((¬_¬) フンッ

しばらくして父が帰ってきた。母と違い父は私の期待を裏切らない。
昔から私にとっては尊敬すべき父なのだ。父は私の部屋にはいってくると笑いながら・・・・
「とうとうやっちゃったかぃ?? 今度からは気をつけなさい。」
と言っただけで部屋からでていった。簡潔である。
昔から母親にグチャグチャ長々と愚痴を言われることを私が大変嫌がっていたことを父はよく知っているのである。

車はちょうど1週間後に車検に出す予定となっていたため、まぁ、考えようによってはタイミングがよかったのかも。翌日さっそくディーラーさんが来て、修理と車検を一緒にやってもらうことに。。。

数日後、見事に綺麗に復活した車が戻ってきました

事故は慣れた頃に起こす・・・・まったくその通りである。
その後私は事故を起こすことも無く(多少ぶつけることはあるが)、免許証は輝いております

小だよっ! (BlogPet)

今日、RINOが
私はお隣のテレビをチラチラしながら歩いていたのだが、本当に運のいいことに、お隣のテレビに近づいたときに、ちょうど友達もこちらのテレビに近い場所にいたのだ。。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サイファ」が書きました。

雪国

国境の 長いトンネルを抜けると雪国であった・・・・

さて、私が一人暮らしをしていた神奈川県からこちらの実家に戻ったのは9~10年ほど前だろうか。
都会にいた9年間ほどで、私は立派なペーパードライバーとなっていた。

都会ではとにかく交通が発達している。
だからお部屋を借りる時も駅からどのくらいの距離か・・・など結構重要だったりする。
電車も私鉄からJR、バスだってあちこち走ってる。とにかく車を運転しなくても困ることはない。

ところが実家にもどってきたら・・・ 足がなくっちゃどこにもいけないのよ~。
私が東京へでて1年後ぐらいに実家の両親は現在の場所に家を買っていた。それがまた不便なところだったのよねぇ~(同じ市内だったんだけど)。
高校まで過ごした社宅だとわりと街の中心部から近いところだったので、歩いていける場所に(自転車があればなおよいが)そこそこ困らない程度のお店はなんでも揃ってた。
駅は遠かったが、遠いといっても2キロほど。歩いてでもいける。

しかし、新しく引っ越した場所は駅こそ気持ち近くなった(一応新幹線も止まる駅だ。)だが、駅なんてこの辺の人はほとんど利用しないのよね。近くても別にメリットなし!!
駅よりも生活用品が揃うお店が近くにあるほうが重要よ!
しかし、私の実家・・・歩いていける場所になにもない。というか、小さなスーパーがひとつにその前に病院はあるが・・・
すぐ裏にはゴルフの打ちっぱなしもあるがそんなんあったって、これまた我が家にはなんのメリットもない
つまり、CDやビデオのレンタルショップもなければ、書店は・・(゚O゚;アッ! 一応あったけど小さくて欲しい本が揃ってない_| ̄|○
手芸屋さんもなければ、洋服や靴を売ってるお店もない!!つまり、私が楽しめるお店がほんっとになんにもない!!! 〓■●ばたっ

立派なペーパードライバーの私には運転する度胸もなく、しばらく引きこもり生活だったわよ。でも、そんな生活つづくはずもなく・・これじゃノイローゼになりそうだ!!運転を覚えなくては!!!

そして、実家にもどって1ヶ月もたったころ、とりあえず、よく知ってる場所ならば運転できるようになっていた。
道がわからない場所はさすがにまだ怖くて、冒険する度胸がなかったが・・・それでも少しずつ行動範囲もひろがってきていた。
そして、ちょうどその頃、書店でのバイトも決まった。本好きな私・・・一度書店で働いてみたかったのよ。。。
バイト先ももちろん車通勤である。母の車はいつの間にか私が使用するほうが多くなっていた(;´▽`A``

さて、私が運転を覚えて3ヶ月になるかならないかの頃である。
2月の中旬か下旬ごろ、バイトもお休み♪しかも、平日!お天気良好♪
その頃には私も新開拓をすべく遠出にも挑戦するようになっていた。そしてその日も・・・・。

その日の目的の地は福島県の猪苗代湖であった。
運転に慣れてきたら絶対に行きたいと思っていた場所だったのよ。
猪苗代にいくルートは大きく分けて2つ。まずは国道4号をひたすら北上する。そして白河市で道を曲がりいくつかの村を通り、最後の方には峠を越えて走るルート。もう一つは国道4号を郡山までひたすら北上して、そこから今度は猪苗代方面へ曲がるというわりとシンプル。道もこちらのほうが走りやすい。しかし、国道は混む上、そちらのルートは多少遠回りとなってしまうのだ。
私は前述した方の道を選んだ。もともとそちらのルートをどうしても通りたかったという気持ちもあったから・・・。ただ、山越えをするから雪が少し心配だったが・・・。

ドライブは順調だった。福島に入っても雪はほとんどない。ここ数日お天気が良かったせいもあるだろう。
白河で国道4号をはずれ、狭かったり曲がりくねったり、広くて走りやすい道になったり・・・運転するのは結構楽しい♪
郡山までひたすら平坦な4号をまっすぐ進むより断然楽しい
そして、いよいよ山越えに入った。カーブを曲がりくねりながら上っていく。雪も思ったほど無い。スタッドレスタイヤだから多少の雪なら特別問題も無いはず。たまに、路肩に雪が残ってたりするが、道路にはほとんど雪はなかった。。。
峠の頂上付近には長いトンネルがある。このトンネルを抜ければあとは下りでいよいよ湖も近くなる。。。
国境ではないが、そのトンネル結構長い。。いよいよトンネル突入~~♪
そして、その長いトンネルを抜けると・・・( ̄△ ̄;)エッ? ( ̄□ ̄;)ギョッ!! ∑ヾ(;☆ω☆)ノギャアアーー!!
なんとそこは雪国になっていたのだーーー

見渡す限りのまっ白の世界の中で私の顔は思わずまっつぁお
おまけに吹雪というおまけまでついていた。。。(゚ロ゚)ギョエ~~!!
トンネルひとつ抜けただけでこれほど天候が変化するとは・・・
道路の雪は凍結してるようにも見える。。怖い!!ひじょーーに怖い!!
これから先は果てしなく下り坂なのである。。滑るよ!!絶対に事故るよ!!!運転暦3ヶ月の私の運転技術じゃ、ヘタすりゃあの世行きだよぉ~~ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

怖くなった私・・・トンネルを抜けてすぐの道の路肩は少し広くなっている。。
そこで、そそくさと車をUターンさせると、すぐさま出たばかりのトンネルへ逆戻り・・(汗)
そのまま大人しく自宅まで帰ってきたのでした・・・・

確かにね・・福島の猪苗代方面は雪が多い地方なのよ・・・・
やっぱり運転初心者の私がチャレンジするには季節が悪すぎたかも・・・
しかし、その数日後、今度はもう片方のルートから猪苗代湖に挑戦し、無事到着いたしました。やっぱり最初からそちらのルートを通ればよかったのよ。。
でもね・・・私はどうしてもあちら側の・・・峠のほうを通りたかったの。その訳もあるの。それは・・・きっともっと後に書くことになるかなぁ~~(笑)

そして、数ヵ月後の春になってから・・・私は再び峠道のほうから猪苗代湖へ挑戦した。雪もなくなってたので、今度は無事目的地まで到着できました。私の行きたかった場所にも・・・♪
そして、その後、猪苗代方面は暇な日の私のドライブコースとなったのであった

シカトかよ!?

本日はちと真面目に書きたいと思ってます!(いつも真面目にかいてるけど)
なぜならちょっと怒ってるから!!いわゆる愚痴です!ぼやきです!!
あ~愚痴は聞きたくないよ~って方、ここで読むのはやめましょう!


さて、ブログをはじめて間もない頃、「あいさつ」についてぼやいたことがある(参照)。
あれから10ヶ月・・・。
あの頃は近所の子の様子しかわからなかったが・・・、10ヶ月たった今・・・わかりました。。

近頃の子はほとんど、挨拶がろくだまできない!!ということが!!!

本日、防犯パトロールの当番であった。これは子供の下校時に、安全に下校できてるかどうか、不審者などがいないかどうかを見回る当番である。結果は日誌に書くようになっている。育成会ごとにそれぞれ順番で廻ってくるもので、我が家の地区だとだいたい2ヶ月に一度の割合で廻ってくる。
ってことで、今回で4回目だか5回目だかだったのだが・・・

下校時といっても学年ごとに下校時間が違うわけであって、そういう時は2度ほど見回り(大抵は一ヶ所に立って様子を見ているだけ)に行く方もいる。もちろん1度だけでもかまわない。それは各人の自由なのだが、私は今まではいつも一度しか行ってなかった。自分の子供が帰って来る時間帯である。大体において他の学年が何時間授業で何時に終わるかなんて知らなかったし。。。
しかし、月曜日と木曜日だか金曜日は2度見回ってる方が結構多かったので、今回月曜日だし・・・、たまには高学年の子が帰る時間帯も巡回するかぁ~と思い、まず1回目・・低学年の子の下校時刻・・2時半~3時ごろ。2度目・・・高学年の子の下校時刻3時半~4時ごろ、見回ることに。

防犯パトロールの時は黄色いジャンパー着用。帽子も着用。それと黄色いタスキもかけなければならない。。。結構恥ずかしい。。(しかし、今回このタスキが袋に入ってなかったが・・・)
私はいつも、大抵の方がそこで立って監視しているという場所、我が家から400~500mの場所で立って見ている。往復歩きである。2度いくと1.5~2キロ歩くことになる。ひ弱な私には結構きついのだ。
しかし、この物騒なご時世。。。子供のため・・・。私だけラクしてちゃ(≧◇≦)乂ダメダメッ!

さて、低学年の下校の様子・・・。まぁ、1年生もだいぶ慣れてきてるのでみんな結構団子になっておしゃべりしながら歩いてたりする。
挨拶・・・もちろんなし!! まぁ、低学年だから仕方ないと自分に言い聞かせる。仕方ないからこちらから「おかえりなさい」だの「こんにちは」だの声をかける。
しかし・・・返事なし・・・・ムカムカ…((o(-゛-;)
 
 シカトかよっ!!

まぁ、いい・・・。所詮まだまだ小さいのだ。挨拶が上手くできなくても・・・いやっ!!本当は小学生になったらできるはず・・・。
しかし、目をつぶろう。。まだ1年生なのだ。恥ずかしかったりするだろう!!( ̄  ̄) (_ _)うんうん
いきなり知らない人に挨拶されても(たとえパトロール用の装備をしていても)とまどうこともあるだろう。。

ってことで、低学年・・・挨拶・・・ゼロ!!  マジ??

そして、低学年の下校が一通り終わったようなので一旦家に帰り30分後再び向かう。
監視場所に向かう途中で数名の生徒に出会う。
何年生かわからないが多分中~高学年。近所の5年生の子も歩いてたし。。
しかし、学年が上がっても自分から挨拶してくる子が・・・(;-_-) =3 フゥ
仕方ないからまたこちらから「お帰りなさい」だの「こんにちは」だの声をかける。
返事が無い・・・

 またまた、シカトかよぉ!!!!!

この学年になったら、この服装をみればパトロールしてるってのはわかるはず!いったい誰のためにパトロールしてるのか!!!
なのに、挨拶もロクにできないのかぁ~~~

それでもさすがに高学年!!
元気に「こんにちはぁ~」と挨拶してくる子もいる。但し、今回自分から挨拶してくれた子4~5名ほど。うち2名は「御苦労様」のおまけまでつけてくれた。嬉しい~~

それにしても、こちらから声をかけても返事もできないとは・・・
一体近頃の子達はどうなってるの??
低学年は目をつぶったよ!!でもね、高学年で挨拶できないってどういうことさっ!!家で挨拶の仕方も教えてないの??

そりゃさ、今の時代物騒だわよ。知らない人に声をかけられてもついていっちゃ絶対駄目よっ!!
でもね・・・防犯パトロールの装備してるんだよ!!いくら知らないおばさんが声かけたからって、この服装みりゃわかるだろうがぁぁぁ!!

とにかく高学年の子がこれじゃ~、低学年の子があいさつできないのもわかる。

私たちの時代、私が最初に通ってた小学校は学校のすぐそばの横断歩道に、毎朝立って誘導してくれるおじさん(今でいう旗当番?)がいたけど、毎日元気に「おはようございま~す」って挨拶してたよ。
入学したてのころはできなくても、同じ班の高学年の子がするから、それを見て低学年の子もするようになってくるのよ。
つまり学校に行くのに家を出た瞬間から、高学年の子がお手本になるんだよね。
その高学年の子が挨拶できないんじゃ、低学年の子も挨拶はしないわな。。。
しかし、その元凶はといえば、結局各家庭にあるわけであって。親が教えてないとしか思えない!!というか、多分教えてるんだろうけど、目が届かないところでちゃんと挨拶できてるか把握してないんだろうね。それとも、やっぱりその子の性格というものだろうか?だとしたら最近の子は挨拶できない性格の子が多いということ??

家は、ほんと母が小さい頃からうるさかったから・・・
「たとえ知らない人でも、ご近所さんにあったら笑顔で挨拶しなさい」
って何度言われたかわからない!!
してる!!!つ~のにしつこく言われてたからね~。

学校では、校内ですれ違う先生、お客様・・・とにかく大人の人とすれ違う時は挨拶するようにしてた。もちろんそれは私だけでない。生徒はほとんどそうしてた。

校外でだって、学校関係者ってわかる人には挨拶は当たり前だった。
そりゃ、普通の服装で歩いてる人じゃ、誰が誰だかわからないけど、パトロールの服装してりゃ、自分たちの学校の親だってことはわかるだろ!!なんで挨拶の一つもできないんだろうね!!!

ったく!! 

って、うぁぁ~~愚痴がこんなに長くなっちゃって・・・・
あぁ~もう、私の文章は毎回長文なのは皆様もうご存知だと思うので・・・申し訳ありませんが今後とも長文にお付き合いください。。。
毎回毎回ご拝読ありがとうございます<(_ _)>

偶然の再会

私のブログのタイトルにたまに「偶然」という文字が使われている。
三十ウン年生きてると、偶然と思われる出来事が多々あるものだ。
もっとも、偶然なんてものは最初からなく、それはもともと自分の人生の中では決まっていた出来事、つまり、偶然でもなんでもなく、必然的な出来事であるとはたま~に聞くが・・・そんなもんなのかしらね??私にはやっぱりものすごい偶然に思えるのだが・・・

さて、バカ乙女シリーズで高校時代に片思いしていたKくんについて書いているが、1話目を読んでくださった方はご存知であろうが、彼は1つ下だった。私が彼を意識し始めたのは彼が入学してからすぐにではない。多分5~6月ごろ。本気(マジ)で好きだと思うようになったのはもっと後だったと思う。

なぜなら、新入生で最初に私が目をつけたのは別の子だったからである(決して若いツバメ漁りをしていたわけではない!)(爆)
彼はどちらかというと目立つ人物だった。ちょっと不良っぽい子であったと思う。ルックス良し
入学してまもなく私の目にとまることになる。。
高校の体操服は前にでかでかと名前のゼッケンがつけられてたため、名前もすぐに覚えた。1年○組のBくんである。

友達もお気に入りだったようで、彼を見かけるたびに二人で盛り上がっていた。

ところが、このBくん、何月ごろからか忘れたが、突然姿をみかけなくなった。まだ1学期も終わってなかったころよ。。友達とも、最近見かけないね~なんて言ってたのよ。。

数日後、見かけなくなった事情が判明。。。なんと、退学していたのだ 
Σ(- -ノ)ノ エェ!? マジ?? まだ1学期だよ。○月だよ!!ちょっと早くない?
学校に嫌気がさしての自主退学か? はたまた何かやらかして退学処分になってしまったのか・・・。
何が原因だったかは私たちにはわからなかった。ただ、ちょっとこの学校には合わなかったのかもしれない。彼はそういう目立ち方をしていたのだ。。。確か停学も1度くらってたはず

まぁ、そんなこんなで学校から去ってしまったBくんのことは次第に私の記憶から消えていった。。。

のだが!!!!実はこの数年後、思わぬ再会(っつっても相手は私たちのことなんか知らなかっただろうが)をすることになるとは・・・
いったいその時誰が予想していたであろうか!!!!


高校を卒業し、私は東京の専門学校へ・・・そして友達は他県の短大へそれぞれ進学した。
2年がすぎ私は横浜にアパートを借り、そこから東京の職場へ通う日々・・。
そして、友達は地元に帰り地元の企業へ就職したのだが・・・

彼女とはごくたま~に電話するぐらい。あとは私が実家に戻った時に合うぐらいだったのだが・・・
電話でだったか、会ったときだったか忘れたが、彼女が突然訊いてきた。
友「ねぇねぇ、高校の時の1年下にBくんっていたの覚えてる?」
記憶がどんどんよみがえる~~(爆)
そりゃ、覚えてるわなぁ。数ヶ月ではあったが、結構キャーキャー騒いでたからなぁ・・・。
私「覚えてるよ~。1年○組のBくんでしょ?△△(担任の名前←大変怖くて有名先生だった)のクラスだった・・・」
友「そうそう、そのBくん、今同じ職場にいるんだよーーー」
私「エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゚ ゚ ちょっとそれホント??」
友「ほんと、ほんと、1年のときに退学したとか言ってたし。」
私「じゃ~、本人だよ~~∑(='□'=)ウッソー!? でさ、今でもカッコイイ??(←イケメン大好きなので一応確認)」
友「(-_-;ウーン 」(おや?なにか考え込んでる様子)
私「なに?昔の面影ないの?」
友「なんか、カッコイイとはちょっと違う気がする」

と、このような会話が繰り広げられていた(爆)

まぁ、とにかく大変驚いたのは確かだが、そのとき私には彼氏もいたし、別に今更Bくんには興味はなかったのだが・・でも、ちょっと会ってみたい気もした。しかし、ものすごく会いたいというわけでもなく。。
ただ、お友達の会社の人たちは大変仲がよいらしく、その後、
「一緒にスキーにいったよ~」とか聞いたりすると、高校時代の彼を思い出して「へぇ、いいなぁ~」とは思っていたのだが(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
社員旅行だってもちろん一緒に行ったりしてるんだろうな~~なんてちょっと羨ましかったりして。。。

さて、時は過ぎ去り数年後、その友達が結婚することになった。
友達はそのとき既にその企業をやめて別のところに勤めていたが、お相手の方がその最初にお勤めしていた会社の方であったため、そこの社員の方も結婚式に招待されていた。もちろんBくんもである。

披露宴も終わり、2次会が開かれる会場に移動。そしてそこでBくんと再会することとなったのである。
事前に友達に写真はみせてもらってたから、なんとなく顔は記憶していたが、確かに写真のBくんは昔の面影が・・・
なので、彼のほうから私たちのテーブルに近づいてきたとき、最初は誰だかピンとこなかったのよね。
どちらかというと高校時代は荒れてる性格の印象だったのだが、おちゃらけ(?)キャラに変貌していたし・・・。というか、思っていたよりよくしゃべる人だった。。。(爆)
彼が私たちにジュースをついでくれたのだが、そのとき思い切って聞いてみた。
私「もしかして、Bくんじゃないですか?」
すると彼、(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!して
彼「何で知ってるんですかぁ???」
私「私たち・・・先輩だよ!!(爆)しかも、あなた目立ってたよ~1年○組のBくんってさぁ~」

それから話がはずむ・・はずむ・・話に花が咲き放題(爆)
高校時代の話、なんで退学しちゃったのか・・彼の担任だった怖い△△先生のこと、退学してから何をしてたのかとか・・・etc.・・・etc.・・・
高校時代の私だったら、こんなに楽しく話せなかっただろうなぁ~(笑)

あの当時は男子に話しかけることは本当に必要に迫られた時ぐらいしかなかったし、同じクラス(学年)の男子には嫌悪感さえ抱いていたしで(だから、好きになるのはいつも年上か下ばかりだった)。もちろん全員に対してってわけではなかったけど。とにかく苦手だったのよね。。。そして、私が男子を苦手としていたように、多分男子の方も私を苦手としていたと思う。そういのって伝わるっていうか肌で感じるんだよね(笑)結構辛かったかなぁ~(苦笑)
ちなみに、男子が苦手なわりに好きな子は絶えず作るようにしていたのは、高校生活を少しでも楽しくしたいという気持ちからであった。もともと私は男女関係無く誰とでも仲良くしたいって気持ちが人一倍強かったほうだったから。まぁ、その理由も後日また書くと思うが・・・。

少し話が逸れたが、思いがけずBくんと楽しく話せたことで2次会も楽しく過ごせ、2次会のメンバーは、その後新婚旅行にすぐに出発する友達夫婦を見送るために駅へ・・・
新幹線だか特急だか忘れたが、それに乗って幸せそうに旅立っていった。しかし、その直前旦那様のほうのパスポートがないだのなんだので大騒ぎしていたのだが・・・ 
あのパスポート騒ぎ・・・どうなったんだっけなぁ~。確かそのときは見送りに来てくれた方の手前あるのを確認できないまま出発しちゃったんだよね(爆)
その後、友達からどうなったのか聞いたんだけど忘れた・・(爆)

ってことで、偶然の再会・・・・かなり長文になりました。。
毎回(*_ _)人ゴメンナサイ 長々と読んでくださってありがとうございました

執念のダンス

11月にシリーズ化して書くと宣言しながら、1度書いたきりで全然書いてなかった「バカ乙女シリーズ」第2段です(爆)
ちなみに第一弾はこちら

さて、私が通っていた高校では年に2度ほどフォークダンスが行われていた(はず)。←うろ覚え
確か新入生歓迎会のときと、卒業生を送る会(の意味合い)のものだったような。ちょっと記憶が錯綜してるので、この卒業生を送る・・・の方はもしかしたら違った趣旨だったかも。。
季節的にも秋だったか冬のどちらかなのだが、もんのすごい寒い真冬ではなかったのは確かなので、「卒業生を送る・・・」の意味合いではなかったかも。

で、フォークダンス!!もちろん燃えるわよね!!!
好きな彼と踊りたい!!チャンスよ!チャンス!!!!!

ただ一つ問題があって、全校生徒で踊るため、クラスごとにサークルが分けられてしまう。校庭に大きく分けて3つのサークルにわけられ、そのそれぞれがまた、大きな輪と小さな輪に分けられるため(全部で6つの輪◎◎◎←こんな感じ)、クラスが違ってくると、同じサークルになれる確率が・・・

3年生、春のフォークダンスのとき、Kくんとは違うサークルになってしまったので踊れなかった。

そして・・・高校生活最後のフォークダンス!絶対に踊りたい!!このチャンスを逃したら、もう一生彼とは踊れないのだ!!嫌でも全身に力が入る

しかし・・・、数日前に各クラスに配られた、フォークダンスのサークルの振り分け表・・・。
無情にも彼とは違う円になってしまったのだ
私のクラス一番校舎側の大きな円。Kくんのクラスは真ん中の大きな円

最後のチャンスが・・・・_| ̄|○ ガクッーーーー

だが、私のほうも必死だった。ここで、「はいそうですか」と大人しくしてるほど素直な女子高生・・・とはもうとっくにおさらばしてたのだ。恋のためなら・・なんだってやるのさっ( ̄ー ̄)ニヤッ

幸い私と彼の円はお隣同士。しかも二人とも外側の円である。
私は密かに考えた。。ちょこちょこっとお隣の円へ紛れちゃえばいいんじゃん
幸い、お隣の外側の円に割り当てられた3年生のクラスに仲良しのお友達がいる(っていうか、高校時代は比較的みんな違うクラスの子とも仲良しだった)。円を作ってる最中に彼女に近づけるチャンスがあれば・・・(*≧m≦*)ぐふっ
同じクラスの友達も、そうしちゃいなよ!!!って応援してくれてる。
これはやるっきゃないよっ!!( ̄ε=‥=з ̄) フンガー
私はやるよ!!彼と踊れるならそれぐらいのこと!!(でも、ほんとはやっちゃいけないんだよっ!

さて、とうとう運命の日がやってきた。彼と踊れるのは最初で最後かもしれない。。。
いよいよフォークダンスの時間になり、全校生徒が校庭に出てくる。皆、割り当てられた場所へいき円を作り始める。円を整えるためにぐるぐる回りながら・・・
私はお隣の円をチラチラしながら歩いていたのだが、本当に運のいいことに、お隣の円に近づいたときに、ちょうど友達もこちらの円に近い場所にいたのだ。。
「今だ!!!」
私は忍者のごとく、ササササッーーーと自分の円を抜けるとお友達のところにダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ
心の中ではどうか知らんが、友達のクラスの女の子たちも結構お話したりしたことはあったので(上にも書いたが基本的に同学年の女の子は仲が良かった)、誰も文句を言う人はいない。逆にみんな「おいでおいで、入っちゃいな!」って快く入れてくれた。
ちなみに、こうやって快く「入っちゃいな」って言ってくれた子達、私が誰と踊りたくてやってきたかなんて、全然知らないのよ。なのに、気持ちよく同じ輪にいれてくれた。とっても嬉しかったよ~(TT▽TT)ダァー

見事に彼と同じ円にもぐりこめた私。まず、彼の位置を確認。結構はなれてるなぁ。。。。大丈夫かなぁ。。。
なにしろ、せっかく同じ円にもぐりこめても、一緒に踊れないと意味が無いのだ。

さて、いよいよダンスがはじまった。たいてい毎回、3曲踊るのだが・・・
オクラホマ・ミクサー、コロブチカ、マイムマイムである。
マイムマイムはいつも最後に踊るのだが、オクラホマとコロブチカをどういう順番で何回踊ったかはさすがにもう覚えてない。

ただ、最初のオクラホマのときにぎりぎり彼と一緒に踊れた
(〃д〃)きゃ~♪((o(б_б;)o))ドキドキ 嬉しくて恥ずかしくてうつむいたままだったので、彼の靴しか見てなかったような・・・。
コロブチカは確か逆周りになるのよね。なので、それも一緒に踊れたのだが、これは向かい合って踊る場面が多いのだが、やはり恥ずかしくて彼の手しか見てなかった
そして、この2曲を何度か繰り返し踊りマイムマイムに移る前の曲がオクラホマだったのよ。ちょっと離れてたのね。でも、絶対にもう一度踊りたかった!!
もう少しーーーー!!ここで終わるなぁーーー!!続いてぇーーーー!!
心の中で叫び続けながら踊るσ( ̄∇ ̄;)。
そして、私の執念が通じたのか・・・・・曲が終わるギリギリのところで彼が目の前に。。。.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪
って・・そこで、曲が終わってしまった・・(/||| ̄▽)/ゲッ!!!

しかし、悲しむことはない!!なんせ次はマイムマイムなのだ(*≧m≦*)ぐふっ
この曲はパートナー交代がない!つまりずっと手をつないでいられるのである!!!なんてラッキーな私!!!

マイムマイムの曲の間、緊張しっぱなしであった。私の全神経が彼とつないでる左手に集中していた。とにかく夢のような時間だった

そして・・・その夢の時間も終わる時がきた

彼が入学してから4回フォークダンスが行われていた。
しかし、毎回サークルがちがっていたため一緒に踊れることはなかった。
だが、最後の最後、私は勇気を出して彼と一緒に踊るという最高の思い出を手にいれたのである!
その日はもちろん普段より格段に私のテンションが高かったのは言うまでもない。
協力してくれたお友達にももちろん大感謝である。みんな気持ちよく一緒の円に入れてくれありがとね

私は今でもあの日のこと・・・彼と一緒に踊れた感動と、お友達の優しさを忘れてないよぉーーー!!

小だよっ!

我が家の7歳児・・・
今でこそ口が達者になり、それなりに屁理屈まで言うようになったが・・
実は言葉が遅い方だった。。。

一般的に女の子のほうが早く男の子は遅いとは聞いていたが、当時住んでいたアパートの裏のマンションに同じ年頃の子が2~3人いたのだが、その子たちはどんどんお口が上手になっていくのに、家の子はいつまでたっても言葉らしい言葉がでてこない・・・
2歳を過ぎても「あ~」だの「う~」だの「まんま(けっしてご飯でもママの意味でもない)」ぐらいしか口からでてこなかった。
焦ったり心配したりの私は本などの絵や写真を見せては言葉を一生懸命教えていたのだが・・・
全然喋ってくれる気配はうかがえなかった。。。。
母からは「あんたがちゃんと話しかけてあげないから喋らないんじゃないの?」と嫌味まで言われ・・・
「そうなのかなぁ・・・・」と妙に自己嫌悪に陥ってみたり・・・_| ̄|○

それでもきちんと単語の意味は理解はしているようで、○○はどれ?と訊くとちゃんと指をさしてくれてたので、その点に関しては安心していたのだが・・・。

そして、そんな我が子がやっと言葉らしいものを口にするようになったのが2歳半になるかならないかの頃である。
きっと2歳児の頭の中には私が必死で教え込んだ言葉が溜まりに溜まっていたのだろう。
一つ言葉がでると、それはそれはもう、ものすごい勢いでいろんな言葉がでてくるようになった。
これで一安心。。。。d(*⌒▽⌒*)b イエィ♪ と思っていたのだが、喋り始めたら始めたで予想外に大変なこともでてきた。。。


さて、あれは家の子が2歳のおわりか3歳ぐらいの頃であろうか・・・。
某デパートにお買い物へいったときである。
子供がトイレに行きたいと言い出した。もちろん私も一緒についていく。
私もしたかったので、とりあえず個室に一緒に入った。
まず子供のほうを先に終わらせ、「じゃ、後ろで待っててね」といい、私も・・・・
さて、コトを終えて服装を整えてる時である、突然子供が大声で

「お母さ~ん、もう、う○ち出た~~??」

( ̄□ ̄;)ギョッ ( ̄□ ̄;)ギョッ ( ̄□ ̄;)ギョッ!!!!
そんなん(間違った情報を)でっかい声でいうなぁ~~~
確かさっきお隣の個室にも誰か入ってきてたよなぁ・・・
もしかしたら、他にも誰か外で待ってる人がいるかもしれない・・・
焦る私 うんじゃないよ、し○こだよぉ~~~
絶対今の聞いた人は、私がうちをしたに違いないと思ってるよぉ~~~。Σ(=∇=ノノヒィッッー!!
そんなのやだーーー!!いくら生理現象でも、誰でもするものっていったってそんな誤解されるのはいやぁぁーーー!!!

と思った私はさりげなく落ち着いた(それでも普段より大きな)声で・・
「う○ちじゃないよおし○こだよ~」と自分で自分をフォロ~
言ったあと、わざとらしかったかなとは思ったけど、誤解されたままよりはマシよっ!!( ̄  ̄) (_ _)うんうん

子供ってほんと何を言い出すかわかったもんじゃない・・・
お子さんお持ちのお方はまぁ一度や二度は経験あるとは思いますが・・・ヾ(@^▽^@)ノわはは

その後子供に、「ああいうことは大きな声で言わないでね」と念をおしたのは言うまでもありません。

しかし、その後・・・子供と一緒にトイレに入るときはなぜか自分から、
「お母さんもおし○こするから待っててね」と一言言ってからするようになった私。。。。
子供に間違った情報を流されるぐらいなら自分から最初に言っといたほうが・・・と悲しい癖(?)がついてしまったのだった・・・。(ヘ;_ _)ヘ ガクッ


続・便利だけど不要! (BlogPet)

今壊れても反応し・・・
また同じことの繰り返しになるのも嫌だし・・・
が、その後確認したら取れてしまったほう
穴、結構小さいので細い棒状のもでないと思われますか・・
なんというかなぁ????
ってことで、我が家のは幸いにしてきたんだけど、まぁ、私は滅多にテレビをみないので、あまり必要にせまられることは出来ないけど
がテレビ、下がビデオのリモコンなので、旦那はテレビの操作部分になってるのかなぁ~?
とりあえず、我が家のテレビ事情長々
とご拝読ありがとうございましたしかし、この奥にチャンネルを一発でチャンネル替えを続けてます
もともとビデオの操作も設定しなおす時に取説をひっぱりださないといけなくて、ボタンが埋没しておくとなかなか便利


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「サイファ」が書きました。

つい手が・・・

出てしまいました。
何かというと切手。はい切手。そうです切手!(しつこい?)

本日郵便局へいったらふと目に入ってしまった。
本日発行の記念切手シート。

48-kitte999.jpg

(↑クリックするともう少し大きな画像がでます。)

うわぁ~~~懐かしい~~.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

思えば、小学~中学生にかけて「宇宙戦艦ヤマト」やら「銀河鉄道999」やらにはまった時期があったんです。いわゆる松本零士さんの世界ですね。他にも「1000年女王」とか「キャプテンハーロック」とかなんとかありましたけど、一番はまったのが「999」&「ヤマト」だったわけです。
絵が綺麗でしたね~。特に、女性がね。。。男性が描いたとは思えないぐらい繊細で。。。細身で長髪、切れ長の目。。。(*゚o゚*)~゚ ボー
後は宇宙の世界がね~~美しかったですね~~。

確か小学生の頃「ヤマト」のカレンダーを愛用してた年があったほどよ(爆)
姉のお友達が「ヤマト」のLPとか譲ってくれたり。。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
以前ちょこっとブログにも書いたけど、「ヤマト」のプラモデルを買って組み立てたり・・

「999」のほうはそういうグッズは買ったことはなかったけど、会社にお勤めして間もない頃、当時ビデオデッキを持ってなかった私に、同僚の方がわざわざテレビで放送した映画を数本録画してくれたこともあり・・・
現在も大切にとってあり、今でもたまにみてます(って、現在は子供が観ることが多いのだが・・)

まぁ、それぐらい大好きだったわけで・・・

なもんで、この切手見つけた途端ついつい・・・

でもね、私、切手って買ったら使っちゃう人なんです。
以前、文通が趣味でよく記念切手とか買ってたんですけど、1枚だけはとっておいたりしてたんだけど、よくこのように一枚一枚違う絵のものだと全部とっておかないといけなくなっちゃうでしょ~?
キリがなくて・・・
だから、切手収集みたいなことはやめました。
かわいい切手でも、綺麗な切手でも、使いたい時は使っちゃう♪
使う時ってのも結構快感なんですよ~(笑)

でも、最近はあまりお手紙を書くこともなくなっちゃったから・・・
この切手シートは多分当分は手元に残ってるんじゃないかなぁ・・・(*'ー'*)うふふっ♪


追記:このアニメの切手シリーズは第7集まで発行される予定みたいです。
   今回は第3集。ちなみに第1は「ポケモン」、第2は「ガンダム」でした。

続・便利だけど不要!

前回の続きです。

えーー、クイズの答え・・・みなさま真剣に(?)お答えいただきましてありがとうございました<(_ _)>

しかし、答えはいたって単純。。。考えていただいたのが申し訳ないぐらいなもんです

とりあえず、我が家のテレビは結婚前から旦那が使っていたもので、もう10年以上たってる年季もの。古いです。なので、現在のテレビがどうなってるのかは私は知りませんが、古いテレビは本体のボタンもちゃっちいというか・・なんというか・・・

とりあえずこちらをどうぞ・・・

20060201145329.jpg


ボケててすいませ~ん。何度も撮り直してみたんですがどうしてもボケちゃうのよね~。見にくいかとは思いますが、とりえあずチャンネルのところのボタンわかりますか?
前回の記事で片方(右側)が既に取れてたと書いたんですが、その後確認したら取れてたじゃなくて、ボタンが埋没してました(汗)。押しても反応しません。
で、左側が今回ポロリと取れてしまったほう。穴が開いてますよね。。。まぁ、この奥にチャンネルを変えるためのスイッチがあるわけなのよ。

ってことで、旦那はこの穴の奥のスイッチを押すことによってチャンネルを替えているわけです。しかし、この穴、結構小さいので細い棒状のもでないと通りません。何を使ってるかというと・・・耳掻き・・・(- -) ・・・・
まぁ、たまたま近くにあったからだと思うけど・・・耳掻きの反対側(普通ぽんぽんがついてるでしょうが、我が家の耳掻きはぽんぽんがとれちゃってるのよ)で押してます。とりあえず、細くて折れないものなら差し支えないと思われます。

以上が旦那がチャンネルを替えるときの方法です(='m') ウププ
ボタンが壊れたからといってリモコンをまた出してあげるほど私は甘くはないのよん!


では、私はどのような方法でチャンネルを替えてるかというと・・・
まぁ、私は滅多にテレビをみないので、あまり必要にせまられることはないのですが、とりあえず・・
ちょっと、こちらに登場していただきましょう~~~
ジャジャーーン!!

47-rimocon.jpg


あらっ、画像が縮小されて、文字がつぶれてしまいましたね(; ̄ー ̄A (クリックすれば原寸でみれます)

えーーっと、これはビデオのリモコンです。我が家のビデオも年代物です。私が結婚前に使っていたものでそろそろ10年選手♪。
今のビデオあるいはDVDのリモコンって多分テレビの操作もできるようになってるよねぇ?メーカーによるのかなぁ~?
とりあえず、我が家のは幸いにしてテレビの操作も設定してあげればできるようになってるのよ。
上の部分(1段ぐらいしかないけど)がテレビ、下がビデオの操作部分になってます。
もともとビデオのリモコンなので、好きなチャンネルを一発で出すことは出来ないけど、まぁ、テレビ本体のボタンと同じような感じですね。設定しておくとなかなか便利
ところがこの設定、数年前に誰かが(多分子供が)いたずらしてリセットボタンを押してしまったのか、テレビのほうが操作できなくなってたのよね。テレビの方はテレビのメーカーによって設定番号が違うから、設定しなおす時に取説をひっぱりださないといけなくて、それが面倒だったので別に使わないし~~と思って放っておいたのよ。夫婦そろって不精者(;´▽`A``

だけどさ、チャンネル替えるボタンは壊れるし、自分がリモコン隠した手前、隠したリモコンをまたひっぱりだしてくるのもなんだし・・・また同じことの繰り返しになるのも嫌だし・・
ってことで、先日このビデオのほうのリモコン、テレビ操作のほうの設定をこっそりし直しておきましたヾ(@^▽^@)ノわはは
子供と私だけのヽ(  ̄ー ̄)ノひヽ(  ̄◇ ̄)ノみヽ(  ̄з ̄)ノちゅ♪
のはずだったんだけど、先日旦那にもばれた・・・

が、旦那はこのビデオのリモコンを使おうとしない。。。
理由は二つと考えられるんだけど・・・
 このリモコン、反応が鈍い時がある。。。
 私がいる手前、私が嫌がると思って怖くて使えない(爆)

なので、旦那はちまちまと耳掻きでチャンネル替えを続けてます(爆)
まぁ、リモコン握り締められるよりはいいわよね(私としては)。

てなわけです。

それにしても、我が家のこのテレビ・・・いつまで持つだろうか・・・
あちこちボロボロしてきたけど、まぁ、画像のほうはまだしっかりしてるので、まだ当分は大丈夫よね。今壊れても新しいテレビ買う資金はないぞ!!
せめてアナログ放送が終了する数年後までは頑張ってもらいたいものだ!

今度新しくテレビを買うときはプラズマか液晶の薄型が欲しいもんね~
まだまだ値段が高めだけど、数年後にはもう少し値が下がってくるんじゃないかと・・密かに期待してるのだが・・・・
どうなのかなぁ????

ってことで、我が家のテレビ事情長々とご拝読ありがとうございました<(_ _)>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。