つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養失調??

っていっても、自分のことではありません
まぁ、確かに、私も十分栄養失調といえるでしょうけど・・

まぁ、そんなことはおいといて・・・

小学校1年生か2年生の時に、家族ぐるみでお付き合いしていたお友だちのお宅から「インコ飼わない?」とのお話があった。
私としてはペットを飼うなんて久しぶりだから(昆虫などは除く)、「飼いたい!!」って感じで、初めて我が家にセキセイインコがやってきた。
名前は「ピッコちゃん」・・・ありがちである・・(爆)
しかし、ピッコちゃんはもう大人のインコに成長しており、全然慣れてなく、ほぼ観賞用となった。
だって・・・・このピッコちゃん、すっごい凶暴だったんだもの。。。
籠の隙間から指を入れるとそのとがったくちばしで激しく噛み付くという・・・
痛いのなんのって・・・

数年後ピッコちゃんは他界し、今度は慣れてるインコがいいね~ってことで、同じお友達のお宅から、今度はインコのヒナをいただいた。
ヒナから育ててあげると、手乗りになり、とてもよく懐く
言葉も覚えるし、籠からだすと肩などにちょこんとのっかり、人のお話してる口元を(  ・ _ ・  )ジーっと見つめてよく聴いている。
ご飯のおねだりもする。。。|_-。) ポッ
ってことで、そのインコちゃん(名前は忘れた(爆))はよくおしゃべりするかわいいインコに育ち、まさしく我が家のアイドル状態だった

当時父親の会社の社宅に住んでいたのだが、ある日、そのそのインコちゃんが逃げてしまったのだ!!開いてた窓から外の世界に羽ばたいていってしまった・・

もちろん悲しむ私たち一家・・(┯_┯) ウルルルルル

インコは犬のように帰巣本能があるわけではない。。。
にげたら、ほとんど戻ってくる確率などないのだ。。。

ところが、2~3日後、学校から帰ってきたら、なんと逃げたはずのインコちゃんが我が家に戻ってきていたのだ!!
その日母親が近所を歩いていたら、社宅のお隣の棟のあるお宅の前に鳥かごが置いてあり、良く見てみるとどうも我が家で飼っていたインコに瓜二つだということで、そのお宅に聞いてみたらしい。
すると、「2~3日前にお庭にいたのを保護した」というのだ。
おしゃべりはするし、自分の名前らしきものも言うということで、名前を聞いてみるとやはり我が家から家出したインコだった!!(爆)

ということで、返してもらったらしいのだ。

しかし、保護していただいたお宅・・・
そこにも私と同じぐらいの子供が2人おり、とてもインコを可愛がってくれてたという
もとの飼い主のところに帰っていったとなると、その子供たちが悲しむだろう・・・と思った母は、ペット屋さんに行き、インコのヒナを購入し、そのお宅で飼うように勧めたようだ。
すでにインコのかわいらしさを知ってしまったそのお宅、とっても大喜びしていたそうだ。。。


さて、それから数ヶ月がすぎた頃・・・・
家族で出かけようか・・・と外にでると父親が我が家の前の棟の外壁になにやらへばりついているものを発見!!
なにかと思ったら、インコちゃんよ~。全体的に白っぽく羽のところどころがブルーがかったとても上品な印象のインコちゃん。
父は虫取り網を持ってくると、見事にそのインコを保護した。

どうやら飼われていたようで、とてもよく懐いている。メスのインコで本当に綺麗というかかわいい
お姫様のようである

しかし、このインコちゃん、我が家のインコちゃんと比べるともんのすごく軽いのよ!!(爆)
家の子は指に乗せるとずっしりとくるのだが(決して太りすぎではありません)、その子は重さを全然感じさせない。。

我が家の家族みんなで・・・
「このインコ、家であまり食べさせてもらってないんじゃないか?」
などと失礼な推測をしていた(爆)
「そうだよね~、ほんと軽いもんね~」
「かわいそ~、餌がきっと少ないんだね~」
「栄養失調じゃないの~?」

もう、言いたい放題である!!

「ところでさ、このインコ、もしかして○○さんの家にあげたのじゃない?」
○○さんとは我が家のインコを保護してくれたお宅である。
つまり、そのお宅のインコだとすると母が○○さん宅にあげたインコである。

「そうかもね~、この辺でインコ飼ってる家っていったら○○さんとこと家ぐらいだもんねぇ~」
「じゃぁさ~、○○さんとこであまり食べさせてもらってないんじゃないの~」(またこの話かい!!)(ノ∇≦、)ノ彡
「とりあえず、聞いてみるか・・・」

ってことで、母がそのお宅に聞き込みにいった。

ビンゴ!!

早速そのお宅に返しにいった。
軽いインコちゃんよ、さよ~なら~~
もっといっぱい食べて、少しは体重増やすんだよぉ~~

それにしても、我が家とはあまり体格は違わなかったインコちゃん・・。
本当に軽かったわ。。
その後しばらくの間、我が家のインコちゃんは
「もしかしたらお前が太りすぎじゃないの?」といわれていた。。
とんだとばっちりである。

いやいや・・・絶対あっちのインコちゃんのほうが軽すぎたんだよ~。
だいたい自分たちだって、

「あのインコ栄養失調じゃないの?」

とまで言ってたじゃんね~!!(爆)
スポンサーサイト

うるさいんだよっ!!

中学のある時期をきっかけに、母親に対する私の態度がかなり反抗的になった。。
理由はまぁ、色々ある
小さい頃の積み重ね・・・・塵もつもればなんとやら・・・
ってな感じで、色々あった不満が、ちょうどその時期に爆発したのだろう。

一度キレた私のご機嫌はちょっとやそっとじゃ直らない
まぁ、相手の態度次第ということもあるが、うちの母親は私に似て大変頑固である。
加えて、私に似なくて、自分が絶対に一番正しいと思っている人である
そういう態度が許せないまま、私の母親に対する態度は、その後改善されることなく・・・至っているのだが・・・


さて、あれは確か私が高校時代・・・
東京に出ていた姉がちょうど帰省していたときだ。

姉と私は2階の部屋で二人で寝ていたのだが・・・・
朝、何時ごろであろうか、母親の
「お姉ちゃんに○○ちゃんから電話だよ」の声で起こされた。
○○ちゃんは姉の高校時代の友人であっただろうか・・・。
姉は電話のある1階に下りていった。


しばらくして電話を終えた姉が2階に戻ってきた。
すると、姉の後ろから母も追いかけるようにして2階にあがってきたのである。なんじゃ?

すると・・・
母「○○ちゃん、何の用事だったの?」
姉「別になんでもないけど~」
母「何でもないってことないでしょ!!用事があったから電話かけてきたんでしょ?」
姉「だからたいしたことじゃないってば!!」

(;-_-) =3 フゥ また始まった・・・母のおせっかい。。。
もう二十歳すぎた姉に友達から電話がかかってきたぐらいでそんなにしつこく電話の内容まで聞かなくてもいいじゃん!!
とにかく家の母親はしつこい&おせっかいであった。

普段から母のそういう態度に我慢できないものを感じていた私は、その会話をかなり不愉快になりながら聞いていた。

しかし、母は諦める様子もなくさらにしつこく
「いったい何の用事でかけてきたんだい?親にも言えないことなの?」
と姉を責めている。
私は母親に対しては口では負けるのでダンマリするほうであるが、姉は気が強いので母に対しても結構きつい言葉で返したりもする。

だか、姉の方もこの母親のしつこさにさすがに呆れ返った様子で、
なにも言わずにだんまりしてしまった。

しかし母親の口は止まらない・・・

「黙ってないで何とかいったらどうなの!!何の用事で電話したか聞いてるだけでしょ!!そんなに親にも言えないことなのかい??

そして・・・ブチッ

キレたのは私のほうだった・・・(爆)

「さっきから聞いてればごちゃごちゃごちゃごちゃとしつこいね!!ったくもぉ~~~

    うるっさいんだよっ!!!



∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!!   そこで目が覚めた・・・
(@゚Д゚@;)あら・・・? 今の夢???

横を見ると、姉がびっくりした顔で私を見てる・・・

「今私何か言った・・・?」姉に聞いてみる。。
「なんか、うるさいんだよって叫んでたよ・・・」っと笑いながら答える。。汗
寝ぼけて叫んで、その声で驚いて起きるなんてはじめての経験よ・・・(;´▽`A``

それにしても、リアルな夢だったなぁ・・・・
っていうか、確か姉に電話がかかってきたところまでは夢ではなかったはずよっ!!
一応聞いてみた「お友達から電話かかってきてたよね~?」
姉・・・「うん、○○ちゃんからかかってきたよ。」

やっぱり・・・

じゃ、いつから私ってば夢の世界に入っちゃったんだろう・・
下で姉が電話で話してる数分の間に眠っちゃったのかしら??

私「電話のあと、お母さんが追いかけてこなかった?」
姉「きてないよ」

・・・・・( ̄  ̄)・・・・・・

やっぱり・・・_| ̄|○

夢の中でイライラして姉のために(いや、自分のためにか?)怒ってた私はいったいなんだったんだ~~~

それにしても、このわずか数分の時間にあれだけの夢をみる私もすごいわっ。。かなり不機嫌な夢だったけどね。。。( ̄。 ̄;) ちっ

初めての電話

我が家の6歳児・・・小学1年生が、先日初めてお友達のお家へ電話した。
それまでは、2~3歳のころから私の実家にはしょっちゅう一人で掛けてはいたし、最近では北海道の親戚の伯母にもかけられるようになっていた。
しかし、上記は身内である。
そのため、ゆうとが電話をかけるとすぐに相手のほうでわかるため、
私も特別今までは、子供に電話のかけ方などは教えていなかったのだ。

ところが、先日学校から帰ってくるなり「Aくんと家で宿題やっていい?」と聞いてきて、私が「いいけど、Aくんのお母さんはいいって言ってるのかな?」と聞くと、「じゃ~、今からAくんの家に電話する~」と言い出した。

今まで他人の家に電話をすることを嫌がっていたはずなのに、なぜかその日の子供は電話をかける気満々である!!

どうしたんだ???

と、不思議がってる私を尻目に、緊急連絡簿で電話番号を調べ、既に受話器を握っている子供・・( ̄□ ̄;)ギョッ
でっ、電話のかけ方教えなきゃっっっ

既に、番号を押している子供に向かって、
「まず○○さんのお宅ですか?」って聞くんだよ~
「自分の名前・・・×××ゆうとですけど、Aくんはいますか?」だからね~と早口で教えた

既に、番号を押し終わっている。。大丈夫なのかぁーーー

相手が出るのを待っている間に、私はもう一度
「まずは、○○さんのお宅ですか?」だからねーーー!!!と繰り返した。

と・・・相手が出たようだ・・

家の子の第一声・・・

「×××ゆうとですか?」 ∵ゞ(≧ε≦o)ぶっ

(o_□_)oドテッ (o_□_)oドテッ (_△_;〃 ドテッ!

違うだろぉぉぉぉ~~~  (||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)

いきなり自分の名前尋ねるアホがどこにいるぅ~~~!!
それを聞きたいのは相手の方じゃろうがぁ~~~

受話器は子供が握ったままなので、相手の反応は定かではないが、とにかくなにかフォローしなければ・・・・

と焦っている私だったが、どうしたらいいんだ??
と思っているうちに、次の会話へ移ってしまった・・・・

「Aくん、うちでしゅくだいしてもいいって伝えてください」

おぉ。向こうはお母さんが相手だわね。

その後、家の子は「うん」「うん」と数回相槌を打って受話器を置いた。

会話は無事成立したのだろうか

とりあえず、子供に「どうだった?」と聞いてみた。
「Aくん、まだ帰ってきてないから、帰ってきたら言ってくれるだって~」

ε=Σ( ̄ )ホッ とりあえず、通じたようだ~~

それにしても、いきなり名前を尋ねられた相手のお母さん・・・
きっとあの後プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!したに違いない・・(^^;;

はっきり言って、私だって顔面蒼白になりそうになりながらも、吹き出してたもんね・・

まぁ、最初から何でも上手くできるとは限らないわよね(*≧m≦*)ププッ
今回、幸いだったのは、Aくんが先日初めてうちに遊びにきており、Aくんのお母さんも家の子の名前を知っていたっていうことだわよね。
しかも、Aくん、クラスの出席番号で家の子の前だから緊急連絡網も我が家にはAくん宅からまわってくるのよ。
ってことで、同じクラスでも全然知らないっていう間柄ではなかったのよ(笑)
でも、近いうちに、またじっくりと電話のかけ方の指導をしなければ・・・(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
と誓ったのはいうまでもない。。。。

けど、まっ、今までは私にやって~だったのが、自分から進んでちゃんとできたのは偉いわよっ

(っと最後にフォローしておこう)


僅差の敗北

学生の頃・・・小学校時代から私は社会科関係の授業が大変苦手であった。
小学校時は単純に「社会科」なんていう一言で済まされていた授業も、中学に入ると「地理」「歴史」と・・・あと・・なんだっけ・?もうひとつあったよね・・「公民」??('_'?)...んーと違うか??忘れた(笑)
で、高校に入ると更に・・・「日本史」「世界史」「地理」「政治経済」「倫理」などなどなどなど・・・・・
社会科関係大嫌いな私にとっちゃ(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)だったわよ~!!
もちろん、定期テストなどでも毎回悲惨な結果に終わって、中・高通して、この科目で平均点以上をとったことなどほんとに片手で数えるほどだったわ。。

さて、高校2年の時だったかしら?
中間テストか期末テストか忘れたけど、それが終わってそれぞれの授業の時にテストが戻ってくる。
あの時は何のテストだったかなぁ~。日本史か地理あたりだったと思うけど・・・
そのテストが返ってくるというとき・・・・
ふいに隣の席の男子が「俺、全然できなかったんだよなぁ~」と私に向かって話しかけてきた。

まぁ、知ってる方は多いと思うが、私は高校時代までは大変大人しく真面目で人見知り(爆)、男子となんかほとんど話さないというタイプだったのだが、たまにこうして普通に話しかけてきてくれる男子もいたのよね。話しかけられれば普通に話せる方だったので(相手にもよるが)、私のほうも、
「(≧◇≦)エーーー!私のほうが全然出来てないから大丈夫だよ~(笑)」
と一応励ましておいた。
っていうか、ほんとに出来なかったよ・・・その時のテスト・・・

ところが、相手の男子も相当自信がない様子で、
「俺のほうが絶対できてないよ。○○さん(私)は大丈夫だって~
に始まり、お互いに「私のほうが悪い」「いや、俺のほうだ」・・・
という、どうでもいいようなやりとりが、それぞれのテストを返してもらった後でもしつこく続いていた

そして、手元にある戻ってきたテストの点数・・・
(絶対私のほうが悪いわよ、これ・・・
という・・・かなり悲惨な点数であったのよ。。。

さて、隣の席の男子とのやりとりはまだ続いていた・・・。
「じゃぁさ、点数みせっこしない? 絶対に俺のほうが悪いから!」
「べ・・・別にいいけど・・・。本当に私のほうが悪いよ。。。」

もういいって!!(汗)

ってことで、点数みせないと相手も納得しないだろうということで、お互いに「いっせ~のせ」で見せ合うことに・・・(爆)

じゃ、いくよぉーーー

いっせ~の~せっっ

結果・・・

 「38点」 
 「37点」 

わずか1点差??? _(_△_)ノ彡☆ギャハハ!!バンバン!!
 二人で大爆笑

っつ~ことで、1点差で私の敗北でした。。。。(_△_;〃 ドテッ!

なんて、低次元の争い・・・・_| ̄|○



ちなみにこのテの話題でにたようなことがもう一つあるのでついでにそれも・・・
高校を卒業して某専門学校での定期テスト・・・あれは英語だったかな・・・
前の席の男子(知る人ぞ知る彼です)とテスト前に、上記のような話題になり・・・
彼 「俺、全然勉強してこなかったからできないわ~」
私 「私もやってないから多分できないよ」
の話になり、これまた、「俺のほうが・・」「いや、私のほうが・・」という話になり、
「じゃ~、点数が良かった方が悪かったほうにジュースをおごることにしよう!」ということに・・・

普通は逆じゃないの?? まっいっか?(爆)

数日後・・・・結果、やはり私の敗北でした・・・_| ̄|○
これもわずかの差・・・

まぁ、この場合悪かったほうがおごってもらえるからこれでよかったのか??(爆)

ってことで、彼から「これでジュース買いなね」と100円玉をいただきました。。。
サンクス   って・・・なんか違うような・・

前世??

私はほとんど毎日夢はみるほうである。
しかも、そのときの心理状態でかなりハードな夢もみるし、まぁ、幸せ~な夢をみるときもある。

ところで、私の場合不思議なのは、よく同じような夢をみるということ。夢の続きをみたりすること。以前見た夢に関連した夢をみたりすること。。。
まぁ、不思議・・って書いたけど、これって、普通なのかな?


とりあえず、二十歳ぐらいまでよくみてた夢なんだけど・・・
これは、ほぼ見るたび同じ夢でした。

ストーリーがあるわけじゃないんだけど、ある場面がみえるのよね。
それが毎回毎回同じなの。
その夢を見るたび同じ場面なんだよね~。

時間的には多分明け方・・・朝もやっていうのかな・・ちょっと霧がかかってる感じ。
で、場所は駅。汽車が止まってるのよ。
電車じゃなくて、昔の蒸気機関車って感じのね。。
私が見てるのは1車両のほんの少しの部分なんだけど、何故か汽車ってわかるんだよね~。
でね、私が見えてる部分はその車両の一つの窓。
結構大きな窓なんだけど、乗っているのは子供。
窓から外を見てる子供は・・・・私なんだよね・・・・・。

なんていうのかな、汽車にのっている自分を、少し上の方から見てるって感じ。

周りにもたくさん人がいるっていうのはわかるけど、とにかくその汽車の窓から外を見てる自分しか見えないのよね~。

イメージ的に言うと・・・私は戦争体験者ではないんだけど・・・、疎開に行く子供。。。って感じ。

ついでに言うと、私がよく見る夢には、自分めがけて爆弾が落ちてくるってのがあった。。。それもかなり頻繁に見てた。
この夢も最近は見ることはないんだけどね~。

お蔭で私は小さい頃から二十歳過ぎごろまで、飛行機の音がものすごく苦手だったのよ。あの音聞くとすごく怖くて。

こんな調子だったもんだから、私はいつからか考えるようになってたのね~。
もしかしたら私の前世って・・・・戦争体験者??
戦争で亡くなった方かもしれない。。な~んてね・・(笑)


もちろん本当のところどうなのかは確かめる術もないけどね。
多分幼稚園か小学校低学年の頃からひんぱんに見ていた、上に書いた同じ場面の夢や、爆弾を落とされる夢・・・。
状況は・・・戦争よね・・・汗

これって、私の考えすぎなのかなぁ~~~??

旅行先での偶然

20代の前半も前半、ほんとに働き初めて1~2年の頃、高校時代のお友達と二人で旅行をしたことがあった。
旅先は秋の京都・・・10月の末あたりだったかな。。。
ちょっと紅葉には早い時期だったけど、まぁ、あまり寒くなってからも嫌だし、二人の都合を考えてこの時期になったというわけだ。。

当時私は横浜、彼女は地元に帰って就職してたため、旅行の計画他、予約手続き等、全て私がやってのけた。
昔は(今もだけど)旅行好きだったから、そういう計画を立てるのが大好きだったのよね(*^m^*) ムフッ

さて、旅行当日・・・。
彼女のほうは地元からまず東北新幹線を使いそこから東海道新幹線へ乗り継いでやってきた。
私は新横浜から新幹線に乗るということで、新幹線の中で落ち合うという約束。指定席をとってあったので、○号車の○番の座席だよ~と友達には知らせておいた。

ところが、いざ新幹線に乗ると・・・友達がデッキに立ったままである。
「なんで座ってないの~?」
と聞くと、私が教えた座席に既に人が座ってるという・・・。
( ̄◇ ̄;)エッ?? マジかよ??

急いで見に行くと・・・確かに座ってる・・・おば様方が2名。ちゃっかりと私たちの座席に座ってるよ。。なんで?
思わず切符を取り出し、座席番号を確かめる。。。確かに私たちの席だわよ・・・。
ってことで・・・。
「すいませ~ん、ここ、私たちの席なんですけど・・・・」
おそるおそる言ってみる。

おば様がた・・・自分の切符を急いで取り出して確認!
「あらっ、いやだっ!!!違うじゃないのぉ~~~ヾ( ̄+▽ ̄)がはははは・・・」
すぐに間違いに気づきどいてくれました。。ε=Σ( ̄ )ホッ

まぁ、しょっぱなからこんなハプニングはありましたが、無事京都に到着!

こっから先のことは、全然ほとんど覚えておりません<(_ _)>

って、これじゃ話にならないって!!(爆)

覚えてないんだけど、タイトルにある出来事はしっかり覚えてます♪

初日だっけかな・・金閣寺に行ったのね。
さすが、秋の修学旅行シーズン! 学生たちがいっぱいよ~
まぁ、それでもとりあえず写真をとろうか~ってことになり、私がカメラを取り出していると、友達がふいに・・・
「ねぇねぇ、あの制服、うちの学校のに似てるね~」
ってことで、私も友達が指す方を見てみる。。。

(‥ )ン? 確かに似てるね~。でもさ、私たちが通ってた高校の制服って、すっごくありがちな制服だったのよ。
ブレザーで、箱ヒダスカート。私が通ってた学区の高校なんて同じような制服ばかりで、後ろからみたら見分けがつかないぐらいだったからね・・
「なんか似たような制服ってどこにでもあるんだね~」
とか言いながら、私がふと目についたもの・・・
女生徒の胸元にある校章・・・である。

今度は私から友達に・・・
「ねえねえ・・・あの校章・・・家の高校のじゃない??」
友達も(  ・ _ ・  )ジーと見つめる。。
「だよね?」   「だよ!」(爆)

ってことで、二人して・・・エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゚ ゚マジ??

なんと私たち二人、地元とはかけ離れた遠い旅行先で、自分たちが卒業した高校の後輩たちの修学旅行にバッタリと遭遇してしまったのだ!
Σ(・ω・ノ)ノ! こんな偶然あるんだねぇーーーー!!!

って、ここで後輩と判明したからには、この私が黙っているわけがない(爆)
「ちょっと話しかけてみようよ~」
そうそう、写真をとるんだったんだ!!これできっかけをつかむのよっ!
ってことで、近くで2~3人たむろしていたかわいい女の子たちに向かって、
「すいませ~ん、写真とってもらえますか~?(⌒∇⌒)」
女の子たち、「はい♪いいですよ~」
すかさず私、「ねぇ、もしかしたら○高じゃない?」
女の子たち、「はい、そうですけど・・・」
私たち・・、「.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪ 私たちも○高だったのよ~~~卒業生だよ~」
女の子たち、「ええっ!!そうなんですかぁ~??」とビックリ&笑顔

そこで、少しの間だけど話に花が咲き放題
どうやら自由行動の日だったらしく、グループでまわっていたらしい。
だからかな・・・、先生方が見当たらなかったのよね。
っていっても、学年のサイクルからして、私たちが担任だった時の先生方は来てないと思われたが・・・。

そして、私と友達は金閣寺をバックに無事写真をとってもらい、お互い楽しく旅行しましょ~~って言ってヾ(=^▽^=)ノバイバァイしました。

それにしても、いやはやいやはや・・・
まさかまさかの出来事でした。
その後お天気にも恵まれ私たちも無事、楽しく二泊三日の旅行を終え家路に着きました。

それにしても、今思い出してもすごい偶然だったなぁーーって思うよ~。
あの時旅先でお話した高校生の彼女たちも、今はもう・・・・おばさんになってる年よね・・(笑)
まぁ、私たちよりは若いってことには変わりはないけど・・・(ノ∇≦、)ノ彡

母のたくらみ

先日、テレビを見ていたらある地方・・・確か仙台だったかな?・・・では、ところてんに砂糖をかけて食べる習慣があるというようなことをやっていた。
これは、その地方独特の食べ方・・・・らしいのだが・・・
私としては・・・「えっ?普通じゃないの???」って感じだったのよ。

ちなみに、私は仙台には親戚もいないし、住んだこともない。
だけど、うちの母がたまに、ところてんに酢醤油+砂糖を入れて食べてたのよね~。なんでだろ??
まぁ、食べ物って地方によっていろいろ食べ方があるんだろうけど、
家の母親は地方によって・・・という枠を超えてるような気がする。

とりあえず、よく言われるのが納豆!!
納豆の食べ方ってよく討論(?)にまで発展するよね(爆)

私の好きな納豆の食べ方・・・
それは砂糖醤油なのだ。。。そう、一般的なからしと醤油ではなく、
砂糖と醤油なのよね。これ、甘辛で美味しい。
小さい頃から食べてたから、この食べ方は当たり前だと思っていたのだが、友達に言うと皆「げぇ~~」というような反応をするのよね。
どうやら、普通の食べ方ではなかったようだ・・・

ちなみに、納豆の食べ方はその他にもデパートリーはある。
大根おろし+しらす+醤油・・・これ、あっさり風味で美味しい♪
普通にからし+醤油にネギをいれることもある。

とりあえず、私の母親は一般的なからし+醤油の食べ方より、上に書いたような方法で食卓に出すことがほとんどだったため、私としては、これが納豆の普通の食べ方だと思っていた。

でも、納豆をケチャップとか、マヨネーズ、牛乳などで食べる人もいるようだから、それから比べれば・・・普通・・・・の範囲におさまるのでは・・・と思うのだが・・・どうなのだろうか

ちなみに母が砂糖をかけて私たちに食べさせてきたものは他にもある。

チーズ+砂糖
トマト+砂糖
いちご+砂糖
グレープフルーツ+砂糖

とにかくなんにでも砂糖をかけたがる人だった。。。
母とすれば普通なのかもしれなく、私たちも小さい頃から食べてたから普通・・・と思っていたのだが、友達に言うと必ず「(゚o゚)ゲッ!!」という顔をされる。。。
もしかしたらこれは、小さい頃食が細かった私たち姉妹に「砂糖をかけて甘くすれば食べるだろう」という母のたくらみだったのかもしれない。

それを思わせる言葉を私は子供を出産後初めて聞いた。。
私の子はミルクの飲みがあまり良くなく、いつも私は悩んでいた。
そんな時に母の口からでたお言葉・・・
「ミルクに砂糖を混ぜて甘くすればいいんだよ・・・」げっ
そんな飲ませ方する人いるのか??
もちろん、私はいくら言われてもやりませんでしたよ!!

きっと母の中では子供というものは「甘い=美味しい」という式が成り立ってしまっているのだろう!
だからなんにでも砂糖!!なんだろうなぁ。。。ε-(ーдー)ハァ

σ( ̄∇ ̄;) 赤ちゃんの時、砂糖入りのミルクを飲まされてたのか???

まぁ、いいや・・・記憶にないから・・・・


オジギソウ

オジギソウって知ってるよね?(笑)
手で葉っぱをさわるとシナシナシナ~~って葉っぱがしぼんじゃうっていうか、葉っぱが閉じちゃう??
小さい頃、面白がって、よく触ったりしてたわよ
あれ、見つけるとつい触りたくなるのよね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

さて、我が家では今小学1年生の子供に『学○の科学』をとっているのだが、
その付録に数ヶ月前ミニトマト栽培セットが付いてたのよ。
そして、その中に、オジギソウの種も一緒に入っていた。

ミニトマトとオジギソウ、両方とも、旦那と子供が植えて育てていたのよね。
トマトは夏ごろから実がなり始めて結構美味しくできたらしい♪

で、オジギソウのほう・・・最初は小さな鉢で育ててたんだけど、ちゃんと順調に芽がでてはっぱもかわいらしく出てきて・・・(='m') ウププ
さっそく触って遊んでいたσ( ̄∇ ̄;)

そのオジギソウを旦那が1~2ヶ月前に、地植えしたのよ。庭のすみーーっこの方にね~。
そしたらどんどん大きくなって、先日みたら・・・(@゚Д゚@;)あら・・・?
なにかピンクいものがついてるのよぉ~ 何
外にでて近くでみたらーーーーなんとお花が咲いてたの~~ノびっくり
っていうか~~、オジギソウにお花が咲くなんて知らなかった・・ みなさん、知ってました??(爆)
無知なのは私だけ??

24-ojigisou

なんだか、ピンク色のほわほわした丸い形・・・
例えて言うなら、カビの胞子みたい・・(たとえが悪いか?)
先日までは1つだけぽつんと咲いてたんだけど、今日みたらたくさんさいてました。
いっぱい咲いてると結構見栄えがよくてかわいいかも。。。

お引っ越し

今まで使っていたブログ・・・・使い易くて気に入ってたのよねぇ~
でもさ、どうにもこうにも評判がよくなくて・・・。
鯖落ちはたびたびあるし、トラブルばっかりでイライラ
特に、連休のときがすごい! もぉ~、朝昼晩関係なくトラブル発生で、お借りしているところのブログ見たらクレームの書き込みだらけ・・・ ほんと、気の毒なほどよ・・・

私もねぇ~、出来ればお引越しはしたくなかったのよ。
だって、今まで借りてたブログってバックアップとれないんだもの。
引っ越すとしたらデータを移し変えないといけない・・・手作業でよっ!!(゚o゚)ゲッ!!

でも、さすがにトラブルの多さにもう参りました

数週間前からいろんなところのブログを登録して試した結果、ここに落ち着きました。
っていっても、100%気に入ってるわけではないのよ。。。
ハッキリ言って今までと勝手が違うわけだから、慣れるのにも時間がかかる。
機能的にも面倒だったり、今まであったものがなかったり・・・
気に入ったテンプレートもなかったし・・・_| ̄|○ ガクッ

でもさ、とりあえず、私のHPのカラーにあったものでなるべくシンプルなものを選んだわよ。

でも、そのまま使うのはやっぱり気に入らない!!
ってことで、自分でカスタマイズ。。。
っていっても、私はブログがどのような仕組みでできてるのか知るべくもなく・・・
もぉ~、あっちこっちいじってはプレビューして見直して・・・
こっちの数字をかえたり、あっちの数字をかえたり、これの位置をあっちに持っていき~~~

ちまちまちまちま・・・と作業すること数日間。。。(〃´o`)=3 フゥ
やっと、なんとか気に入った形になってきた。。。 もう( ̄○ ̄)ア( ̄о ̄)ホ!になりそう~~~~

けど、でもまだ変!!っていうか気に入らない。
しかし、直し方がわからないのでもういいやっ!!

ギブアップです。。。=□Q_ ぱたり

ってことで、お引っ越し無理矢理決行
いいわよね?いいわよね?

でも、自分でかなりいじったので、もしかしたらブラウザによって崩れてみえるかもしれない・・・
とりあえず、私のPCではちゃんと見えてますからぁ~~~~(爆)
崩れて見えてる方・・・いたら(*_ _)人ゴメンナサイ
そのときは教えてください。私の力量じゃ直せないと思うけど・・・・(爆)

ってことで、以前の記事は順次移す予定。(あくまでも予定です・爆)
自分で言うのもなんだけど、ブログで書いてる文は、私的にこだわって書いてきたものばかりだから消したくないのよね。
内容的にも忘れたくない思い出とかいっぱい書いてあるしね。。。
ってことで、実はプリントアウトまでしちゃったのよね(ノ∇≦、)ノ彡

すごい枚数になりました。。。
後でファイリングしたいと思います(爆)

まぁ、そういうことで、これからはこちらのブログのほうでヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク

アクリルたわし

ご存知の方も多いでしょう。
洗剤を使わなくても汚れがよく落ちる♪

実は2年ほど前から、私も愛用している。
貧乏我が家では、とにかく節約のためにかなりセコイ節約もする!
で、洗剤を使わなくていい!!というなんとも素晴らしいお言葉に惹かれ・・・・
それならば・・・と思い使ってみることに。
もちろん自分で編み編みしたわよっ!

ところが、実際使ってみると・・・
今まで洗剤のアワアワで洗っていたようなものだったから、
いざその泡がないとどうも気持ち悪い・・・(-_-;
普通のスポンジ使ってたときでも、少しでも泡が切れると、洗剤を足して泡をめいっぱいにしてあらってたから、余計に気になる・・・
ほんとにこれで汚れが落ちてるの?

∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!! そういえば、茶渋なんかはこれできれいに落ちるって書いてあったなぁ~。
ってことで、いつもお茶を飲んでるマグ・・・茶渋だらけ・・・をこすってみた。。。

これがびっくりw(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!
すごいの!!ほんとに綺麗に落ちる落ちる!!
今まで漂白剤なんぞ使って落としていたのがバカらしくなるぐらいに、綺麗に落ちちゃうのよ~。
洗剤使わないから食器なんかは水で流しながらこするだけで、すすぐ手間もないし・・・。
多少なりお水の節約になってるかも(?)
って、もともと私はお水の節水はうるさかったから、食器類も水を流しながら洗うことはしてなかったので、水の節約のほうはどの程度かは不明だが、
とにかく、洗剤の節約になるのは確かだし、汚れもきれいに落ちる!!
毛糸で編んでるので、キズをつける心配もない!!

すぐれものじゃ~ん!!!

使っていくうちに泡がないこともさほど気にならなくなったしね~。

汚れたらささ~っと洗って干しとけばd(⌒ー⌒) グッ!! お手入れも簡単♪

唯一の難点!!それは油汚れ。。少しぐらいならいいのだが、
酷いものは、我が家はもともとキッチンペーパーで拭いてから洗っていたが、
旦那はそんなことするひとじゃないので、油べとべとをそのまま台所において、しかも水までいれちゃって・・・・ペーパーで拭くどころじゃない状態にしちゃうのよね。。。
まぁ、その時は少量の洗剤を使うこともあるけど・・・・
とにかく、油汚れもね、別にこのたわしで擦れば落ちるのよ。。。
ただ、手についた油が落ちなくて・・・・せっかくきれいになった食器に手についた油がまた移ってしまうという・・・汗
だから、一度手に油がついたら、手のほうを洗剤であらわないといけない。。
これさえなけりゃね・・・・・・・(^^;;

さて、このアクリルたわし、古くなったらその辺の拭き掃除に使えるし、フローリングなんかの掃除にもいいよ~。結構汚れが落ちる!

でもね、さすがに夏場だけはなぜか心配で洗剤を使って洗ってしまうσ( ̄∇ ̄;)
洗剤を使うのと、アクリルたわしだけ・・・どちらがいいのか私はわからん!
でも、気分的に夏場だけは洗剤と普通のスポンジなのよ(笑)

さて・・・夏も終り秋になったので、久しぶりにたわしを編んでみました。
ハッキリ言って、いろんな形のがあるのだが、いろいろ試した結果、普通に四角いシンプルのものが使いやすいです。

が・・・・今回ちょっといろいろ編んでみました(笑)
アクリル毛糸は色がカラフルだから、編んでても楽しいよ~♪

23-akuriru

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。