つぶやき・・・

HPの日記とは別に、過去のエピソード、趣味のこと、ぼやき、疑問、考え事等、語らせていただきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田さんin武道館 余談3

小田さん我が子
今回のコンサート、平日ということで、子供を一人残していくわけにもいかず、一緒に連れて行ったわけだが・・・・
これがまた大変だったんだな・・・・ε-(ーдー)ハァ
小田さんの歌はこの2ヶ月ほど毎日のように聴かせていたつもりだし、子供も少しは覚えて、お気に入りの曲なんかもあったらしいが・・・・
やっぱり実際にコンサートとなると勝手が違う!
小田さんのコンサートはノリのいい曲は手拍子などがあるが、それがずっと続くわけではない。静かな曲もあるわけであって・・・しかも、トークも多めである。
小田さんの毒舌面白トークが子供に通じればいいのだが、なんせまだまだ小学1年生のひよっ子である。大人が笑えるところでも意味が(‥ )ン?状態なのもわからなくはない。。。
だからね、心配だったのよ・・・・飽きないで3時間頑張れるかどうか・・・・
しかぁ~し結果は・・・・(ノ_-;)ハア…

始まってしばらくした頃から、今何時?としきりに聞く子供。
そのたびに携帯を出して時間を確認する。武道館の電光の時計は消されてしまってるのだ。
何度目か、時間を聞いてきた子供。時計を見るとちょうど始まって1時間過ぎたころだった。
すると子供の口から信じられん言葉が・・・・
「お母さん、もう帰ろう♪」( ̄□||||!!
<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!! まだ1時間しかいないのに帰れるわけなかろうがぁぁぁぁぁーーー!!!

その後、狭い椅子の上で横になったり、起き上がったりして落ち着きがない。子供の隣にもお客様が座ってるわけだから兎に角こっちも気を使う。
こっちの気も知らんで、双眼鏡を片手にきょろきょろとしてる子供。。。(;-_-) =3 フゥ
まぁ、静かにしてくれてるなら、いいわな・・・・。好きにしててくれよ。。。。

と・・・しばらくしてから・・・・またもや子供が・・
「お母さん・・・」 「何?」
「気持ち悪い・・・」 ( ̄□||||!!
<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!! こんな時に気持ち悪いはないだろうがぁ~~~~~~。
あんた双眼鏡できょろきょろしすぎたんだべさぁ~~~~。

思わず黙り込むσ(-_-)ワタシ。 もう子供のことは無視である((^^;;)
私は小田さんの唄に集中したいのよぉ~~~。これ以上私を巻き込まないでぇ~~。
と思いながらも、ここで吐くなよ・・・と願いを込めながらコンサートを見続ける私。

子供は諦めた模様でその後静かになった・・・

小田さん vs 自分の子供

小田さんの勝利~~ であった。。。。(我が子よ許せ・・・(;´▽`A``)


小田さん聖子ちゃん
子供は今回2度目のコンサートである。
7月に聖子ちゃんのコンサートにも連れていってるのだ。そのときは事前に一度しか聖子ちゃんを聞かせてなかったため、ほとんど歌を知らなかったにもかかわらず、かなりノリノリ状態で楽しんでいた。
これはまぁ、聖子ちゃんの歌のほうがスタンディングでノリノリ、手拍子やら拳ふりあげやら、とにかく楽しかったせいであろう。
しかし、小田さんのコンサートは・・・・↑でも書いたように、ノレる曲が続くわけではない。
現に私は今回一度もスタンディングはせず、終始座ったままであった。
子供が飽きるのも無理はない。加えて時間的にも遅かったので眠さもあったのだろう。。。
子供は「明日」という曲を楽しみにしていたのだが、その曲って終わりの方で唄うのよ。。。
家の子・・・その時までもちませんでした・・・_| ̄|○
キラキラの辺りからまた私の膝に頭を乗せ横になりはじめちゃって、そしてそのまま爆睡突入!
キラキラの次が、余談1で書いた、大爆音の「YES-YES-YES」でも起きやしない・・・(-_-;
その後、子供が楽しみにしていた「明日」だったが、爆睡のまま・・・
この曲もかなりの大音量だったため、子供の耳をふさいであげてたわよ。。ε-(ーдー)ハァ
結局最後の「言葉に出来ない」が終わり、アンコール待ちの拍手の中でもスヤスヤ

私はトイレに行きたくなるし、アンコールの途中で帰らないといけないことも分かっていたので、仕方なく起こしたよ・・・( -.-) =зフウー

小田さん vs 聖子ちゃん

聖子ちゃんの勝利~~~~(子供は結局単純に楽しい方が好き♪)

という結果に終わりました。。

ちなみに、私は小田さんのコンサートのほうが良かったかな。落ち着いて聴けるんだけど、余韻が長続きするのよねぇぇぇ~~。
聖子ちゃんの場合は、とっても楽しいんだけど、余韻が続かなかった(笑)


大きな荷物
ちなみにその後、帰りの新幹線でも子供は途中から爆睡し、到着した駅で私が抱っこ&おんぶでヨロヨロしながら改札まで運びましたよ。。。
本当は駐車場まで運んであげたかったけど、あまりの重さに私のほうが=□Q_ ぱたり
くたばりそうになったので、途中からは歩いてもらいました。。。(;´▽`A``
しばらく抱っこしないうちに重くなってたのね・・・おぼっちゃん。。。
っていうか・・・寝ぼけて脱力してたから余計に重かったんだけどね・・・・・・・( ̄  ̄;)
新幹線降りる際に、よろけてた私に「大丈夫?」と気遣ってくださった、サラリーマン風のおじさん・・・お気遣いありがとうございました。。。<(_ _)>
スポンサーサイト

小田さんin武道館 余談2

爆笑MC編
小田さんのトークはそのイメージと裏腹に、かなり面白い!
よくしゃべるし、しかも言いたいことはズバズバと!かなりの毒舌である(笑)
小田さんがしゃべるたびに会場は笑いの渦につつまれるほど、とにかく楽しいトークをしてくれる。そこで、まぁ、小田さんのトーク集でも。。。(爆)
でも、かなり忘れてるものも多いし、小田さんの一語一句を覚えてるわけではないので、こういうようなことを言ったというニュアンスで書きますので、その点ご了承願います(^^)

まず、2~3曲歌ったあとでの最初のMCから・・・
「昨日のライブが終わって、ある方からこれまでで一番完璧だったと言われたんで、今日はその分さらりと流そうかと思ったんだけど、そういうわけにもいかないよね・・・・」(爆)
「今日は昨日のライブを超える、更に完璧なライブになるようにしたいと思う」
「今日からメンバーは秋の装いになったんだけど、僕のほうはライブやってて痩せちゃったみたいでね、ズボンが緩くなっちゃったんで安全ピンで留めてたんだけど、一曲目からそれが飛んじゃって、気になっちゃってね・・・」(爆) 
「どうしようかと思ってるんだけど、でも、これでやるしかないんだよね」(爆)
笑い事じゃないっすよ、小田さん!!大丈夫ですか??

トークの合間に「小田さ~ん」とかかる掛け声に対して・・・
「よく名前を呼びかける人がいますが・・・・。ああいうのには何か強い意志があるんだろうね」(爆)。
「僕はそういうことはしないので、気持ちは分からないんですけどね・・・」云々・・
そして、次の曲へ移ろうとした際にスタンド席からもの男性の物凄いでかい声で、
おっださぁ~~~~ん」会場大爆笑
小田さん苦笑しながら「なんだかあおってしまったようだね・・・」

会場から「お誕生日おめでと~」の声にこたえて・・・・
「ありがとう」とテレながらも、「実はかなり前から言われてるんだよ。仙台あたりでは『もうすぐお誕生日おめでとう』って言われたし」(爆)
「いつから誕生日なんだか・・・」云々・・・(爆)

仙台初日で階段でコケた件について・・・
これは仙台2日目でも話題になって、「実は昨日階段でコケちゃって・・・」って言ってたんですけどね・・・・
「仙台の初日で階段をかっこよくかけ登ろうとしたら思い切りコケて・・・・。でも、痛そうにしてると皆さん心配するといけないので、平気な顔してたんだけど、本当は凄く痛くてね・・・」(爆)
「なんだか服に(血が?)滲んじゃって、見たいんだけど見れなくて・・・あれは本当に痛かったです。顔をぶつけなくて良かった」
確かにね、仙台で走るとき、小田さん変な走り方してたのよ。でも、これって小田さん特有の走り方?って私は思ってたもんで・・(^^;;
もしかしたら、前日の足が痛くて引きずって走ってたのかしら???
今回、走ってる小田さんを見ることができなかったので、小田さんの本当の走りがどうなのか未だ私には謎です。。。。。

松たか子さんが登場した際に観客が大喜びしてるのを見て・・・
「今日はお客さん、帰るときにプラス3000円ぐらい払っていってちょうだいね」(爆)

松たか子さんと歌うときに・・・
「僕はずっとこっち(南側)を向いてるので、あっち(北側)はずっとお尻向けてる状態だから、あなたは、あっちこっち向いて愛想ふりまきなさいね」(爆)
しかし、松さん、かなり緊張してそんな余裕なかったのか、ずっとこっち向いて唄ってました(爆)

「レストランなんかに入ってね、たまに自分の曲なんかかかったりすると、なんだかいたたまれない気持ちになるんだよ。逃げ出したくなる」(爆)
「たまたま有線なんかだと1曲で終わるからまだいいんだけど、店側が気を利かせてアルバムなんかかけたりするんだよね。するとずっと自分の曲が続くわけじゃない?店にいるほかの客が気づいて『あれ、本人じゃない?なんだかすかしてる~』みたいに思われてるみたいで・・・」(爆)
「ゴルフ場なんかでかかる時もあるんだよ。それも外に向かってるときにね。なんだか自分の曲に送り出されてるみたでね~」(爆)


といった具合でしょうか・・・。まだまだしゃべってたような気がするのですが、思い出せない(笑)

しかし、こうして書き出してみると・・・小田さんってよくよくしゃべる人だわね。。。(爆)


ご当地紀行
小田さんのコンサートでは中盤に「ご当地紀行」というコーナーがある。
スクリーンに映像が流れるわけだが・・・
小田さんがコンサートで行った地方の街や観光地などを自身でまわって、リポートするといった形なんですけどね。
今回流されたのは全国総集編でした。これがかなり面白い!!本当は詳しく書きたかったのですが、これは映像をみながらじゃないと伝わらない部分も多いので、詳しくはやめときます。。(爆)
とりあえず、余談1のリンク貼ってあるところ。下のほうに今回映し出された場所などと小田さんの感想も少し載っているので、そちらをご覧になってくだされ~ヾ(@^▽^@)ノわはは

とりあえず私が個人的に大うけしたのは・・・
・大濠公園のたいこ橋(カップルで渡ると別れというジンクスがある)での小田さんのお言葉
  「そんな便利な橋があるんですね~」
・三重県、営業中だけどさびれてる謎のだんご屋の前での小田さんのお言葉
  「営業中となっておりますが、中で死んでいるのではないでしょうか?」
・万博記念公園のピンクネッシーを懸命に漕ぐ姿(足できこきこと漕ぐタイプ)
・金沢の犀川沿いを自転車で、土手に座ってるカップルの後ろを通る際にベルを鳴らす
  カップルが不思議そうに二人で小田さんを目で追う・・・・
・宮城フルキャストスタジアムでの一言「世の中そんなに甘くない」と
 選手をさしおいてのサイン会状態
・麦藁帽子をかぶりアイスを食べながらスケッチする姿(普通のおっさんです)

ってことで~~、失礼しました~~~<(_ _)>

小田さんin武道館 余談1

9月22日、小田さんの武道館コンサート行って来ました。
まぁ、いつものごとく、その様子は日記に((φ(..。)カキカキ済みですので、こちらでは余談を。。
日記の方も是非合わせて読んでくださるととっても嬉しいです(⌒∇⌒)

さて、これまたいつものごとく、記憶が飛んでおりますので、思いついたこと、思い出したこと、書きたいことから書きますのでご了承を。。。

それでは、早速書いてまいりましょうかね。。(爆)

曲目&ネタバレ
まずは今回の曲目と少しのネタバレを以前のネタバレ掲示板から勝手にリンク貼らせてもらいます(笑)
とりあえず、ご参考にどうぞ~~。下のほうはネタバレコメントがありますので、是非そちらも合わせてどうぞ♪

     ここよっ

今回私は新幹線の時間の都合で2回目のアンコールまでしか見ることができず残念無念。最後のアンコールはかなり感動的だったそうです(涙)
実にアンコールだけで1時間。ライブが終わったのは10時10分ごろだったらしい。。。
最後まで見てたらやっぱりかえれなくなるところだったわ。。。(汗)


音のこと
今回のライブ、最高~最高~と日記やお友達のBBSで書きまくってた私だが、しょっぱなから一つだけ愚痴を言わせていただきたいと・・・・

前回7月にも小田さんは2日間武道館ライブを行っている。私は今回ライブに行くにあたり、ネタバレ的サイトを何度か読んで研究(?)していたのだが、武道館・・・・どうも音がかなり不評らしい。
音が割れて聴こえる、ボリュームがうるさすぎ!!とにかくせっかくの小田さんの美声がきれいに聴こえない等々・・・かなり音に対するクレームがあったようだ。

武道館はもともとライブをするために作られた建物ではないため、これは仕方なのないこと・・・。
だけど、そこでライブをやる以上はやはり音というのは重要な問題である。
そこで、22日は前日21日のライブの模様をさっそくネタバレで調べてみた。すると、音の面がかなり解消されていたという朗報!!(ノ´▽`)ノオオオオッ♪スタッフの方きっと頑張ったんだね♪
ってことで、多少安心して武道館へ向かいました。

確かに、唄いだしから小田さんの声も調子良かったし、音の面でも別に気になることはなく、気持ちよく楽しめていたのだが・・・・・だが・・・・
後半になってからだろうか私の大好きな「YES-YES-YES」のとき、異変は起きた!!

はっきりいってこの歌、最後の方は盛り上がる!!小田さんは叫ぶように唄う!!
「あなぁ~~~たをぉ~~連ぅれぇて~ゆ~~く~~よぉぉぉぉ~~
いつもならこの歌詞で私は魂を抜かれるのだが(OoO) 、今回・・・・・・・・( ̄  ̄;)

うっ・・・うるさい・・・・・ はっきり言って、耳をふさぎたくなるぐらいうるさいのである!!
ボリュームが大きすぎ!! 耳障り・・・・
確かに上からつってあるスピーカー・・・2台は私たちが座っていた方向を向いてぶらさがっている。だから2つのスピーカーの音がちょうど私たちのいる地点で合流してしまったのか・・・?
それとも全体的にうるさく聴こえてたのかは定かではないが・・・
7月にクレームがでてたのは、きっとこのことも含めてだったのだろう・・・・

せっかく大好きな曲だったのに、ちょっと不快感を覚えてしまって残念だった。。。(_ _。)
その後もバラード系の静かな曲は問題なく美しい小田さんの声が響いていたが、ちょっとノリの良い曲になるとかなりボリュームが大きくて耳障りだった。。。
もぉ~心臓にも音が響くって感じで、心不全起こすかと思ったわよっ!
スタッフさん・・・・さらなる改善をお願いします<(_ _)>

懐かしいもの2

「懐かしいもの 1」の続きです。。。(^^)

18-enpitsu_celica


これ、いつどこで誰にもらったのか覚えてないけど、なぜかセリカ(車)のえんぴつです。
1本しかありませんでした。。。。

19-enpitsu_koeda


そして、こちら、上の3本は「こえだちゃん」の」えんぴつ。
これも頂き物です。あの頃はお友達と鉛筆の交換ことかしたりして、けっこういろんな種類のえんぴつが今でも保存されてます。
そ~いえば、小さい頃、こえだちゃんの「木のおうち」が欲しかったなぁ~~(笑)

下は、特別なキャラではないけど、絵がちょっと昔風(笑)。ほんとレトロな感じよね~。
当時はこんな絵が多かったよね~~。って、ボケててよく見えないって??(爆)


他にたくさんのえんぴつありますが、全部紹介するのは大変なので、鉛筆はここまでにして・・・・

先日、鉛筆の下にあったオレンジ色の物体の正体を・・・明かしましょう(笑)

20-miffy_hako


ミッフィーちゃんのお道具箱(正式名称は知らん)です(笑)
昔、このてのケース、女の子ならみんな持ってたよね~ヾ(@^▽^@)ノわはは
さて、これには何が入っていたかというと・・・・・

21-letter_1


レターセットです。。(笑)
小学生~高校生まで、文通が趣味だった私が使っていた、レターセット。。。
中学、高校の時は、北海道から沖縄まで10人以上の子と文通してたのよね。
だから、レターセットを買うのは、私の楽しみでもあったのよ。
でも、全部綺麗に使い切ることってなくて、必ず便箋か封筒の方があまっちゃったりして・・・(笑)
その余ってたものをこのケースにしまっていたっていう感じですかね。。
懐かしいですね~。サンリオのキャラ・・・・
ジミー&パティ、マイメロ、タイニーキャンディ。。。
ミッフィーはサンリオではなかったですけど、当時から大好きなキャラでしたね。
とうじ、レターセットを買うと、1セットぐらいずつとっておいたんですよ。下の3枚の下にも重なるように何枚かご覧になれると思いますが、結構な種類がありました。
絵は・・・ほんとに当時を思い起こす古臭い絵・・(爆)

もうひとつ写真・・・・

22-letter_2


他にもキャラ物や、雑誌の付録なんかのも残っておりました。
スヌーピー&キキとララ・・・あとは少女向け雑誌の付録です。
いやぁーーーーこれは懐かしいわぁ~(爆) まだまだあったはずなんだけど、多分どこかにしまいこんであると思います。

いやいや、私の実家の倉庫には、他にもいっぱい懐かしいものが埋まってるんだろうなぁ~。
実家にいくと「早くもっていけ」と毎回言われるんだけど、倉庫の奥に押し込まれてるので出すのが面倒で・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

まぁ、少しずつ持ち出してこようかな・・・。
なにかプレミアつくようなお宝が埋まってるかも~~~(*≧m≦*)ぐふっ

って、ほとんどはただのがらくただと思うけど・・・(_△_;〃

でも、こうして時を経て見直してみるとほんと懐かしいね~( ̄  ̄) (_ _)うんうん

懐かしいもの1

先日、私の実家に遊びに行った子供がなにやらボロっちい箱を持ち帰ってきた。

13-enpitsuhako


これ、なにかというと・・っていうか、蓋に書いてありますが・・・えんぴつです。

とりあえず、箱を開けて見ましょう。。。

14-enpitsu1.jpg


結構集めていたんですね~(笑) っというか、集めていたというより、自然に集まったものです。ほとんど小学生の頃のものです。
私は別にえんぴつのコレクターではなかったです(^^;;
ちなみに、鉛筆の下にオレンジのもが見えると思いますが、これはまた別物です。
後日触れたいと思います(笑)

さて、えんぴつ・・・いろいろありました。

15-enpitsu_chiharu.jpg


↑は中学生の頃、父の実家に帰省した際に、松山千春の実家に寄り、そこで購入したものです(笑)当時、松山千春のファンで、彼の家は観光地と化しておりました。
友達にも千春ファンがいたため、千春の家の横の販売機でジュースを買ってお土産にした記憶があります(爆)

16-enpitsu_soroban


こちらは、小学3年生から通っていた珠算塾でいただいたものです。
プリントなどをやって100点をとると、ご褒美で1~2本配られていたのです。
このえんぴつ、まったくの無地なんですよ!文字は一切書いてありません。でも、色は結構種類がありまして、黄色、青、水色なんかもあったかな。かなり貰った経験ありますが、使ってしまったものもかなりあるので、今はこれだけしか残ってません。左側の長いえんぴつは何かのイベントのときにいただいたものかな。。。

17-enpitsu_kaori


こちら・・・、懐かしいと思う方多いかな? 今はあまり見かけないと思います。
ちょっと細めのえんぴつで香りがついていたんですよね~。
もったいなくて使えなかったので、未だ未使用のまま大事に保存されてました(爆)

あらっ? もっと写真をアップしようと思ったのに、画像は5枚までだそうです(o_□_)oドテッ

ってことで、残りは次回にでも・・・(爆)

お楽しみに~~~ヾ(@^▽^@)ノわはは

小田さんin仙台 余談3

= ゆっちさん情報


曲目&オンステージシート

ライブで気になること・・・というとやっぱり何の曲を歌ってくれるのか!?である。
これはゆっちさんが6月にライブに行った際に、ライブ日記なるものを書いてくれたので、曲目やライブの流れなどはなんとなく把握していた。

しかし、小田さんは只者ではなかった!!
その日、その時、その場所によって、曲が変わってたりするらしい。

ってことで、見つけました、曲目一覧が乗ってたサイト・・・
勝手にリンク貼っちゃいます(笑) ご参考にどうぞ~
ちなみに、下の方にはライブに行った方のコメントも載ってますので読んでみてください、結構私が書いてないネタも披露してくれてるので、笑えますよ(笑)

ここよっ

たっぷり30曲唄ってくださったらしい。すごい!!



さて、小田さんのコンサートにはオンステージシートなるものが設けられるらしい。
ステージ上に50名ほど。申し込みをして抽選で当たるとそこに座れるらしい。
のだが、この席、間近で小田さんを見られるというメリットがあるほか、たまに握手なんかもしてくれるという特典もあるらしい(笑)
かなり魅力的なシートなのだが、難点もある。
それは、ライブの間中、絶対に席を立てないのだ!! トイレに行きたくなっても膀胱が破裂しそうでも我慢しないといけないのだろうか!? これじゃ~、へんなプレッシャーがかかるのでは?
大変魅力的な席ではあるが、私は遠慮したい席でもある(笑)

さて、「Yes-No」を唄っていたとき、小田さんはこのオンステージシートの横の階段を上り、バックステージの方にも手を振るファンサービス(笑)。おまけに、ステージシートに座っている方とも握手したりして、、、、、(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ 羨ましいぃ~~~~
ところがである、こちら側のステージシートに来た時にちょうどサビの部分・・・
「君を抱いていいの~」に差し掛かった小田さん、ステージシートに座ってた方に向けてマイクを向けたのだ。つまり「歌え!!」ということである(爆)
向けられた男性の方、頑張って歌ってました

「君を抱いて~いいの~ 好きに~なってもいいのぉ~♪」

会場からは羨ましいと思ったのか、凄い度胸だ!!と思ったのか、微笑ましいと思ったのか・・・
それぞれの思いのこもったため息・・・いや笑い?? それとも・・・・なんだろ??
とにかく微妙なざわめきが起きた(爆)

その歌った方本人と思われる方のコメントも上のリンクした場所のNo.6に載ってますので、是非読んでみてくだされ~。思わず私は噴出してしまいました(笑) 相当、緊張したでしょうね~(爆)


帰りの新幹線の中で・・・・

さて、いつも日記やブログを読んでくださってる方はご存知かと思いますが、私は小田さんの前に、2度聖子ちゃんのライブに行き、そのたびに何かしかやらかしてきた。

今回はさすがにまりりんちゃんも一緒なので、普通の人になりきっていたのだが・・・・

帰りの新幹線・・・・結構混んでたのよね。私は運良く2シートのほうの窓際に座れたのだが、何人かで乗ってきた方は、まとまって座れず、ばらばらに座ることに・・・

そして、私の隣にも年のころは40代と思われる綺麗な女性が座った。
新幹線が走り出し、しばらくしてからふと見ると、隣の女性、小田さんのコンサートの座席表をもってるじゃん!!(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

思わず「(゚O゚;あっっ!!」と声を上げてしまった私。振り向く女性・・・・汗
しかし、コンサートで壊れてた私は、すぐに(⌒∇⌒)にっこりすると、
「小田さんのコンサートに行かれたんですね~~♪私もなんですよ~」
から、またまたすっかり話が弾んでしまった(爆)

彼女はお友達6人とコンサートにやってきたらしい。私とは反対側の、正面から見える席のほうだったようだ。羨ましい。。。。。
そのうち、「やっぱり小田さんのコンサートって年代層が幅広かったですよね~」
という話になった。
すると、彼女のお友達6人のうち、なんと一番最年長が73歳の方だったそうで・・・ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
それにはさすがに(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!
たしかに、会場には白髪頭のおじさんとか、かなりのおばさんとかもいたわよぉ~。
だけど・・・73歳・・・のお方もいらしてたのねぇーーーー!!!!
改めまして、小田さん、あなたは凄いです。。。。<(_ _)>

お隣の綺麗な彼女とはその後彼女が郡山で降りるまでお喋りしてました(笑)

まぁ、今回わたしがやらかしたのはこの程度です。。普通でしょ(笑)



さてさて、すっかり長くなってしまった「小田さんコンサート余談」。
最後に、一緒にコンサートを楽しんでくれたまりりんちゃん、どうもありがと~(⌒∇⌒)
帰りに、改札入る際、別れ際に、しっかり握手してさよならしてきました。
また、会える機会があったらいいなぁ~。
私が見えなくなるまで手を振ってくれていた姿、忘れないよ~(笑)

小田さんin仙台 余談2

= ゆっちさん情報です

「秋の気配」
 実は私は小田さんがソロになってからの歌はあまりよく知らない(^^;;。とりあえず、「oh! yeah!」はテープで持っていたが、最近オークションで落とした。あとは先日でた「そうかな」しか、ソロになってからのアルバムをもっていないのだ。なので、オフコース時代の歌の方がよく知っている・・・といえば知っている方である。
今回のライブでもかなりオフコース時代の歌を唄ってくれて.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪
特に今回、私の好きな歌ばかり歌ってくれていた。
「Yes-No」「愛をとめないで」「夏の終り」「さよなら」「言葉にできない」「眠れぬ夜」「YES-YES-YES」

しかし、一番嬉しかったのが「秋の気配」である。
これ、ゆっちさんが6月に行ったときには唄わなかったようなので、全然期待していなかったのだが・・・・
中盤から後半にかかった頃だろうか・・・
「わりとアンケートとかやると1位になったりする曲です」と言って・・・いきなり
「こ~んなことは今までなかった~ 僕があなたから離れてゆく~」と唄い始めたのだ!!
歌ってくれると思ってなかった私は思わず失神するんじゃないかと思うぐらい感激!!!
欲を言うと最初から歌って欲しかった・・・

この曲の歌いだしの部分
「あれがあなたの好きな場所 港が見下ろせる小高い公園

私はこの部分を聴くと毎回ふっと思い出す場所がある。まぁ、横浜に行ったことある方なら誰でも知っていると思われる、某公園だ。その、公園もちょっと高いところにあり、港が見下ろせるのだ。公園の名前もいかにもそのまんま・・・って感じの名前(笑)

小田さんは横浜出身ということだが、もしかしてこの公園のことを書いたのかもしれない。
別の公園のことかもしれないが・・・・

実はまだ若かりし頃、私はその公園が大好きで、そのころ付き合ってた彼とたまにデートついでに寄った公園である(*ノノ)キャ
なので、余計に思い入れがあるのかもしれないが・・・・・(* ̄∇ ̄*)
しかし、この曲ははっきり言って「別れ」の曲である。。。この歌詞を聴くたびにとても切ない気持ちになってくるのだが、とにかく大好きな曲なのだ。
この曲をナマで聴けただけでも、私からすると、このライブに行った価値があったというものだ。それぐらい感動・感激で、この曲で完全に私はぶっ壊れました(爆)

ちなみに「YES-YES-YES」もかなり大好きな曲です♪
唄ってる小田さん・・・・素敵だった~。ほんとに「連れて行って~~」って感じ(爆)


「『Yes-No』のときはタオルをぐるぐる回してね~」

と、ライブ数日前に掲示板に情報をくれたゆっちさん。
なんで「Yes-No」でタオルをぐるぐるするんだ???タオルぐるぐるするような曲でもないと思うんだけど・・・・と不思議に思いながらも、タオルをしっかり持っていきました(爆)
といっても、普通のタオルじゃ荷物になるので、小さめのハンドタオル(* ̄m ̄)プッ

アンコールのときになって、ようやくその場面がやってきた。
前奏のときにサックスのかたが花道を回りながらタオルをぐるぐる回してる~~才才-!!w(゚o゚*)w
これのことかぁ!!!!!
私もさっそくタオルをかばんから取り出した(爆)
しかし、仙台のかた、常連さんが少ないのだろうか?それともノリが悪い??(爆)
タオルぐるぐるしてる人は半分以下ほどではなかったかと・・・・汗
それでも私は回したともさぁ~。ハンドタオルをぐるぐると。。。。
しかぁ~し、どうもまわし方がヘタなのか、ぐるぐる回らないで、タオルは私の手に絡まるだけ・・・(_△_;〃 ドテッ!
何故だ???思考錯誤しながらタオルのまわし方を工夫してみたが、何度やっても手に絡まる・・・・(;´▽`A``
そのうち、前奏終わり、タオルぐるぐるも終わってしまった・・・・・(ヘ;_ _)ヘ ガクッ
私の手に残ったタオル・・・・どうしてくれよう・・・(涙)
仕方ないので、そのままアンコールの間中もってました(爆)


「秋の気配」追記・・・・

この公園の舞台・・・小田さんがどこを舞台にしたのかはっきりとしてなかったので、公園のお名前は↑では伏せてましたが、やはり横浜の「港の見える丘公園」らしいですね。
私も大好きだった公園です。。。

小田さんin仙台 余談1

最近、ちょっと落ち込みが激しく気持ちが荒れ狂ってたので、ブログの更新ができないでいたのよね(^^;; 
なので、久々の更新です(笑)

9月11日に小田和正さんのコンサートのいってきました。場所は仙台市体育館。
今回はネット友達のまりりんちゃんと行くことになりました。
日記にも書きましたので、そちらと合わせて読んでいただけるとうれしいです♪
こちらでは主にこぼれ話的・・・余談を書きたいとおもってま~す

はっきり言って日記にも書きましたが、興奮状態で記憶がかなり飛んでいるので、思い出したことや、書きたいことから書いていくので、話があちこち飛ぶと思いますので、ご了承を・・・(爆)
それと、今回小田さんライブに行くにあたり、ネット友達のゆっちさんから、かなり事前に小田さんのライブの情報をいただいておりましたので、ゆっちさんにまずは<(_ _*)> アリガトォ の感謝と共に、ゆっちさん情報にはマークをつけてみたいと思います(笑)


まず、会場である体育館に到着し、座席のシートの背に貼り付けてあった座席表が入っていた透明のビニール袋。
これはコンサートに行くと大概座席などにはおいてある。中身はほとんどがこれからその会場でやるコンサートの案内や、ファンクラブなどの申し込み用紙、コンサートグッズの販売のお知らせ等々である。
今回ここに入っていたもので、普段ほとんど目にしない珍しいものが入っていた。

12_oda


なにかというと、主催者側のご挨拶&満員御礼の赤札(シール)、それとこれが驚いたのが大入袋!!! 袋の中には500円玉が入っていた!
これ、他の会場でも配られたのかしら??と思っていたらそうでもなかったらしい。

今回の小田さんのライブはS席、A席と分けられ、わりと見やすい席はS席で8000円、見難い席はA席で7500円となっており、他の会場ではこの料金方法がとられていた。。。。

のだが、仙台会場は全席指定一律料金で8000円だった。私は、仙台は会場が狭いから、きっとどの席でもよく見えるので料金を全部一律にしたと思っていたのだが・・・・

実は私の席はいわゆるバックステージの席。。。他の会場ではA席にあたると思われる席であったのだ。それを知ったのがライブの1週間ほど前。ステージの後ろの席と知った時、かなりショックを受けたものだった。なんせ、今回はあの長い花道が目的でライブに行く気になったんだもの。。。それが、ステージ裏の席だったら、花道なんて関係ないじゃん!!!_| ̄|○

主催者がわのご挨拶には「観客席とステージの垣根をできるだけ取り払い、ステージを媒介として観客同士の一体感が作り出せないかという演出上のねらいがあります。当社はその一体感に対して、料金の差額は付けがたく均一料金に設定しました」(一部抜粋)となっており、最後に、「満席になった感謝の印として、大入袋を皆様にお配りいたしましたのでお受け取りください」となっていた。

<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!! 嬉しいじゃないのぉ~~~。
普通、ここまでやってくれる主催者ってなかなかないよね~~??
一度は定額でとった料金、それを換金してもらった気分よぉ~~~。
仙台会場!!ますます気に入った!(爆)

ちなみに、バックステージ席ではあったけど、日記にも書いたとおり、そんなこと気にならないぐらい小田さんのことはよくみえたし、小田さんもとてもサービス精神が旺盛な方なので、あちこち走り回り、もちろんステージ裏のほうも何度か向いてくれて手を振ってくれてました。

ちなみに、私は小田さんが_・)チラっとでもこちら側を見ると、すかさず手を振ってアピールした!!(爆)
なんとか気づいてもらって手を振り替えしてもらわなきゃっ!!!!

しかし、今回、ちょっと席が後ろの方であったため、なかなか小田さんの視界にバッチリとおさまることはなかったようである・・・・・・・・・(ヘ;_ _)ヘ ガクッ
でも、視界の隅あたりには多分入ってくれてたのでは・・・・と期待しておこう・・・( ̄  ̄) (_ _)うんうん

亡霊

私たちの席がバックステージ側の背後霊席であることは書きましたが、ここの席に座っていざライブが始まり思ったこと・・・・。
それは、アリーナ席に座っている方たちに、照明や色付きライトがあたったりするんですけどね・・・
これがまた、赤い色ならまだいいんですけど、緑や青のライトがアリーナ席のお客様の顔に当たってると、とても怖い・・・
その方たちこそ、亡霊に見えてしまうという・・・・汗
なぜかそんなことを気にしながら、ステージを見ていた私でした。。。(笑)

許容範囲

人間が悩みやストレスに耐えられる範囲ってどのくらいなんだろうね~。
まぁ、その人の性格なんかにもよるとはおもうけどさ・・・。

最近またまたぐちゃぐちゃと悩んでいる私・・・。
喉の下のあたりになにかつかえているような・・・・
胸の辺りに鉛を抱えてるような・・・・
とにかく重たい・・・・苦しい・・・・・・誰か助けて~~~
って感じ。

人間ってさ、その人が耐えられる以上の苦しみや悲しみを味わった時・・・
記憶を封じ込めたり、言葉をなくしてしまったり・・・・
色々な症状がでてくるものなんだよね。

私はまだ軽い方なんだろうけど、やっぱり症状がでてることは確かで
だから薬は手放せない状況に陥ってるし。。。

でもさ、いくら薬のみ続けても、悩みやストレスの根本が解決されない限り
症状は改善されないと思うのよね。。
今の状況で、その辛さを改善する策が見つからない私・・・・

いっそのこと今までの過去の記憶が全部なくなってしまえば
どんなにラクだろう・・・・って思うこともたまにある。

私はこんなに苦しいのに、なんで正気でいられるんだろう・・・?
案外私ってしぶといヤツなのか?(笑)

でも、でも、私の中にどんどんたまりつつあるストレス・・・
これが度をこえた場合、私ってどうなるのかなぁ~。
耐えられなくなったら、私はどうなるんだろう・・・
一つだけ自分でぼんやり考えてることがあるけど、怖くて書けない。

ただ、ただ、私って・・・自分で思っているより案外神経が図太い方なのかもね(笑)
じゃなかったら、とっくにストレスに負けてる。。。
一応正気でいられて、薬に頼ってはいるけど普通に生活できてるってことは・・・・
私の悩みってたいしたことないのかな・・・
こんなに苦しいのにねぇ・・・・

きっと、ネットのお友達に助けてもらってる部分もたくさんあるんだろうなぁ。。。
ネットをしている時・・・私は現実逃避してるのかもしれない・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。